コピペで使える!未経験ITエンジニアの自己PR例文!

# エンジニア # 転職

  • 未経験でITエンジニアとして転職したいけど、自己PRが思い浮かばない
  • ITエンジニアに求められる要素を知りたい
  • このようなお悩みはないでしょうか?

    さまざまな企業でDXが叫ばれる現代では、企業とITは切っても切れない関係となっており、ITエンジニアは常に不足しています。そのような中、ITエンジニアに転職をし、専門的なスキル・知識を身につけて市場価値を高めたい方も多いのではないでしょうか。

    そこで、転職エージェントとして多くの転職希望者の自己PR文を添削してきた筆者が、コピペですぐに使える例文を用いて解説します。

    当記事を読むことで、ITエンジニアへの自己PRが書けないという悩みが少しでも解決されればと思います。ぜひ最後まで読んでいってください。

    自己PRを書く前に、エンジニアという職種を理解しよう

    自己PRを書くためには、ITエンジニアという職種について理解を深めた上で、自身の経験や強みを活かせそうな点はどこか、明確にすることが重要です。

    まずはITエンジニアとは何か、仕事内容はどんなものかを解説していきます。

    1.ITエンジニアとは?

    ITエンジニアは、情報技術に関する専門的な知識・スキルを持ち、情報システムの設計や開発、運用を行います。

    ここ数年で、AIやビッグデータ、IoT、ブロックチェーン、5Gといった数多くの先端技術が生まれ、このような技術を駆使する人材として、より注目されています。

    エンジニアというと、理系大学出身であったりプログラミング経験がないとなることが難しいように思われますが、近年は文系大学出身者やプログラミング未経験でも目指すことが十分に可能な職業です。

    役割によってはコミュニケーション能力や折衝能力が求められるため、文系出身者が向いている場合もありますし、慢性的な人手不足であるため、未経験者であっても積極的に採用している企業が多くあります。

    それでは実際にどのような仕事内容なのか、次の章で解説していきます。

    未経験からエンジニア転職する秘訣を知りたい方は、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。→ 未経験からエンジニア転職する為に…現役エンジニアが経験談を語る!

    あわせて読みたい:未経験からエンジニア転職する為に…現役エンジニアが経験談を語る!



    また、動画で見るのもエンジニアを知る上で、いい方法です。
    気になる方はこちらの動画もぜひご覧ください。



    2.ITエンジニアの仕事内容

    ITエンジニアは専門領域や業務内容によって、さまざまな呼び名があり、仕事内容も大きく変わります。ここでは代表的なものを4つご紹介していきます。

    1.システムエンジニア

    ITエンジニアというと、一番にシステムエンジニアをイメージする方が多いのではないでしょうか。システムエンジニアは情報システムの要件定義から設計、プログラミング、テスト、リリースまで一貫して携わり、全体の指揮をとる役割です。

    「要件定義」でどのようなシステムを作りたいのかを明確にし、どのように開発すればよいのか「設計」を行い、設計書を元にプログラマーに「プログラミング」を依頼します。

    その後、出来上がったシステムの「テスト」を指揮し、正しく動作をするか確認したのち、「リリース」を行います。

    2.プログラマー

    ITエンジニアの登竜門ともいわれるのがプログラマーです。未経験のITエンジニアはプログラマーからキャリアをスタートすることがほとんどです。

    プログラマーはシステムエンジニアが作成した設計書を元に、プログラミング言語を用いてさまざまなアプリケーションを開発していきます。

    また、システムエンジニアの設計書通りに作成しても、動作がうまくいかないこともあります。そういったシステムのバグを発見し、修正していくのもプログラマーの重要な役割です。

    Webサイトやスマホアプリを開発する際は、フロントエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアに分かれて開発していきます。

