仕事に悩む20代女性必見!解決策や転職活動のポイントを紹介

# 仕事で悩んだら

  • 将来を考えた時に20代女性のキャリアはどうすればいい?
  • 将来、結婚や妊娠・出産を考えているけど転職できるのかな?
  • このようにお悩みではありませんか?

    20代女性は、将来のライフイベントやキャリアを考え、転職すべきかどうかを悩む人が多いです。

    しかし、女性特有の悩みも多く、転職に踏み出せないという人も少なくありません。

    そこで本記事では、20代女性が抱えやすい仕事・転職の悩みや、その解決方法を紹介します。

    20代女性におすすめの企業も紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

      この記事を読んで分かること

    • 20代女性が抱える転職・仕事の悩みや解決方法が分かる
    • 転職すべきか悩んだ際に取るべき行動が分かる

    企業タイプ診断

    20代女性に多い仕事や転職の悩み

    20代の女性は、転職や仕事において以下のような悩みを抱えていることが多いです。

    • 1. キャリアアップできるか
    • 2. 結婚や育児と両立できるか
    • 3. 1つの職場で長く働いたほうが良いのではないか
    • 4. 転職先の環境に馴染めるのか

    特に、結婚や育児については、20代女性特有の悩みと言えるでしょう。

    以下ではそれぞれの悩みについて、詳しく見ていきます。

    1.キャリアアップできるか

    20代女性が仕事や転職を考える際、キャリアアップできるかどうかは大きな悩みの1つです。

    妊娠や出産など女性特有のライフイベントは、仕事から一時的に離れなければなりません。

    その間にキャリアが停滞したり、復帰後に以前と同じように評価されないことに対して不安に感じてしまいます。

    また、女性の管理職が少ない職場では、自分の将来にキャリアアップのチャンスがあるのか疑問に思うことがよくあります。

    女性がキャリアアップを目指す際には、性別による偏見や役割の固定観念に直面することも少なくありません。

    このような環境では、自分の実力を十分に発揮できず、キャリアアップの機会を感じにくくなるでしょう。

    2.結婚や育児と両立できるか

    将来結婚や出産を考えた際、仕事と家庭の両立が可能かどうかも、多くの20代女性が悩みます。

    特に、キャリアを築きつつある20代では、仕事とプライベートのバランスをどのように取るかが課題となります。

    結婚や出産後も仕事を続けたいと考える女性は多くいますが、産休や育児休暇を取得し、その後職場に復帰する過程で困難に直面することも珍しくありません。

    たとえば、産休や育児休暇を取得する制度があっても、実際には職場の雰囲気や上司の理解不足などで利用しづらいケースがあります。

    また、復帰後に以前と同じ条件やポジションで働けるか、育児と仕事の両立ができるかどうかは大きな不安材料となります。

    結婚や育児との両立が難しく、キャリアを諦める女性もいるため、このような悩みを感じる人は多いでしょう。

    3.1つの職場で長く働いたほうが良いのではないか

    1つの職場で長く働いたほうが良いのではないかという点も、多くの20代女性の悩みとして挙げられます。

    安定した職場関係を築き、昇進の機会が増えることを考えると、長期間同じ会社で働くメリットは確かにあると言えます。

    特に、若い頃は経験が少ないと見られがちで、転職時に経験の浅さが不利に働くのではないかと不安に感じることもあるでしょう。

    しかし、転職を通じて異なる業界や職種で働く経験は、自分自身の市場価値を高め、キャリアの選択肢を広げることにもつながります。

    昨今の社会では、転職を通じてキャリアアップを図る人も珍しくありません。

    1つの職場で長く働くメリットもありますが、20代のうちに転職することで、自身にとってプラスに働くこともあります。

    自分のキャリア目標や、ライフプランに合う選択をすることが重要です。

    ただ、「20代のうちに何度も転職をしても大丈夫なの?」と疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。転職回数が多いと不利になると思われがちですが、必ずしもそうではありません。

    こちらの記事で20代の平均転職回数や、転職回数が不利にならない業界などを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    合わせて読みたい:20代で転職回数が多いと不利?内定を勝ち取るポイントを徹底解説!

