転職を失敗したくないエンジニアは必見!成功への準備とポイント

# エンジニア # 転職

このようなことで悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

  • エンジニアの応募先は沢山あるけれど、自分に合う企業が分からない
  • もう転職で失敗はしたくない
  • このような悩みを抱えていませんか?エンジニアは人手不足なため、応募先は沢山あります。

    しかし、ポイントを押さえた転職活動でなければ、失敗する可能性は高まるでしょう。

    そこで当記事では、転職を失敗したくないエンジニアに向けて、成功への準備とポイントを解説します。 転職を成功させたい人にとって、お役に立てれば嬉しく思います。

    エンジニアが転職を考える5つの理由

    エンジニアの転職理由は近年大きく変化してきています。 特に大きく伸びているのは、「キャリアアップしたい」と「給料が合わない」という点です。

    エンジニア不足により、条件の良いところに行きたいと思うエンジニアが増えていると言うことですね。 一方で、人間関係や職場環境は増えてはいないものの、依然として根強く残ります。

    ここでは、エンジニアが転職を考える5つの理由とその対策を紹介します。

    1.キャリアアップをしたい

    エンジニアは、情報技術に関する専門家です。そのため、より高みを目指し、キャリアアップをしたい人は多いでしょう。 エンジニアのキャリアアップには大きく2つの道が考えられます。

    • 1.エンジニアとして専門性を極める
    • 2.マネジメントや営業など、ビジネス寄りの道に進む

    もし1の技術を極める道を目指すなら、「リードエンジニア」や「ITスペシャリスト」などのキャリアアップが考えられます。

    2.のビジネス寄りに進むのであれば、「ITコンサルタント」や「プロジェクトマネージャー」などが考えられます。

    現職でキャリアアップができない場合には、望みが叶う環境への転職もアリです。

    こちらの動画ではエンジニアのキャリアについてインタビューしております。成功事例やどう感じたかなど詳しく知りたい方はぜひご覧ください。



    2.給与に不満がある

    エンジニアの給与は、一般的な給与水準と比較すると、高めの傾向にあります。 しかし業務内容との比較では、割に合わないと感じる人も多いでしょう。

    割に合わないと感じる理由は、以下などが挙げられます。

    • ・サービス残業が多い
    • ・会社への貢献度と給与が合っていない
    • ・他の企業と給与面を比較してしまう

    上記のような懸念点が、給与に反映されない場合に、給与への不満が生じると言えます。

    特に近年はエンジニア不足や企業の成長には欠かせないため、エンジニアの給与が上がっています。そのため相対的に自分の給与が低く感じてしまうことがあるようです。

    エンジニアの給与についてはこちらの記事で詳しく解説しております。気になる方はご覧ください。
    あわせて読みたい: ベンチャー企業のエンジニア年収事情を解説|年収アップの方法とは?



    3.過酷な労働環境に疲れた

    エンジニアの労働環境は以下のような場合があるようです。

    • ・急な残業が多い
    • ・無理な納期を設定される
    • ・人手不足なため、1人あたりの仕事量が多い

    特に派遣や受託開発などで多いようですが、このような環境は近年だいぶ改善されており、ここ3年は退職の理由ランキングでも低下傾向にあります。

    しかし、まだあるのも事実。このような環境に合わないと感じるエンジニアは多いので、転職を考えるのも無理はないでしょう。

    4.人間関係の問題がある

    エンジニアに限らず、職場における人間関係の問題は少なくありません。

    入社前にどんな人たちと仕事をするのか、社内の雰囲気は自分と合うのかなどが分かると、このようなミスマッチも防ぐことができます。

    実際に入社してみないと分からないという方、ぜひ動画を見てください。このようなミスマッチの軽減にきっと役に立つはずです。



    5.将来性のある会社で働きたい

    会社の将来に不安を抱えているエンジニアは、将来性のある会社で働きたいと思うものです。

    将来性のある会社とは、今後の伸びしろが期待できる会社を指します。

    こうした会社は成長途中であるため、希少な仕事に関わることや、難易度の高い仕事を任せてもらえる可能性もあります。

    例えばベンチャー企業には、将来性がある会社も多く存在します。なぜなら、これから成長していくため、伸びしろの幅が大きいからです。

    こちらの記事ではこれから伸びるベンチャー企業やその見極め方について詳しく解説しております。気になる方はご覧ください。
    あわせて読みたい: これから伸びるベンチャー企業を見極める方法とおすすめ企業5選



