転職で年収が上がりすぎることってある!?年収を大幅にアップさせるポイント

# 転職 # 年収

  • 年収がなかなかアップしない
  • 転職で年収アップを実現できるのか分からない
  • 転職で年収をアップさせるコツを知りたい
  • このようなことで悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

    同じ会社で数年働いていても年収アップを期待できない人や、転職して年収を上げたいと考えている人は少なくないはずです。

    転職することで、前職よりも年収や待遇が下がるという声もありますが、転職活動を上手く行うことで、給料が上がりすぎるということもありえます。

    本記事では、転職で年収が上がる人の割合を見た上で、転職で年収を上げるためのコツを紹介します。

    あわせて、転職における注意点も紹介します。

      この記事のまとめ

    • 給料のアップを狙うのであれば、給料ベースの高い企業やベンチャー企業がおすすめ
    • 自己分析をしっかり行い、自分のスキルや経験に合った転職先を選ぼう
    • 給料だけでなく、社風や企業理念を確認しないとやりがいのない仕事を選んでしまう可能性があるため注意

    チェックリストバナー

    転職で年収が上がる人の割合とは?

    転職者の賃金状況データ

    出典:厚生労働省「令和2年雇用動向調査結果の概況」

    転職で年収が上がる人の割合を厚生労働省が公表した「令和2年雇用動向調査結果の概況」から見ていきましょう。

    転職で年収が上がった人が最も多い年代は20~24歳で47.6%。また、25~29歳は37.2%、30~34歳は41.1%です。

    一方、35歳以上になると、転職で年収を上げるのが少々難しくなる傾向にあります。40~49歳は転職で年収を上げた人が30%代後半と比較的多いものの、ミドル層以上の転職は全体的に容易ではないようです。

    また、転職によって1割以上の年収アップを実現した人はさらに少なく、20~34歳でも20%後半~30%程度です。

    転職は若い方が有利ともいわれていますが、20~30代前半の若年層であっても転職による年収アップは容易ではないと窺えます。

    転職で年収を大幅にアップするためには年収ベースが高い業界への転職がおすすめ

    前述のとおり、転職しやすいといわれる20代や30代前半でも、転職における年収の大幅アップは難しいようです。

    このような現状において年収を大幅にアップさせるための方法の一つとして、 年収ベースが高い業界への転職がおすすめです。

    以下はdodaが公表している各業界の平均年収です。

    • 金融 455万円
    • メーカー 455万円
    • 総合商社 434万円
    • IT・通信 433万円
    • 建設・プラントン・不動産 416万円
    • インターネット・広告/メディア 405万円
    • サービス 367万円
    • 小売・外食 351万円
    引用:doda「平均年収ランキング(96業種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】」

    業界によって給与水準が異なる傾向にあります。給与水準が最も高いといわれる業界は金融やメーカーです。次いで、総合商社やIT・通信の給与水準が高いです。

    一方、サービス業や小売・外食の給与は低い傾向に。

    例えば、小売・外食から食品メーカーに転職すれば年収100万円アップも夢ではありません。

    また、サービスからIT・通信に転職すれば、60万円程度の年収アップも期待できるでしょう。

    年収を上げたい人は年収ベースが高い業界への転職がおすすめです。

    ただし、未経験から異業種への転職は容易ではありません。

    転職の成功率を上げるためには、前述した小売・外食から食品メーカーへの転職の例のように、 前職と関連性がある企業への転職がおすすめです。

    大手企業からベンチャー企業への転職でも年収が上がることも

    大手企業は安定性や福利厚生が魅力的です。

    しかし、年功序列の企業が多く、高いパフォーマンスを発揮したり、自社に大きく貢献したりしても給与が横ばいであることも珍しくありません。

    自身の能力を発揮できる環境で主体的に働きたい人や、経験を活かしてチャレンジしたいと考えている人にはベンチャー企業への転職もおすすめです。

    ベンチャー企業の中には大企業出身者を歓迎する企業も多いですし、大企業からベンチャー企業に転職した人も少なくありません。

    大企業からベンチャー企業への転職では活躍が期待され高い給与ベースを提示してもらえたり、重要なポジションに就けたりすることも多いです。
    好待遇で採用されることも多く、前職よりも年収が上がることも珍しくないのです。

    また、ベンチャー企業は成果主義の企業が多く、年齢や勤続年数に関係なく、個人の能力が昇進の大きなポイントになります。 入社時の給与ベースは高くなくても、成果を出すことで年収アップや、ボーナスでの還元なども期待できます。

    ベンチャー企業の魅力や仕事内容などを知るには、動画がおすすめです。 以下のような動画があれば積極的に確認しましょう。



    転職で年収をアップできる人の特徴

    転職で年収をアップすることは容易とは言い難いですが、厳しい状況においても年収をアップしている人はいます。

    転職で年収をアップできる人は下記の3つの特徴があります。

    • ・社会的需要の高いスキルを持っている
    • ・生産性が高い・利益を創出できる
    • ・これまでの経験を活かした(即戦力として活躍できる)転職をしている