    4.転職先の環境に馴染めるのか

    転職を考える際、新しい職場の環境にうまく馴染めるかどうかも、20代女性にとって大きな悩みの1つです。

    転職を決意しても、未知の職場での人間関係や職場文化への不安から、一歩を踏み出せない人も少なくありません。

    特に、人間関係のトラブルは仕事のストレスとなり得るため、新しい環境への適応は誰にとっても難しい課題です。

    また、職場の文化や働き方が前の職場と異なる可能性もあり、これらの違いに慣れていくことも、転職の不安となります。

    しかし、新しい環境へ馴染むことを、チャンスとして捉えることが大切です。

    転職先の環境については誰しもが抱える悩みなので、新しい場所でうまくやっていこうとする気持ちを持って転職しましょう。

    20代女性が抱える転職の悩みを解決する4つの方法

    20代女性が転職の悩みを解決するには、以下の方法を実践してみましょう。

    • 1. ライフイベントも含めたプランを考える
    • 2. 希望の条件に優先順位を付ける
    • 3. 自分のスキルや経験を棚卸しする
    • 4. 転職先の企業を徹底的にリサーチする

    それぞれの方法について、詳しく解説していきます。

    1.ライフイベントも含めたプランを考える

    20代女性が転職を考える際、今の仕事内容や給料だけでなく、将来の結婚や出産のような人生の出来事も計画に入れましょう。

    今は仕事に集中していても、数年後には家庭を持つかもしれません。

    その際、仕事と家庭のバランスをうまく取れるかどうかを考えながら転職先を選ぶことが大切です。

    たとえば、柔軟な勤務時間や在宅勤務が可能な会社であれば、将来的に子育てをしながら働き続けられます。

    また、産休や育児休暇の制度がしっかりしている会社は、出産後も安心して働けるでしょう。

    ライフイベントを考慮せずに転職を決めてしまうと、仕事と家庭のバランスを取るのが難しくなり、ストレスや不満を感じる原因になります。

    転職を考える際は、自分のキャリアだけでなく、私生活の計画も一緒に考えることが重要です。

    2.希望の条件に優先順位を付ける

    自分にとって何が一番重要か、希望条件に優先順位を付けましょう。

    仕事内容や仕事のやりがい、給与、ワークライフバランスの取りやすさなど、自分にとって何が一番大切かをはっきりさせることが重要です。

    これらすべてを一度に手に入れることは難しいかもしれませんが、希望する条件に優先順位をつけることで、転職活動を進めやすくなります。

    たとえば、もし仕事のやりがいを最優先するなら、給与が低くても満足できる職場を選ぶことができます。

    逆に、給与を最優先する場合は、仕事内容やワークライフバランスを多少妥協することになるでしょう。

    優先順位を明確にすることで、自分に合う職場を探しやすくなり、転職活動中の悩みが少なくなります。

    まずは自分にとって何が重要なのか、希望条件の優先順位を明確にしましょう。

    3.自分のスキルや経験を棚卸しする

    転職活動を始める際、まずは自分自身のスキルや経験を理解し、評価することが大切です。

    スキルや経験を棚卸しすることで、自分がこれまでに培ってきた能力や、会社に提供できる価値が明確になります。

    また、自身が持つスキルや経験が市場で求められていれば、年齢や性別に関わらず、転職市場での競争力が高まるため、キャリアアップを目指しやすくなります。

    自分のスキルを棚卸しする際には、成功したプロジェクトや学んだ技術、またチームワークを円滑に進めるためのコミュニケーション能力など、さまざまなスキル・経験を洗い出してみましょう。