    3.サーバーエンジニア

    サーバーエンジニアはシステムを利用するためのサーバーコンピューターの設計から構築、保守を担当し、様々なシステムを陰ながら支える役割です。

    システムを運用する上で必要なサーバー台数やスペックを、システムの利用人数やネットワーク速度、コストなどの様々な要素に基づいて設計し、構築します。

    保守業務ではサーバーがきちんと稼働しているか監視し、セキュリティチェックや何かあった時のためのバックアップ作業なども行います。

    4.ネットワークエンジニア

    ネットワークエンジニアとは、ネットワークの設計から構築、保守を行う役割です。ネットワークの構成やルーターなどのネットワーク機器の種類や数、使用する回線などを最適になるよう設計し、ネットワーク機器の設置を行ってネットワークを構築します。

    保守業務では構築したネットワーク環境の設定変更や構成変更を行ったり、ネットワークにトラブルが発生した場合にトラブル要因を断定し、機器の交換を行うなど復旧作業を行います。

    こちらに記載した以外にも、プロジェクトマネージャー、データベースエンジニア、セキュリティエンジニア、QAエンジニアなど、専門分野や役割によってさまざまな職種があります。

    エンジニアの仕事内容についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事でも解説しています。ぜひ併せてお読みいただき、さらに理解を深めてくださいね。

    あわせて読みたい:【大公開】ITベンチャーのエンジニアに転職する為の3つのポイント



    ITエンジニアの自己PRを書く際のポイント

    つづいてITエンジニアの自己PRを書く際のポイントをお伝えします。 以下、4つのステップで作成を進めるとスムーズです。

    • 1.自身のキャリア・強みを棚卸する
    • 2.ITエンジニアを志す理由やキャリアビジョンを明確にする
    • 3.企業の求める人物像を明確にする
    • 4.自己PR文を作成する

    各項目を詳しく解説していきます。

    1.自身のキャリア・強みを棚卸する

    まずは自身のキャリア・強みの棚卸です。

    自己PRに書けるポイントを用意するため、これまで行ってきた業務を全て洗い出してみましょう。

    仕事内容と実績を時系列で書き出し、こだわった点や工夫、成果を書いていきます。実績については「具体的な数値」で示すと、より応募先に伝わりやすくなります。

    洗い出しが終わったら、それぞれの仕事で共通してこだわっていた点や、やりがいを感じていた点、周囲から評価されていた点をあげていき、自身の強みを明確にしていきましょう。

    ITエンジニアで求められるスキル・マインドは、以下の5点です。

    • 1.技術の進歩が早いため常に最新のトレンドを追う「情報収集力」
    • 2.新しい技術を学び続ける「学習意欲」
    • 3.クライアントやチームメンバーと円滑に業務を遂行するための「コミュニケーション能力」
    • 4.システムを最適な仕様に導くための「論理的思考能力」
    • 5.繰り返すバグや複雑な要件にもめげずに仕事を完遂する「粘り強さ・忍耐力」

    これらの点を意識して、強みをあげていくとよいでしょう。

    2.ITエンジニアを志す理由やキャリアビジョンを明確にする

    次に、ITエンジニアを志望する理由とキャリアビジョンを明確にします。
    まずITエンジニアを志望する理由をいくつかあげていきましょう。

    • ・現職ではこれといったスキルが身につかず、手に職をつけたいと感じた
    • ・IT関連の仕事をしている友人に話を聞いて、魅力的だと思った
    • ・システムによって現職の業務が大きく改善され、自分も世の中に貢献したいと思った

    など、なんでも構いません。未経験の場合はやる気や成長意欲も重要なPRポイントとなるため、思いつく限りあげてみてください。

    志望理由をあげたら、中長期的にどんなITエンジニアとして活躍したいのか、キャリアビジョンを明確にしていきましょう。

    3.企業を選んだ理由を明確にする

    次に応募先企業を選んだ理由を明確にします。

    まず、求人情報から、企業の求める人物像を明確にしていきましょう。

    採用ページや求人票に記載のある企業のビジョンやカルチャー、フィットする人物像、どんな経験が積めるのかを細かく確認します。

    すでに活躍している社員の仕事のやりがいや入社理由なども、求める人物像を理解するためには非常に役立ちます。

    moovyでは30秒の動画で実際にITエンジニアとして働く方々の生のインタビューを掲載しています。ぜひ動画を見て、参考にしてください。



    企業が求める人物像が明確になったら、
    「①で洗い出した自分の強み」や「②であげた自分のITエンジニアを目指す動機・キャリアビジョン」とあてはまる部分を更に洗い出していき、