    それぞれ詳しく解説します。

    1.社会的需要の高いスキルを持っている

    社会的需要の高いスキルを持っている人は転職で成功しやすい傾向にあります。 社会的需要が高いスキルとして、例えば下記の3つがあります。

    • ・IT
    • ・経理
    • ・英語

    IT社会といわれる昨今、日本におけるIT人材の不足は大きな問題です。 多くの企業が優秀なプログラマーやエンジニアを求めています。

    需要に対し、ITのスキルを有する人材は少なく、ITに精通した人材は人気です。

    IT業界の平均年収は433万円と記載しましたが、その中でもSEに限定すると更に高くなり、自己投資のためにプロのコーチが指導してくれる有料のプログラミングスクールを受講してからITは業界へ転職する方も珍しくありません。

    転職はあくまでも手段です。

    しっかりスキルが身につけば、投資分を回収するのも時間の問題です。

    スキルは一つのみならず複数持っていると、転職市場で有利になるはずです。

    例えば、IT×英語や経理×英語といった掛け合わせたスキルを有する人は、給与ベースが高いポジションに就きやすいでしょう。

    2.生産性が高い・利益を創出できる

    日本には年功序列の会社が多いですが、評価や賞与などは個人の成果への対価として、与えられることも多いです。

    特に、営業など成果を可視化しやすい職種は、成果が給与に直接反映することも多いです。

    そのため、営業職は入社年度が同じ人の中でも、給与の開きは比較的広いといわれています。

    営業職で転職をお考えの場合は、 面接や面談にて【単価×社あたり販売個数×担当顧客数×リードタイム ー コスト】の観点を確認するとよいです。

    これによって、営業の生産性や、何に重点が置かれた営業スタイルなのかが見えてきます。

    例えば、担当顧客数が多い場合は「足で稼ぐ」必要がある。逆に少ない場合は、1顧客のクロージングが非常に重要など。

    ここが自身の強みとマッチすると生産性(パフォーマンス)の高い営業になることができます。

    また、IT企業の場合、開発または扱っているシステムなどがユーザーの生産性向上にどの程度つながるのか考えてみるとよいでしょう。

    たとえば、同じシステムを開発していても、1社のクライアント向けの開発の場合、ユーザーはその企業の従業員に限られていますが、一方でパッケージのサービスを開発している場合、ユーザー顧客は無限に広がっています。

    また、そのシステムが、生産部門(営業や製造部門など)向けのシステムか、非生産部門(管理部門、バックオフィス)向けのシステムかによっても変わってきます。

    生産性が高く、利益を創出できる人材は、どのような環境でも高い給与を比較的得やすいです。

    3.これまでの経験を活かした(即戦力として活躍できる)転職をしている

    基本的な考えは先程の生産性と同じですが、これまでの経験や実績に関係する業界や企業を選択することで、自身のパフォーマンスを最大化できます。

    加えて、 転職では入社してすぐ即戦力としての働くことが求められるため、知識のない業界や職種にゼロベースで転職するのは難しいです。

    逆にいえば、一定の育成コストがかかる新卒採用や未経験採用に比べて、経験者は育成コストを抑えられるどころか、自社に新たな知見をもたらしてくれる可能性もあります。

    すでにその時点で未経験業界よりも遥かに生産性の高い社員として迎えられます。

    譲れない条件だけにこだわりすぎることなく、しっかりと自己分析と企業研究をし、後悔のない選択をするようにしましょう。

    その結果、

    前職よりも好待遇で採用されやすくなるでしょう。

    また、経験の中でも、「マネジメント経験」「メンバー育成経験」は、近い未来の管理職候補として評価しやすく、グレードが比較的高くなりやすいです。

    そのため、もし現職で新人育成やリーダーなどへのステップが見込まれている方は、現職でその経験をしっかり積むことも、転職時の評価につながることを覚えておいてください。

    自身に合った転職先を見つけ、即戦力として活躍できる職場に出会うためには、 自己分析を行い、自分の何が評価されるのか、スキル・経験の見直しを行うことが不可欠です。

    自己分析の方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、気になる方はご覧ください。

    合わせて読みたい:転職に必要な自己分析のやり方を徹底解説|3つの方法を紹介します



    4.面接で活躍イメージの沸くアピールができている

    中途採用の面接では、 面接官は入社後に自社で活かせるスキルや経験、能力を持っているか、自社組織やお客様との相性はどうか(コミュニケーションスタイルや文化がマッチするか)などの観点を確認しています。

    面接官にとって、これらの観点に強く合致したアピールができた方は、面接評価も高く、当然その評価が内定時の給与提示にも影響します。

    一方で、過去の経験を一生懸命アピールしても、それが選考企業においては、活かせる経験でないまたは「活かせるが面接官がイメージできない」場合は、評価は上がらず、給与提示も希望の金額に届かなかったり、現年収維持に留まったりします。

