【保存版】転職に失敗しないための10のチェックリスト


著者/監修者
三嶋 弘哉
moovy代表取締役社長

このように、転職活動時の企業選びに、悩むことは多いでしょう。会社選びは、多くの選択肢があるにもかかわらず、最後には1社に絞る必要があるため、悩むのも無理はありません。

また、面接を通して「一緒に働きたい」と思う人がいる会社にめぐり会えても、その人が辞めてしまう可能性もあります。そのため、人を基準にして転職先を決めるのも難しいでしょう。

以上のことから、求職者は「何を基準に転職活動を進めたら良いか?」と、悩みがちです。

そこでこの「転職に失敗しないための【10のチェックリスト】」が有効です。このチェックリストでは、どのように転職先を選んだらよいかわからない人に向けて、「この基準に沿って会社を決めましょう」というものを具体化しています。

そのため、当チェックリストに沿って転職活動を行えば、転職にまつわる迷いが軽減されること間違いなしです。

転職を失敗したくない人は、必ず活用してください。反対に、転職活動に真剣に取り組みたい「以外」は見ないようにしてください。

【前提】転職における「失敗」の定義とは

有名でいい会社だと言われている企業に転職したとしても、自分には合っておらず、鬱屈とした気持ちで働かざるをえないんだとしたら、その転職は「失敗」だといえます。

失敗の定義は以上と定義するならば、それを判断するための判断軸は以下のような形になります。自分に当てはめて考えてみましょう。

ここから紹介する転職に失敗しないための10のチェックリストは、そのような失敗を避けるために作られています。

【保存版】転職に失敗しないための10のチェックリスト

転職をする人は、あくまで「各仕事のプロ」であり、転職のプロではありません。そのため、効率的な転職の進め方を知らなくても当然だと言えます。

とは言え、在籍しながらの転職活動やライバルの存在を考えると、与えられた時間には限りがあります。

そこでチェックリストを活用しましょう。チェックリストを活用することで、限られた時間での転職活動を、スムーズに進めることが可能です。なぜなら、このチェックリストは「転職の進め方について、ノウハウを凝縮したもの」だからです。

以下チェックリストのテンプレートに沿って作業を進めるだけで、簡単かつ効率良く転職活動を実施できます。

各項目を確認するだけで終わらせてはいけません。しっかりと作業にも取り組んで、悔いのない転職活動を送っていただけたらと思います!

そして、以下が実際のチェックリストです。

この【転職に失敗しないための10のチェックリスト】は、

「整理する」→「調べる」→「企業を選ぶ」→「面接を受ける」

の順に体系的に展開されています。 この順序で転職活動を進めるとスムーズです。 次項にて、チェックリストの各項目を解説します。

残り9,021文字(全文10,139文字)
続きを読むには

転職ノウハウが体系的に
まとめられたバイブル!
  •   転職成功までのスケジュールと全体像が分かる!
  •   どのように企業を選べば良いか、そのコツが分かる!
  •   自己分析をフレームワークで分解して把握できる!
  •   職務経歴書の書き方のコツが分かる!
  •   面接対策のコツが分かる!

この記事の著作/監修者