    自分のスキルや経験が、どのように今後のキャリアに役立つかを考えることで、履歴書や職務経歴書を作成する際、また面接で自己PRをする際にも役立ちます。

    自分のスキルや経験を棚卸しし、それを転職活動に活かすことで、20代女性はキャリアアップのチャンスを広げられます。

    キャリアの棚卸しのやり方は、こちらの記事をご覧ください。キャリアコーチ監修の、棚卸しのためのワークシートもぜひご活用ください。

    合わせて読みたい:キャリアコーチ監修!キャリアの棚卸しを最も効果的にやる方法【便利なワークシート付き】

    4.転職先の企業を徹底的にリサーチする

    転職活動時には、応募先の企業を徹底的にリサーチしましょう。

    特に20代女性にとって、職場での女性の立場やキャリアアップの機会は重要です。

    その企業で働く女性の数や女性の管理職の割合、産休や育休の取得率などの情報は、その職場が女性にとって働きやすい環境かどうかを判断する上で役立ちます。

    たとえば、女性の社員数が多い企業や女性の管理職が一定数以上いる企業は、女性のキャリアアップに対して前向きな姿勢を持っていると考えられます。

    また、産休や育休を取得しやすい環境、時短勤務を利用している女性が多い職場は、ライフステージの変化に対して柔軟に対応してくれる可能性が高いです。

    転職先の企業をリサーチすることは、20代女性が抱える悩みを解決する上で非常に重要です。

    事前に企業の女性に対する取り組みや環境を理解することで、自分に合った働きやすい職場を見つけられるでしょう。

    企業分析の方法を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

    合わせて読みたい:企業研究のやり方とポイントを解説|おすすめツール6選も紹介

    20代女性が転職すべきか悩んだら?転職活動前に取りたい行動

    さまざまな悩みを抱えていると、転職すべきかどうか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

    20代女性が転職をするか悩んだ際、以下の行動を取ってみましょう。

    • 1. すぐに転職活動を始めずに自問自答してみる
    • 2. 周囲に相談する
    • 3. 転職エージェントを利用する

    以下でそれぞれについて詳しく解説していきます。

    1.すぐに転職活動を始めずに自問自答してみる

    転職を考えた際、すぐに行動に移す前に、自分自身とじっくり向き合い、自問自答してみることが大切です。

    自分が抱える悩みや不満は転職で解決できるのか、それとも職場での状況改善や自己成長によって克服できるものなのかを考えてみましょう。

    たとえば、労働環境が劣悪であったり、自分のやりたい仕事ができない場合などは、転職が適切な解決策になり得ます。

    また、自分の悩み次第では、今の会社に留まることが最適かもしれません。

    転職活動前に自問自答することで、自分の本当の望みや価値観、キャリアに対する目標をより明確にできます。

    今の仕事で満足していない理由を具体的に理解することで、次の職場を選ぶ際の基準も確立できるでしょう。

    自分の中で明確な答えが見えてきたら、転職活動を始める準備が整ったと言えます。

    転職は大きな決断なので、焦らずじっくりと自分と向き合うことが大切です。

    もちろん、転職時期は自身の気持ちや都合に合わせて決めるべきですが、一般的に転職に良いとされている時期も存在します。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。適切な転職時期の見極め方を解説していますので、転職のタイミングでお悩みの方は参考にしてみてください。

