20代でベンチャー企業に転職するのって実際どう?|経験者が語る

大手とベンチャーの違い

#ベンチャー企業 #転職

20代でベンチャー企業に転職しようか、悩んでいる人や考えている人も多いのではないでしょうか。ベンチャー企業には転職するだけの魅力があるものの、周りの友達や家族から「ベンチャーは不安定だからやめておいた方がいい」なんて言われたりと、悩むことも多いですよね。 そこで当記事では、「20代でベンチャー企業に転職するリアル」をテーマに、メリットやデメリット、ベンチャー企業を見極めるポイントなどさまざまな観点で解説しています。

【30秒動画で会社の雰囲気を知る!】
ベンチャー転職を検討しているならmoovy
  • このまま大企業で刺激が足りない仕事をしていて良いのか...
  • 20代のうちにベンチャー企業などでチャレンジしてみたいけど、不安...
  • そんなお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか? このコラムが、その悩みの解決につながれば幸いです。

    20代でベンチャー企業に転職する5つのメリット

    まずは、20代でベンチャー企業に転職する5つのメリットについてご紹介します。

    ベンチャー企業は、まだ世の中にない新しい事業を立ち上げるために設立されることが多いです。そのため、すでにビジネスとして立ち上がっていて、売上も大きい大手企業とは違った特徴があります。

    そんな大手企業との違いを、まずは良い観点から整理していきましょう。

    1.若いうちから裁量を持って働ける

    ベンチャー企業では、20代であっても役職に就き大きな裁量を与えられる可能性が高いです。

    大手企業では若くして役職に就ける可能性は低いため、これはベンチャー企業の大きな特徴だと言えます。

    ベンチャー企業は、自ら手を挙げて仕事を巻き取り続ける人に裁量を与える傾向があります。ベンチャー企業は大手企業に比べて資金力が乏しいため、実力のある人に高い給料を払って入社してもらうことが厳しいのです。

    そのため、仮に若く経験が浅かったとしても、仕事をどんどん進めていける人に裁量を渡すのです。

    例えば、新卒からベンチャー企業に入社したわたしの知人は、入社2年目にしてインサイドセールス部門の責任者を任されています。

    新卒でそのベンチャー企業に入社し、インサイドセールスに関する業務を積極的に担当し続けた結果として、わずか入社2年で責任者まで上り詰めています。これは、大手企業ではなかなかできない経験だと言えるでしょう。

    自分で裁量を持って働きたい方にとっては大きなメリットかもしれません。 また、若いうちに会社を動かすような意思決定の経験を積んでおくと、将来の独立という選択肢も考えられるかもしれません。

    2.目に見えるスキルと成果を得られる

    20代の頃から大きな裁量を持って、会社の様々な意思決定に関わることができれば、将来役に立つスキルを早期に身につけることができます。

    規模が小さいベンチャー企業では、一人でいくつもの仕事に主体的に取り組まなければならない為、複合的なスキルが身につきます。

    さらに、意思決定に関わる事ができる為、会社の業績がそのまま結果として反映され、仕事の結果が見えやすいです。

    例えば、ベンチャー企業でエンジニアとして働くと、エンジニアとして働いている人が少ないため、設計から実装まで全て一人ないし数人でやることが多いです。そのため、開発に必要なスキルが全般的に身につきます。

    スキルは複利で伸びていく為、なるべく若いうちに様々なスキルを身につけておくことで、将来の可能性を広げることができるでしょう。

    このように自分の努力や身につけたスキルがすぐに結果に反映されるのでやりがいや成長を感じることができます。

    3.若いうちから経営陣と近い距離で働ける

    ベンチャー企業では、20代の頃から経営陣と近い距離で働けることは大きなメリットと言えるでしょう。

    経営陣と近い距離で働くことで、会社のキャッシュフローを知ることができたり、コスト意識が芽生えたりします。

    会社のキャッシュフローを知る事ができたり、コスト意識が芽生えると、自分がどのくらい会社に貢献できているのかを定量的に把握する事ができるようになるため、高い視座を持って仕事を進める事ができるようになります。