    転職に失敗しがちなエンジニアの特徴

    つづいて、転職が失敗しがちなエンジニアの特徴を紹介します。具体的な失敗事例も挙げるため、併せてチェックをしてください。

    1.キャリアビジョンが曖昧

    転職が失敗しがちなエンジニアの特徴、1つ目は、キャリアビジョンが曖昧なことです。

    キャリアビジョンとは、将来的な理想の姿に対し、ゴールに向かうための道筋を定めた行動計画を指します。

    キャリアビジョンが曖昧だと、以下のような問題が発生します。

    • ・そもそも選ぶ企業が合っていない
    • ・ゴールが設定できても、実現する方法が分からない

    ~失敗事例~

    技術を習得し、新たにアプリの開発をしたくなったAさん。インターネットで見つけた「最新のアプリ開発に関わるエンジニア職」の求人に応募し、無事内定。

    しかし蓋をあけてみると、研修・教育は実施されない環境であり、自分の技術では追いつかないことが分かった。 早くも挫折を感じ、転職先を探している。

    【解説】 ゴール設定の際に、以下を落とし込めなかったことが、失敗の要因です。 ・どういったアプリを開発したいか ・アプリを開発することで、将来的にどうなりたいか ゴールを設定できれば、自分の技術を客観視できるため、選ぶべき企業が見えるハズです。

    2.準備不足である

    転職が失敗しがちなエンジニアの特徴、2つ目は、準備不足であることです。

    転職を成功させるには、さまざまな準備が必要です。成功したエンジニアは、以下のような準備をしっかり行っています。

    • ・面接対策
    • ・応募先企業の情報収集
    • ・業界のニュース、業界分析など動向調査

    ~失敗事例~

    コミュニケーションを取りながら、1つの目標に向かえる企業を望んだBさん。 ある日「和気あいあいとした雰囲気で、チーム力は抜群です」と書かれた求人を見つけ、入社を決めました。 しかし、Bさんが所属する開発チームは体育会系のノリで、予想とは違うものでした。認識のズレを実感したものの、時はすでに遅し。

    【解説】 転職サイトの情報だけで失敗した、典型的な例です。転職先の情報はサイトだけで判断してはいけません。例えば今回の「和気あいあいとした雰囲気」も、人によって捉え方は違います。 そのため、目で見る情報(会社見学や採用動画)の収集も必要です。

    3.給与・待遇だけで判断している

    転職が失敗しがちなエンジニアの特徴、3つ目は、給与・待遇だけで判断していることです。

    給与や待遇を、転職の条件として重視する人もいるでしょう。もちろん、生活に支障がない「最低限の給与」のチェックは必須です。 しかし、給与や待遇だけで判断すると、失敗する可能性は高まります。

    なぜなら、数値やデータで表現できない「定性情報」こそ重要な要素だからです。定性情報は人間関係・職場環境などを指し、これらが合う・合わないで、モチベーションも変わってきます。

    ~失敗事例~

    業務内容に対し、給与の割が合わないと感じたCさん。 そのため、今よりも給与が高い企業を探し、入社が決まりました。 しかし求められる技術力が高く、突発的な残業も多いため、大切にしていたプライベートの時間もなくなりました。

    【解説】 目先の給与・待遇だけで判断すると、大切なものが見えなくなります。Cさんの場合は、プライベートを大切にできることと、給与の割に合った仕事ができる環境を望むと言えます。

    エンジニアが転職を失敗しないための準備・ポイント

    ここでは、エンジニアが転職を失敗しないために、「準備すべきこと」と「ポイント」を解説します。

    1.キャリアビジョンの明確化

    エンジニアが転職を失敗しないためには、キャリアビジョンの明確化が必要です。 キャリアビジョンは、将来なりたい理想の姿を目指し、そこに向かう行動計画を指します。

    つまりキャリアビジョンを持つには、以下が必要です。

    • ・ゴール設定
    • ・ゴールに向かうためのプラン


    転職を失敗したくないエンジニアは、以下の一覧を踏まえ、キャリアビジョンを明確にしましょう。

    現状・自身の立ち位置 今までの経験や保有するスキル・資格などを整理し、
    現状を見つめます。
    数年ごとの
    目標
    半年・1年・3年など、細かく年数を区切り、
    各時期の目標を設定します。
    目標のために
    できること
    定めた目標に対し、達成に向けてできること、
    するべきことを考えます。