    その企業を選んだ理由を言葉にしていきます。

    4.自己PR文を作成する

    実際に自己PR文を書いていきましょう。以下の流れでポイントを押さえて書いていくとよいでしょう。

    • 1.自身の強みやマインド、ITエンジニアを志す理由
    • 2.強みやマインドを裏付ける具体的な行動や実績
    • 3.なぜ応募先企業でITエンジニアを志望するのか
    • 4.応募先企業でどのように活躍していきたいか

    この4つの点を押さえると、採用担当者にとって説得力のある自己PR文となります。それでは次の章で、例文を見ていきましょう。

    コピペ流用可!ITエンジニアの自己PR例文

    つづいて、コピペですぐに使えるカスタマーサクセスの自己PR例文を3つご紹介していきます。

    ここでは、大手広告代理店の営業から、カスタマーサクセスに転職をするという想定でご紹介していきます。自分なりのアレンジを加えて、自己PR文を作ってみてください。

    1.コミュニケーション能力を強みとした例文

    一つ目はコミュニケーション能力を強みとして、未経験からITエンジニアを目指す例文です。

    (1.自身の強みや仕事において大事にしていること)

    私の強みはコミュニケーション能力です。

    (2.強みを裏付ける具体的な行動や実績)

    現職のWeb広告代理店の営業では、クライアントに寄り添ったわかりやすい提案に定評があります。

    まずクライアントと密にコミュニケーションをとり、広告運用に関するニーズや現在抱えている課題、予算感やスケジュール感などを丁寧に聞き出します。

    その後、どのようにニーズに沿って課題を解決できるかを熟考し、提案内容を組み立てています。客観的なデータや図表を用いながら、クライアントに合わせたわかりやすい言葉で伝えることを心がけています。

    この経験はエンジニアとしても、専門知識を取得したのち、求められているシステムの要件定義や仕様確認などに活かせるものと自負しております。

    (3.なぜ応募先企業でエンジニアを志すのか)

    貴社のエンジニア職を志望した理由は、大手企業の営業職では担当業務の幅が狭くスキルがつかないことに不安を感じていたところ、営業から未経験で入社しエンジニアとして活躍している社員の方がいらっしゃるのを目にしたことがきっかけです。

    貴社のシステムエンジニアでは顧客折衝が多く営業としての経験も活かせ、未経験でもやる気と学ぶ意欲があれば、エンジニアとしていろいろな案件にチャレンジできることに魅力に感じました。

    (4.応募先企業でどのように活躍していきたいか)

    今後は多くの知識を身につけ貪欲にスキルを吸収し、一日も早く一人前となり、顧客の声をよく聞いてプロダクトの改善に活かせるエンジニアとして、貴社で活躍していきたいです。

    2.IT技術への興味関心の高さをPRする例文

    二つ目はIT技術への興味関心の高さを活かし、エンジニアを目指す例文です。

    (1.自身の強みやマインド)

    私は最新技術やトレンドに興味を持ち、いち早く情報収集することが得意です。

    (2.強みやマインドを裏付ける具体的な行動や実績)

    現職のWeb広告代理店の営業では、日々目まぐるしく変わるデジタルマーケティングの最新動向を常にキャッチし、クライアントへ情報提供を行ったり、提案に活かすようにしてきました。

    そのため、クライアントからは「○○さんはいつも最新のマーケティング手法やトレンド情報を教えてもらえて助かっている」と言っていただけることも多く、お客様向けに勉強会を開くこともありました。

    (3.なぜ応募先企業でエンジニアを志すのか)

    貴社のシステムエンジニアを志望した理由は、こうしてトレンドを追ううちに最新技術を形にしていくエンジニア職に興味をもったことがきっかけです。

    貴社であれば、未経験でも熱意があれば応募可能であったことと、これまで経験してきたデジタルマーケティング業界の顧客課題やトレンドについては熟知しているため、プロダクトへのフィードバックに活かせるのではないかと考えたためです。