    経営に関するセンスを学ぶためには、このように経営陣と近いところで経験を積むのが一番です。 それこそ、将来起業する事を考えている場合は、ベンチャー企業で社長の近くで働く経験をすることで目標の実現に向けて大きく前進することができます。

    4.年齢関係なく実力があればそれに応じて評価される

    ベンチャー企業の給与形態は、年功序列制ではなく、完全実力主義であることが多いです。 つまり、20代でも努力をすれば、どんどん上の地位に昇り詰めることができ、それに伴い昇給もしていきます。

    例えば、新卒であろうと学生インターンであろうと、会社の売上にインパクトのある成果を残せば、評価してもらえます。

    場合によっては、同年代で大手企業に勤めている人よりも多くの収入を得ることも可能です。 しかし、逆もしかりです。結果を出せなければ評価されることはありません。

    つまり、大手で評価されていて高い給料をもらっていたとしても、ベンチャー企業に転職して成果を出せなければ、評価が下がる可能性もあるということです。

    努力が業績にダイレクトに評価につながりやすいのは、ベンチャー企業ならではでしょう。成果を正当に評価されたいという方にはおすすめの環境だと言えます。

    5.ストックオプションがもらえる可能性

    ストックオプションとは、自社株を買うことのできる権利です。 自社株を持っておけば、企業が大きくなった時にキャピタルゲインを得る事ができたり、配当金をもらえたりというメリットがあります。

    ストックオプションで得られる利益は、数百万円〜数千万円も夢ではなく、億を得たという人も存在するくらい、メリットのある話です。

    自分の頑張りが会社を大きくし、その結果として会社の評価額があがり、結果としてキャピタルゲインを得られる可能性があるのは、会社と個人双方にとって良い事ですよね。

    キャピタルゲインを狙っていけば、目の前の年収が多少低くても、あとから利益を得られる可能性は十分にあります。

    企業を大きくするための努力をすることで、スキルがついて自分の収入が上がる以外にこのようなメリットがあるのは嬉しいですね。

    → ベンチャー企業の求人動画情報はこちら!

    20代でベンチャー企業に転職する5つのデメリット

    ここまでメリットをお伝えしましたが、一方でやはりリスクもあります。ここでは考えられるデメリットもお伝えしたいと思います。

    1.給料が下がる

    ベンチャー企業は、転職直後においては給与が下がる可能性が高いです。 大手企業と比べるとどうしても企業としての資金力が小さい傾向があるためです。

    ベンチャー企業は目先の赤字を出してでも、将来の利益を作るために事業投資を続けます。 そのため、目の前の社員に高い給料を払うよりも、なるべく人件費を抑えて、その他の広告費などに投資し、事業を伸ばそうとする傾向が強いのです。結果として、給料は低くなりがちです。

    給与の出所は会社の利益なので、仕方のないことでしょう。 しかし、結果を出して会社の利益を上げることができれば、それに応じて収入も増えるはずです。

    そして、会社の利益を作ることは、ベンチャーであればあるほど自分の腕にかかってきます。 最初の給料は安いが、自分の腕次第でいくらでも取り返すことができるとも言えます。

    2.研修や教育制度が整ってない

    ベンチャー企業は大手企業と比べると、研修や教育制度が整っていないことが多いです。 ですから、マニュアルに沿って業務を学んでいきたいという方にとっては向いていません。

    私の知人の会社では、営業のトークスクリプトを学生インターンが作って運用していたこともあったそうです。マニュアルを作る側に立てる可能性も高いと言うことを示しているでしょう。