    2.自己分析をする

    エンジニアが転職を失敗しないためには、自己分析が必要です。

    自己分析とは、思考や過去の経験を整理し、能力・長所・短所などについて理解することを指します。

    自己分析をすることで、価値観の合う企業や、自己実現ができる企業かが分かります。そのため、合わない企業への入社を避けることが可能です。

    自己分析をする際には、以下のポイントを踏まえましょう。

    頑張ったこと・成果 一生懸命に打ち込んだ事や成果を
    具体的に書いてみましょう。
    その理由や再現性も整理します。
    好きなこと・苦にならないこと なぜ「好きか」や「苦にならないか」を改めて考えてみます。
    嫌いなこと・苦手なこと なぜ「嫌いか」や「苦手なのか」を改めて考えてみます。

    3.徹底的に情報収集をする

    エンジニアが転職を失敗しないためには、徹底的な情報収集が必要です。

    求人票で分かる給与・勤務地といった「定量情報」の他に、職場環境・人間関係などの「定性情報」についても、情報収集は欠かせません。

    特に「定性情報」をチェックすることで、ミスマッチを防ぐことができ、自分に合った企業を見つけることができます。

    定性情報をチェックする際には、以下のような方法がオススメです。

    • ・職場見学
    • ・採用動画のチェック
    • ・インターネットの口コミをチェック

    4.給与・待遇以外もチェックする

    エンジニア転職を失敗しないためには、給与・待遇以外のチェックは非常に必要です。

    なぜなら、例え高い給与をもらっても、給与以外の点で好きな部分ややりがいがなければ続かないからです。

    以下に、給与以外にチェックする内容の具体例を挙げます。

    • ・職場の雰囲気になじめそうか?
    • ・自分の目標が叶えられる環境か?
    • ・企業の理念・方向性に共感できるか?
    • ・将来性がある会社か?

    提示された給与が高くても、社内の雰囲気に馴染めなければ続かないでしょう。

    また最初の給与が低くても、毎日の仕事がやりがいに溢れ、楽しいものであるなら、長続きしますし、高いパフォーマンスを発揮できるのではないでしょうか。

    そのため、給与・待遇以外もチェックすることで、失敗を防げます。

    エンジニア転職を失敗したくないあなたへ

    最後に「エンジニア転職を失敗したくない人」が転職活動をするうえで、最も避けて欲しいことをお伝えします。

    それは、「求人サイトやエージェントで求人を見た時は良いと思ったものの、入社後に自分と合わないことが分かった…」という結果です。

    moovyは30秒の採用動画を使って求職者と求人企業をオンラインでマッチングする求人動画サイトです。

    仕事内容、事業内容、社風、オフィスなど全て30秒の動画でわかりやすく紹介します。

    なかには、「名物社員紹介」や「社長の意外な一面」など、 テキストだと分かりにくい社員の人柄や企業のカルチャーを動画で感じることができます。

    テキストだけの求人情報だけでなく、実際に働いている人と会社の雰囲気など、テキストでは分からない情報まで知ることができます。 そのため、エンジニア転職での失敗防止に役立ちます。

    今まさに、エンジニアの仕事選びをしているあなたへ。

    まずは1本、30秒のショート動画を見てみてください。 テキスト中心の求人サイトでは知ることができなかった、新しい発見があるはずです!

    この記事を書いた人
    今林 智宏

    国立大学を卒業後、2004年に大手サービス企業に入社し、チームマネジメントやマーケティング業務を経験。在籍中は、現場社員として数多くの学生・転職者の面接官も行う。退職後、G’s ACADEMY TOKYO(LAB8期)でプログラミングを学ぶ。現在は、スタートアップにて、フロントエンドのシステム開発に加え、カスタマーサクセスを担当し、企業の人事採用に関わる。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表取締役 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
    • ・採用動画の企画・制作