あまり知られていない転職のベストタイミング!適切な時期の見極め方

# 転職

  • ベストなタイミングで転職したい!
  • 転職のタイミングが判断できない…
  • こうした考えをお持ちではありませんか?

    転職するのであれば、ベストなタイミングで動きたいものです。とは言え、タイミングの判断は難しい部分もありますよね。

    そこで当記事では、転職のタイミングを知りたい人に向けて、「具体的なタイミング」や「タイミングを考えるうえでの注意点」を解説します。

    転職の時期でお悩みの人は、ぜひ参考にしてください。

      この記事のまとめ

    • 転職のベストなタイミングが分かる
    • 転職には一般的に適正なタイミングがあるが常に準備をしておくことが重要
    • 職務経歴書も頻繁に更新をしよう。転職だけでなく自分のキャリアにも役立ちます

    チェックリストバナー

    一般的に転職によいとされる時期とは

    一般的に「転職をするのによい」とされる時期があります。こうした時期には、以下のような特徴があります。

    • ・企業の採用予算が増えることから、採用されやすい
    • ・採用の強化時期なため、通常よりも採用のハードルが低い

    転職のタイミングで迷った際には、「転職をするのによい」とされる時期を選ぶのも1つの方法だと言えます。 以下に、具体的な時期を紹介します。

    1.動きの大きい「2・3月」と「8月・9月」

    「2月・3月」と「8月・9月」は人の動きが大きいため、求人が出やすくなります。

    なぜなら、「2月・3月」は4月の新卒入社に備え、採用を強化するからです。「8月・9月」においては、人事異動の時期であり、下半期に向けて採用を強化します。

    また夏と冬のボーナス支給後に転職するケースも多く、「2月・3月」と「8月・9月」は、一般的なボーナス支給後の時期と一致します。

    さらに自身が25歳以下の場合には、「第二新卒枠」を設ける4月だと入社できる可能性がアップするため、こうした時期を狙うのもアリでしょう。

    2.ベンチャー企業は常に活況

    ベンチャー企業であれば、会社によって時期を問わず常に採用を強化をしています。

    なぜなら、ベンチャー企業は資金調達後の採用を皮切りとし、常に採用をおこなう傾向にあるからです。

    そのため、ベンチャー企業も検討するのであれば、自身の活動する時期を決めるのではなく、常に動けるよう準備するとよいでしょう。

    日頃から、各種の求人サービスをチェックしたり、興味のある業界の資金調達系のニュースなど情報収集することなども可能性を広げる上で大切になります。

    ベンチャー企業についてはこちらの記事で解説しています。気になる方はぜひご覧ください。

    合わせて読みたい:【業界研究】決定版!スタートアップ・ベンチャー企業とは何か?



    転職を考えるタイミング_ケース別に紹介

    つづいて、転職を考えるタイミングについて「ケース別」に紹介します。

    1.年齢の問題

    自身の年齢を節目とし、転職を考える人もいます。例を挙げると、以下の通りです。

    • 【30歳】
      未経験へのチャレンジが20代よりも難しくなるため、他業種・異職種へのキャリアチェンジを希望する人は、30歳をボーダーラインと捉える傾向にあります。
    • 【35歳】
      35歳は転職限界説ともウワサされていることから、以前から転職を考えていた人が、35歳を機に転職するケースも多く見受けられます。
    • 【40歳】
      40歳はハイクラス転職やスペシャリスト転職などこれまで培ってきた経験や人脈を活かせる転職があります。以前よりも転職数は増えてきています。

    とは言え、30歳以降のキャリアチェンジや、35歳以降の転職も可能です。

    30代での転職で年収が下がってしまうのではないか、と不安に思う方もいるかもしれません。そのような方はこちらの記事も是非読んでみてください。

    合わせて読みたい:30代の転職で年収が下がるパターンと年収アップの具体的戦略を解説

    一方で、最近ではエンジニア職種などは40代以降でも各企業から求められるケースも増えてきています。

    職種によってはこのようなケースもあるので、年齢にとらわれずチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

    中長期的に求められる職種に今のうちから職種転換することも重要です。

    2.気持ちの問題

    自身の気持ちに変化があった際に、転職を考えるケースも多く見受けられます。以下のような事例があります

    • ★待遇・評価面で不満がある
      給与が仕事に見合わない/評価が不適切/労働環境が合わない
    • ★漠然とした将来への不安がある
      市場価値の高い職種につきたい/将来性のある会社に行きたい/スキルアップをしたい
    • ★上昇志向が芽生えた
      キャリアアップしたい/資格・経験をいかせる仕事につきたい
    • ★ミスマッチを実感
      人間関係で違和感/職場の雰囲気が合わない

    気持ちの変化は「一時的」なものかもしれません。

    しかし、転職活動を通して視野を広げつつ、自身の感情を確かめることも重要だと言えます。

    迷うことが少しでもあるのであれば、まずは「行動」をしてみることで自身の感情がクリアになることもあります。

    自分の感情を確かめる方法として、自己分析をしてみるのもおすすめ。自己分析をすることで、自分のやりたいことが再確認できたり、思いとどまったりする可能性があります。

    転職の自己分析のやり方については、こちらの記事を参考にしてみてください。

    合わせて読みたい:転職に必要な自己分析のやり方を徹底解説|3つの方法を紹介します



    3.プライベートの問題

    仕事とは関係なく、プライベートの問題で転職せざるを得ないケースもあります。

    よくある理由としては、結婚・出産によるライフスタイルの変化です。

    たとえば残業・休日出勤が多い職場だった場合、独身であれば問題がなかったものの、家族がいると家族対応もあるため、つづけるのが難しくなることもあります。他にも、親の介護が必要なため、引っ越して近場で働くケースもあります。