    合わせて読みたい:あまり知られていない転職のベストタイミング!適切な時期の見極め方

    2.周囲に相談する

    転職活動を始める前に、家族やパートナーに相談をしてみましょう。

    特に20代女性にとって、結婚や妊娠・出産といったライフイベントは、仕事だけでなくプライベートにも大きな影響を与えます。

    周囲に相談することで、自分だけでなく、家族全体にとって最適な決断を下せるでしょう。

    たとえば、育児休暇の取得や職場復帰のタイミングは、パートナーや家族のサポートも必要となります。

    自分1人のキャリアだけでなく、家庭との兼ね合いを考慮した転職計画を立てることで、将来の不安を減らし、より満足のいく職場選びができるようになります。

    転職は個人のキャリアにとっても重要ですが、特にライフイベントを控えた20代女性にとっては、家族やパートナーとの相談を通じて慎重に計画することが大切です。

    3.転職エージェントを利用する

    転職すべきかどうか悩んだ際、自分1人での解決が難しそうであれば、転職エージェントを利用するのも有効な手段です。

    転職エージェントのメリットは、個々の希望や能力に合った仕事を紹介してくれる点です。

    自身のキャリアプランや悩みを聞き出し、それに合う企業や転職の進め方を提案してくれます。

    さらに、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策など、転職活動におけるさまざまなアドバイスを受けられるため、転職活動がよりスムーズに進められます。

    特に転職が初めての場合や、理想のキャリアパスを追求したい20代女性にとって、転職エージェントの利用は大きな助けになります。

    また、採用動画プラットフォームのmoovyでもキャリア相談をすることが可能です。

    今後のキャリアに関する悩みや、転職先をお探しの方は、ぜひmoovyも活用してみてください。

    【年代別】20代女性が転職でアピールすべきポイント

    いざ転職を決意しても、20代前半と後半では、企業にアピールすべきポイントが異なります。

    アピールできるスキルがないとお困りの方がいらっしゃるかもしれませんが、スキルがなくても転職はできます。

    こちらの記事ではスキルがなくても転職を成功させるポイントや注意点を解説していますので、転職をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