    このようにベンチャー企業では1からルールづくりを任される可能性があります。 自ら研修や教育制度を整える経験をしたい方などは、ベンチャー向きかもしれません。

    3.不安定かつ社会的信用が薄い

    ベンチャー企業は経営状態が安定していないので、いつ倒産するかわからないという不安定さがあります。

    業績が悪化し、突然希望退職を募るケースなども少なくはありません。 また、企業としての知名度もないので、社会的信用が薄いのもデメリットです。

    ですから、安定感や社会的なステータスを重視する方にとっては、ベンチャー企業は向いていないかもしれません。 ベンチャー企業で働くには、不安定さや社会的信用のなさといったデメリットを許容する必要があります。

    4.労働時間が長くなることが多い

    ベンチャー企業は一人ひとりに与えられる裁量が大きくなる一方、業務量も多くなり、労働時間が長くなりがちです。 ワークライフバランスを重視し、プライベートを大切にしたい方にとっては、ベンチャー企業は合わないかもしれません。

    ベンチャー企業で働くのであれば、給料よりも仕事の楽しさが勝っているような状態が望ましいです。 その一方で、労働時間が長くなっても、若いうちから将来に役立つ経験を多く積みたいと言う方は、ベンチャー企業で働く事は大きくプラスになると思います。

    5.社長の決定による影響がかなり大きい

    ベンチャー企業では、社長の決定次第で会社の方針が大きく変わり、それが従業員にも大きな影響を与えます。 つまり、良くも悪くも社長の意思決定次第ということです。社長がよくないベンチャーに当たってしまうと、間違いなく失敗します。 ただしその意思決定にも参画できる可能性は十分にありますので、状況次第でプラスに働く可能性もあります。
    参考記事:ベンチャーに転職して失敗する人あるある7選|原因と解決策も解説

    良いベンチャー企業を見極める3つのポイント

    ベンチャー企業の質は、玉石混交です。企業選びをしっかりしないと自分が考えているような経験ができなかったり、企業文化に合わず早期退職してしまったり、それこそ企業自体が倒産してしまうケースも考えられます。 今回はベンチャー企業選びでの失敗を防ぐために、ベンチャー企業を見極めるためのポイントを3つご紹介します。

    1.伸びている業界でビジネスを行っているか

    その企業がどんな業界でビジネスを行っているかは非常に重要なポイントです。伸びている業界でビジネスを行っているという事は将来安定する可能性も高く、収入アップや多くの経験を得られるチャンスが多いと言う事です。これこそがベンチャー企業で働くメリットですので、しっかり調べておきましょう。

    2.社員数が順調に増えているか

    ベンチャー企業を見極めるためには、社員数が順調に増えているかどうかをチェックすることも大切です。 なぜなら、社員数が順調に増えているということは、事業が拡大しているということですし、それだけ裁量のある業務を担える可能性が高くなると言う事だからです。

    たとえば、社員数が10人から100人に伸びている会社があったとします。その人員拡大は、100人に人件費を払えるほどに会社の業績が順調に伸びていることを表しているのです。 そのため、社員数が順調に増えているかは確認するべき事項だと言えます。

    3.VCからの資金調達額

    VC(ベンチャーキャピタル)からの資金調達額も、良いベンチャー企業を見極めるための重要なポイントです。

    なぜなら、VCからの資金調達額が高いということは、それだけ事業が成功する可能性が高いと見込まれている証拠だからです。投資家が成長を見込むような企業で働いた方が高収入が得られる可能性が高いからです。成長企業で働くと、結果として自分の成長も見込めます。

    ベンチャー企業のVCからの資金調達額はデータベースで調べることができるため、気になる企業があったらきちんと調べておきましょう。

    ベンチャー企業を選ぶ上で見落としがちな3つの点

    ベンチャー企業を選ぶ際に重視すべきことは、ビジネスを行っている業界や給与だけではありません。 その他にもきちんと見ておくべきことがあり、これらを見落とすと、転職してから後悔することになりかねません。 給料のような定量的な情報ばかり見ている人はたいていの場合、ベンチャー転職では痛い目を見ます。