    プライベートの問題については、職場と話をすることが先決です。その結果、リモートワーク・時短勤務・近所の支社への異動などが難しければ、転職するのは致し方ないでしょう。

    最近では特にベンチャー企業などではリモートワークが当たり前になってきているため、 転職によってプライベートの時間を増やすということが容易になってきています。

    各企業がどのような就業体系なのかを求人情報などで日頃からチェックすることも重要になります。

    例えば以下のような求人など、気になる方はご覧ください!



    転職のタイミングを考える上での注意点

    ここでは、転職のタイミングを考えるうえでの注意点を解説します。転職のタイミングはそれぞれですが、考え方が重要となります。

    また、転職の始め方も同時に重要です。以下の記事では転職活動の始め方について詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

    合わせて読みたい:転職活動の始め方とポイントとは?具体的な流れを徹底解説!



    1.時期にこだわりすぎない

    前述の通り、一般的に「転職によいとされる時期」があります。また、さまざまな要因によるタイミングもあるでしょう。

    とは言え、転職の時期にこだわりすぎるのはよくありません。なぜなら転職は「ご縁」でもあることから、チャンスを逃がす可能性があるためです。

    常に求人や転職情報などにアンテナを巡らせ、「これだ!」という求人があったタイミングで応募する姿勢も大切です。

    またベンチャー企業であれば、常に採用を実施する傾向にあるため、「情報のキャッチアップ」と「すぐに動ける準備」を心がけるとよいでしょう。

    2.経済情勢などをチェックする

    経済情勢があまりに停滞している時期は、避けた方がよいケースもあります。

    例えば「リーマンショック」や「新型コロナウイルス蔓延」などの時期です。

    なぜなら、停滞している時期は企業が採用活動を控えたり、求人を出しても給与条件などが低い可能性もあるからです。

    実際に筆者がリーマンショック開始時に転職活動をすると、数社面接に進んでいたにもかかわらず、すべての企業が採用をストップし、面接自体がなくなりました。

    とは言え、昨今では「不況をチャンスにする企業」も存在します。例えばIT・リモートワーク関連、医療関連などです。

    つまり、経済情勢や取り巻く状況をチェックしつつ、発生している問題が各業界に「どういった影響を与えているか」を照らし合わせる姿勢が重要です。その結果、採用を実施しそうな業界へアタックするのも1つの方法だと言えます。

    3.常に動ける準備をする

    いざ転職をしたいと思っても、準備が整っていないと行動に移しにくいものです。

    そのため、タイミングよく転職ができるよう「事前準備」をする必要があります。

    事前準備において、常に職務経歴書を更新する点は欠かせません。

    なぜなら、自身の「経歴の棚卸し」になるのはもちろん、キャリアビジョンや成長の再確認にもつながるからです。更新するスパンは、1ヶ月くらいがオススメです。

    さらにこれにより業務の棚卸しができ転職はしなくとも、現職でのキャリアアップができたという事例もあります。

    また「ご縁のある求人」に出会うためにも、日頃から情報チェックは欠かせません。

    合わせて読みたい:転職内定後の流れを徹底解説。思わぬ落とし穴に注意が必要です。



    転職のベストタイミングを考えているあなたへ

    転職のベストタイミングを考える際に、転職によい時期をはじめ、年齢・気持ちの変化・プライベートの問題などがあると説明をしてきました。

    とは言え、時期にこだわりすぎるのも逆効果です。なぜなら、チャンスを逃す可能性があるからです。

    そのため、転職のベストタイミングに向けて、日頃から「経済情勢のチェック」や「職務経歴書の更新」をするのはもちろん、求人情報もチェックするとよいでしょう。

    情報収集の際には、職場の雰囲気や人柄といった定性情報を確認することも大切です。なぜなら、自身との相性をはかれるとともに、入社後のミスマッチも防げるからです。

    忙しいビジネスパーソンが定性情報をチェックする際には、閲覧場所を選ばない「採用動画」が適しています。

    そこで、採用動画プラットフォームのmoovyで探してみてはいかがでしょうか。

    moovyの特徴は以下の3点です。

    • ・30秒の短尺動画で手軽に職場のリアルな雰囲気を確認できる
    • ・シード〜急成長中の優良スタートアップ・ベンチャー企業が豊富に掲載されている
    • ・本当に優良なスタートアップ、ベンチャー企業からスカウトが届く

    20代向けの求人も豊富に扱っているため、20代転職でおすすめの職種を探している人は、ぜひmoovyをご活用ください。

    浅倉 章平

    この記事の監修者

    浅倉 章平
    東京都出身。青山学院大学 理工学部を卒業後、大手企業にて営業畑を中心に活躍。その後、大手転職エージェント企業にてキャリアアドバイザー、営業マネージャーという立場で累計1,700名以上の転職を支援。履歴書の書き方から面接対策まで、幅広い転職ノウハウを持つ。現在はSaaS系メガベンチャー企業にて営業組織の立ち上げやカスタマーサクセス等の業務に関わっている。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表取締役 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
    • ・採用動画の企画・制作