    合わせて読みたい:20代でスキルがなくても転職できる?転職を成功させる方法とは

    それでは、年代別にアピールすべきポイントを解説していきます。

    20代前半の場合

    20代前半の場合、アピールすべきポイントは将来性です。

    社会人を2〜3年経験している段階では、仕事に関する経験はまだ浅いかもしれませんが、基本的なスキルや仕事に取り組む姿勢は身に付いています。

    特に、ポテンシャル採用を積極的に行っている企業は、即戦力よりも、長期的に会社に貢献できる人材を求めています。

    そのため、現在持っているスキルや経験だけでなく、これから伸ばしていける可能性や、学ぶ意欲をアピールすることが重要です。

    また、未経験OKの求人も多く存在しており、キャリアチェンジを考えている20代前半の女性にとってはチャンスとなります。

    未経験の分野でも、新たなフィールドで力を発揮する意欲を見せることができれば、企業はそのポテンシャルを高く評価してくれます。

    20代前半の場合は、自分の将来性や学ぶ意欲を強調し、未経験分野にもチャレンジする姿勢を見せることで、転職を成功させられるでしょう。

    20代後半の場合

    20代後半の場合、アピールすべきポイントは、これまでに積み上げてきた実績や経験です。

    20代後半は、特定の分野での専門知識やプロジェクト管理、チームリーダーとしてのマネジメント経験など、具体的な実績を持っていることが多いです。

    これらの経験は、転職先の企業にとって価値が高く、即戦力として期待されるため、積極的にアピールしましょう。

    実績や経験は、具体的な数字やエピソードと合わせて伝えることが重要です。

    たとえば、

    • 「プロジェクトを管理し、期限内に20%のコスト削減を実現した」
    • 「新しいマーケティング戦略を提案し、3ヶ月で顧客獲得数を30%増加させた」

    のようなエピソードは、自身のスキルや成果を伝える証拠となります。

    20代後半の女性は、具体的な実績や経験をアピールすることで、転職市場での価値を高められます。

    自分の経験を自信を持って伝え、理想の職場を見つけましょう。

    20代女性におすすめのスタートアップ企業

    以下では、20代女性におすすめのスタートアップ企業をご紹介します。

    • 1.株式会社コドモン
    • 2.アソビュー株式会社
    • 3.株式会社カラダノート

    これらの企業は、多くの女性社員が活躍しています。

    また、福利厚生も整っており、急なライフイベントが発生しても問題ありません。

    20代女性の方はぜひ参考にしてください。

    1.株式会社コドモン

    • ・業種:その他、人材サービス・アウトソーシング・教育
    • ・創業:2018年10月
    • ・社員数:100名〜500名未満


    株式会社コドモンは、こども施設向けICTシステム「CoDMON(コドモン)」を提供し、保育業界の課題をテクノロジーで解決することを目指す企業です。

    他にも、保育業界の採用をサポートするツールや、保育用品の通販、保護者向けのアプリなど、保育・教育業界全体の改善に貢献しています。

    同社は保育業界をサポートしていることもあり、社員の子育てにも配慮しています。子育てをしながら働いている女性社員も多いです。

    また、子ども好きの社員も多く、コミュニケーションを取りやすい環境であることも同社の魅力です。

    株式会社コドモンについてもっと知りたい方はこちらの動画をご確認ください。

    2.アソビュー株式会社

    • ・業種:インターネットメディア・ネイティブアプリ・ECサイト
    • ・創業:2011年2月
    • ・社員数:100名〜500名未満


    アソビュー株式会社は、遊びや体験プログラムの予約サイト「アソビュー!」を運営しています。

    全国約9,600店舗の事業者と提携し、約600ジャンル・約27,000プランを紹介する日本最大級のプラットフォームです。

    同社はフルフレックス制とフルリモートワークの導入しており、県外からの参画も歓迎しているため、柔軟な働き方が可能です。

    また、社員同士の交流の機会も多く、部署・職種・役職関係なくフ ラットなカルチャーが作られています。

    さらに、アソビュー!の社員割引やポイント進呈、バースデー休暇など、独自の福利厚生が充実しているのも嬉しいポイントです。

    アソビュー株式会社についてもっと知りたい方はこちらの動画をご確認ください。

    3.株式会社カラダノート

    • ・業種:インターネットメディア・ネイティブアプリ・ECサイト
    • ・創業:2008年11月
    • ・社員数:10名〜50名未満


    株式会社カラダノートは、健康とライフスタイルをサポートする多様なサービスを提供している企業です。

    妊娠から育児をサポートするアプリ、服薬記録や血圧記録などの家族の健康を支えるアプリ、そして月間300万人以上に利用されるWEBサービス「カラダノート」を運営しています。

    同社は、若手にも積極的に裁量と責任を与える文化が根付いています。

    最年少で部長になった社員が25歳であることや、インターンにも事業責任者を任せるなど、年齢や経験に関わらず能力を発揮できる環境が整っています。

    また、メンバーの約半数が子育て中であり、時短制度や短時間正社員制度も充実しています。

    株式会社カラダノートについてもっと知りたい方はこちらの動画をご確認ください。

    転職で悩みを抱えている20代女性へ

    転職や仕事において、20代女性が抱える悩みや解決方法、さらにおすすめの企業を紹介しました。

    20代女性は将来を見据え、キャリアとライフイベントの両立に悩むことが多いです。

    また、職場によって文化や福利厚生も異なるため、なかなか転職に踏み出せない女性も多いでしょう。

    まずは自身のキャリアプランを考え、転職先の情報をしっかりと集めてから行動することが重要です。

    また、20代女性の転職にはmoovyの活用もおすすめです。

    moovyとは30秒の採用動画が掲載されたプラットフォームで、会社の紹介や社員インタビューなどを手軽に閲覧できます。

    実際に働いている女性社員や、福利厚生や社内の制度についてまとめられた動画もあるため、転職活動中の情報収集に役立ちます。

    転職を考えている20代女性の方は、ぜひmoovyに登録してみてください。

    今林 智宏

    この記事を書いた人

    今林 智宏
    国立大学を卒業後、大手サービス企業に入社し、店長を歴任。チームマネジメントやマーケティング業務を経験。在籍中は、現場社員として数多くの学生・転職者の面接官も行う。退職後、スタートアップ企業にて、フロントエンドのシステム開発に加え、カスタマーサクセスやマーケティングを担当し、企業の採用や広告支援に関わる。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営事業
    • ・動画クリエイティブの企画・制作事業
    • ・採用コンサルティング事業