    面接時に、自身の経験が転職先で活きるように伝わる方法は下記の通りです。

      ●前職の●●の状況において、●●を意図し、●●の取り組みを行った結果、●●という成果が得られた。
      貴社でも、●●の環境や状況が類似しているため、●●の経験は活きると考えている。

    のような形です。

    面接官は具体的な前職での活躍シーンを、自社に当てはめて「再現」できるかを具体的にイメージすることができます。

    最終面接でのポイントは、こちらの記事で職種別に詳しく解説しています。気になる方はご覧ください。

    合わせて読みたい:最終面接で押さえたいポイントとは?業種や職種別の傾向と対策を紹介



    転職活動を行う際の注意点

    転職活動をすることで、給与をアップできる、現職よりも好待遇で働けるなどの期待ができるでしょう。
    しかし、転職すれば現職よりも給与が上がり、待遇がよくなるという保証はありません。

    現状として、厚生労働省が公表した前述のデータにあるとおり、転職で給与を上げることができた人はいずれの年代においても半数以下です。

    転職したことや、現職を辞めたことを後悔しないためには、転職活動を慎重に進めていかなければなりません。

    転職活動を行う際の注意点は下記の2つです。

    • ・「できる」を考慮せず、「やりたい」が先走っている
    • ・自分にとって本当に重要なものが何か考える

    それぞれ詳しく解説します。

    「できる」を考慮せず、「やりたい」「叶えたい」が先走っている

    給与だけが大事なわけではありませんが、少なくとも給与はあなたの仕事への対価として支払われます。

    憧れの仕事や、知人が楽しいと言っている仕事、高収入な仕事、フルリモートでできる仕事など、「やってみたい」「入りたい」「羨ましい」などの感情から転職先を選択すると、そのほしかった条件がかなっても、そもそも「活躍ができない」という、評価されない苦しい環境が待っていることもあります。

    また、年収の高い企業では高いスキルや一定の実績が求められることがほとんどです。

    そのため、十分なアピール要素や資格などがない状態で転職活動をしても、よい結果を得るのは難しいでしょう。

    転職活動を行う際は、 自身の経験や実績を振り返り、自分に合った企業に応募することが大切です。

    また、よりよい待遇を目指したい人は自分に不足している要素を客観的に捉え、足りないものがあれば補うよう努力する必要があります。

    この場合「Will-Can-Must」で考えるといいでしょう。Will-Can-Mustに関しては以下の記事で詳しく解説しています。興味のある方はご覧ください。

    合わせて読みたい:転職の自己分析で有効な「Will-Can-Must」を徹底解説



    自分にとって本当に重要なものが何か考える

    転職先を決めるにあたって給与水準や待遇は重要なポイントです。

    しかし、給与や待遇のみに着目して転職先を決めた場合、社風が合わない、仕事内容がおもしろくないなどといった理由で、仕事に行くこと自体が苦痛になるかもしれません。

    高い給与を得るために我慢し続けるのも一つの選択肢ですが、うつ病などになることも懸念されます。

    ミスマッチの企業に入社すると退職のリスクが上がるため、長い目で見ると稼げるお金は少なくなります。

    また、生活スタイルによっては給与よりも時間を重視したいケースもあります。

    例えば、子育てと両立して働くことを前提にしている人にとっては、給与よりも時間の方が大切です。

    保育園へのお迎えが18時までの場合、魅力的な給与であっても18時までに迎えに行けない職場では働けません。

    残業が基本的になく、17時までの勤務で生活ができる給与水準であれば、仕事も長続きしやすいでしょう。

    転職では給与や待遇のみならず、自身や家族にとって重要なものが何かをしっかり考えることが大切です。

    転職で年収を上げたいあなたへ

    転職で年収を上げたい人には、給与ベースが高い業界やベンチャー企業など成果が給与に直結する環境がおすすめです。

    しかし、転職で給与を上げるためには、客観的に評価できるスキルや経験があることが前提になります。

    また、転職において給与水準の高さは重要な着目点であるものの、社風や企業の理念なども重要です。

    社風や他の社員との相性が悪いと、早期退職につながることもあるので注意してください。

    ある程度の時間がかかるかもしれませんが、自分に合った職場で長く働くことも昇進や昇給の秘訣です。

    そこで、採用動画プラットフォーム「moovy」がおすすめです。

    moovyはテキストだけの求人情報だけでなく、転職した人のインタビュー動画や会社の雰囲気が分かる動画など、テキストでは知り得ない情報をキャッチできます。

    しかも30秒の短尺動画だから、転職活動で時間がない中でも隙間時間で手軽に見ることができます。

    まずは1本動画を見てみてください。転職活動をする上で参考になるはずです。

    原田 隆司

    この記事の監修者

    原田 隆司
    立命館大学MBA修了。キャリアアドバイザーとして、営業職・管理部門を中心に累計800名ほどのキャリア支援を経験。その後、リクルーティングアドバイザーとして、採用競争の激しい中、累計約200名のITエンジニアの採用を実現。IT企業の事業フェーズや組織にあった活躍人材の定義に強み。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表取締役 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
    • ・採用動画の企画・制作