    ということで、ベンチャー企業を選ぶ上で見落としがちな3つのポイントをご紹介します。

    1.その企業に勤めている人たちの人柄

    仕事でのストレスのうち、その多くは人間関係が原因で生じると言われています。

    ですから、その企業にはどんな人が勤めているか事前に知っておくことが大切です。職場を見学できるなら一番ですが、それができない事も多くありますので、それ以外でできる情報収集方法を模索しておきましょう。

    2.配属される部署の雰囲気

    どれだけ待遇が良くても、職場の雰囲気が良くないと働きづらいものです。部署によって雰囲気などが違う可能性もありますので、その部署で働いている人がどんな人たちなのかも知る機会があればなお良いと思います。

    3.そのほか、給料・福利厚生・勤務場所以外の定性情報

    それ以外にも社長のビジョンや企業風土など、テキストや求人情報だけでは分かりづらい情報を知っておく事は重要です。そう言った定性情報だけでは知り得ない情報を知る事がミスマッチを防ぐ為にとても役に立ちます。

    ベンチャー企業への転職を検討するならmoovyをチェックしよう

    ここまでベンチャー企業に関して様々なお話をさせていただきましたが、ベンチャー企業選びにはmoovyをご利用いただくのがおすすめです。なぜなら、moovyにはベンチャー企業を選ぶ上での様々なメリットがあるからです。では、moovyにはどんなメリットがあるのでしょうか。

    1.動画で会社の雰囲気など、サイトでわからない情報がわかる

    moovyは会社の情報だけでなく、動画で会社の雰囲気までわかるので、より気になる企業について深く知ることができます。

    企業の情報は、基本的にはHPや口コミサイトから得ることが多いと思いますが、これらはテキストを使って情報を共有するものです。 しかし、テキストだけでは伝わり切らない情報は多くあります。

    HPや口コミサイトからの情報収集も大切ですが、moovyを使って+αの情報を得た方が、より企業選びでのミスの可能性が低くなるでしょう。

    2.30秒と短尺だから、飽きずにいろいろな会社を探せる

    転職する企業を選ぶ際には、かなり多くの企業について調べなければいけないことがあります。moovyでは会社の情報や雰囲気を30秒で簡潔に紹介していますから、飽きずにサクサク色々な企業を知ることができます。

    3.縦動画だから、気になった時にスマホで簡単に見られる

    moovyの動画は縦動画なので、スマホで簡単に見ることができます。 転職活動は仕事の合間や休日に行うものですから、時間を作れずに苦労する事が多いです。

    それこそPCに向かって情報を調べるのは腰が重いですし、PCに向かえる状況や時間は限られています。 スマホであればデスクに向かわなくとも、通勤時やスキマ時間に気軽に見ることができるので、忙しい方は積極的に活用してください。

    20代でベンチャー転職は、自分に合った企業を見つけよう

    以上、20代でのベンチャー企業への転職についてお話させていただきました。 ベンチャー企業への転職は許容しなければいけないデメリットもありますが、その変わり様々なメリットが得られますので、むしろアリだと考えます。

    また、ベンチャー企業といっても実に多種多様ですので、今回ご紹介した企業選びのポイントを参考にして、自分に合った企業を見つけていただきたいです。 今回の記事が参考になれば幸いです。

    この記事を書いた人
    矢野口 聡

    東京農工大学卒業後、東京大学大学院にてバイオエンジニアリングを専攻。新卒で富士フイルム株式会社入社。ディスプレイ材料研究所にて要素研究から製品開発に従事。地域企業における持続的な発展や、経営課題の解決に取り組みたいという思いから、2020年ベンチャー企業である株式会社グローカル(https://www.glcl.co.jp/)へ転職。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表取締役 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画メディア「moovy」の運営
    • ・採用動画の企画・制作