    (4.応募先企業でどのように活躍していきたいか)

    今後は多くの知識を身につけ貪欲にスキルを吸収し、まずは一日も早くエンジニアとして一人前となることを目指します。

    そして、ゆくゆくは貴社のプロダクトをデジタルマーケティングのさまざまな課題を解決に導く業界一のプロダクトへ進化させるシステムエンジニアとして、貴社で活躍していきたいです。

    3.粘り強さ・忍耐力を強みとする例文

    三つ目は忍耐力を強みとしてエンジニア職を目指す例文です。

    エンジニアはエラーと戦う日々です。原因不明のエラーや専門外の技術が必要になる場面が出てくるかもしれません。その時に重要な能力が、「粘り強さ・忍耐力」です。

    エラーと粘り強く向き合い、試行錯誤を重ねる事で、サービスも自分自身も成長していきます。企業への貢献も高いものになるでしょう。

    エンジニアスキルは歓迎スキルとして、ポテンシャル採用を行っている企業も増えてきておりますので、しっかりアピールしましょう。

    (1.自身の強みや仕事において大事にしていること)

    私は粘り強さ・忍耐力が強みです。

    (2.強みやマインドを裏付ける具体的な行動や実績)

    現職のWeb広告代理店の営業では、困難な状況でも粘り強くお客様に向き合い、対応することを心がけています。

    最近では、契約更新の時期に、お客様から効果が出ていないとのクレームが入ってしまい、継続取引が危ぶまれる事態がありました。

    しかしお叱りを受ける中、お客様の本音や真意を引き出すために粘り強く調査やヒアリングを行ました。

    そして提案内容を大きく見直すことで、結果として前年度よりも大きなご契約をいただくことが出来ました。

    (3.なぜ応募先企業でエンジニアを志すのか)

    現職のお客様が貴社のマーケティングツールを利用されており、そのお客様が絶賛されていました。

    貴社のツールはシステムが苦手な方でも直感的に使えることを追及されており、私もこのようなプロダクトに携わりたいと考えました。

    (4.応募先企業でどのように活躍していきたいか)

    直近では、プログラミングスクールと仕事を両立させ、持ち前の忍耐力を活かして、貴社のプロダクトを支える一員となりたいです。

    将来的には、広告業界で感じていた課題を解決する新しいマーケティングプロダクトの開発を企画し、貴社で新規事業を牽引していきたいと考えております。

    いかがでしたでしょうか?このように分解して書いていくと頭が整理されていくのでおすすめです。

    今回はITエンジニアのPR文について解説しました。もしベンチャー企業への転職を考えている方はこちらの志望動機の書き方も参考になるかと思います。ぜひご覧ください。
    あわせて読みたい:一般的ではダメ⁉︎ベンチャーの志望動機の書き方|ベンチャー担当者が解説


    ITエンジニアの自己PRを作る上で重要なことは?

    最後にITエンジニアに応募する際の自己PRを作成する上で、重要なことをお伝えします。

    それは、すでにITエンジニアとして働いている方の「仕事のやりがい」や「入社理由」などを参考にするというものです。

    moovyは30秒の動画で構成されている求人動画サイト。

    テキストだけの求人情報だけでなく、実際に働いている人と会社の雰囲気など、テキストではわからないリアルな情報まで知ることができます。

    自己PRに具体性を持たせ、ライバルとの差をつけるために、チェックしてみましょう!

    今まさに、ITエンジニアへの転職をしているあなたへ。

    まずは1本、動画を見てみてください。 テキスト中心の求人サイトでは知ることができなかった、新しい発見があるはずです。

    この記事を書いた人
    大谷 亜由美

    新卒で大手広告会社にて営業として入社。その後、系列の大手転職エージェントに配属され、300名以上の転職実現をサポート。多くの転職者へ応募書類の添削や面接アドバイスを行なってきた。 現在は念願だったIT企業のマーケティング職に転職を果たし、これまでのキャリア、人材×マーケティングをフルに活かして活動中。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表取締役 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
    • ・採用動画の企画・制作