30代で仕事を辞めたいと思ったら。その解消法と後悔しない思考法

# 転職

  • 30代で仕事を辞めても良いのかな?
  • 後悔しない選択をしたい!
  • このような悩みをお持ちではありませんか?

    30代で仕事を辞めたいと思い、辞める・辞めないで迷う人は多いでしょう。とは言え、選択を間違って後悔したくはありませんよね。

    そこで当記事では、30代で仕事を辞めたい人に向けて、「辞める・辞めない」の判断基準や、後悔しない選択をする方法について紹介します。

      この記事のまとめ

    • 今や転職者の平均年齢は31.7歳で30代での転職があたりまえになっている
    • 30代で仕事を辞めたいと思ったら、メリットデメリットを鑑み、転職という選択肢もアリ。とりあえず転職サイトに登録しておく
    • 転職を判断したら、自己分析を行い、企業の定性情報を確認した上で企業を選ぶ

    【結論】仕事を辞めたいと思ったら転職もアリ

    結論から言うと、仕事を辞めたいと思ったら「転職もアリ」です。
    転職情報サイト「doda」の調査によると、転職年齢の割合は以下の通りです。

    引用:転職成功者の平均年齢調査【最新版】(doda)

    上記データによると、2021年の転職者の平均年齢は31.7歳となっており、2021年は前年から若干下落しましたが、転職者の平均年齢は上昇傾向であることが分かります。

    つまり、昨今では転職成功者は30代以上が増えており、30代以上の転職は普通です。そのため、30代で仕事を辞めたいと思ったら、転職もアリだと言えます。

    転職を考える場合、こちらの記事を参考にすると良いでしょう。転職に関するノウハウが詰まっているためおすすめです。

    合わせて読みたい:【転職ノウハウ】転職に失敗しない為の10のチェックリスト!



    30代が仕事を辞めたいと思う理由とは?

    30代は家庭を持ったり、キャリアアップしたりと変化が多くある時期。それゆえ悩みも多くあります。例えば30代が仕事を辞めたいと思う理由は以下のようなものがあります。

    • 1.職場環境や待遇への不満
    • 2.スキルアップ・キャリアアップしたい
    • 3.ライフスタイルが変化し、現在の職場では将来が不安

    多くの悩みは職場、キャリア、家庭の3つに分類できます。それぞれ見ていきましょう。

    1.職場環境や待遇への不満

    30代が仕事を辞めたいと思う1つ目の理由は、職場環境への不満を抱くようになるです。

    なぜなら、20代のうちは若手社員として、何も考えず突っ走ってきた時期から、30代になり、社内や社外の状況を冷静に見ることができるようになるためです。

    ふとした瞬間に、「このままでいいのか?」と思うこともしばしば。時期的にも不満が溜まりやすい時期と言えます。

    たとえば、実力を評価される「成果主義」の会社で働きたいと思っていても、在籍する会社が「年功序列制」であれば、そもそも求めるものが異なります。

    また、社外に目を向けると、同年代とのキャリア差、生活水準の高さを比べてしまうことで、焦りや不安を抱いてしまいます。

    このように、30代だからこそ職場環境や待遇への不満が高まる理由があると言えます。

    2.スキルアップ・キャリアアップしたい

    30代が仕事を辞めたいと思う2つ目の理由は、スキルアップ、キャリアアップしたいと思うようになるからです。

    一定の経験を積み、それなりに結果や自信を付けてきた30代。自分の力を試してみたい!もっと裁量の大きい仕事がしたい!など、キャリアについての悩みが増える時期です。

    将来を見据えた際に必要な経験やスキルが身についているかも確認する必要がある時期でもあります。

    キャリアに関しての悩みが多いのは30代が顕著であると言えるでしょう。

    3.ライフスタイルが変化し、現在の職場では将来が不安

    30代が仕事を辞めたいと思う3つ目の理由は、ライフスタイルの変化により、現職に不安が生じる可能性があるからです。

    独り身の時はそこまで深く考えてこなかったとしても、結婚し、子供を持つと、今後の将来を真剣に考えるのは当然のこと。

    そのため、現状のまま働き続けることで、将来に不安を覚える場合には、退職という考えが頭をよぎります。

    このようにライフスタイルの変化が多い、30代にとって、将来を考えた際に現状では不安と思うことがあるのです。

    30代の「辞める・辞めない」の判断基準とは?

    エンジニア不足数グラフ

    30代で仕事を辞めたいと思ったときに、「辞める・辞めない」の判断基準は、どのようにするべきなのでしょうか。 前述した悩みに照らし合わせて確認していきましょう。

    1.今の環境を手放す価値があるか?

    「辞める・辞めない」に対する1つ目の判断基準は、今の環境を手放す価値があるか?です。

    辞めたいと思う会社であっても、メリットは必ず存在します。

      ~メリットの例~

    • ・給与が良いので、金銭面で困らない
    • ・残業が少ないので、プライベートの時間を確保しやすい
    • ・大手企業のブランド力がある

    このような「メリット」を失うことで生じる「デメリット」と、転職によって得られる「メリット」を天秤にかけ、転職する価値があるかを考えてみましょう。

    転職することによる「メリット」が大きいのであれば、辞めても良いと言えます。

    2.自分の軸が整理できているか?

    「辞める・辞めない」に対する2つ目の判断基準は、自分の軸が整理できているか?です。

    仕事をするうえで、周囲の評価や顔色などに関係なく「こうしたい!」という軸があるかを考えてみましょう。

    軸がない人はもちろん、軸の内容がふわっとした状態であれば、まだ辞めるべきではありません。

      ~軸がふわっとした状態の例~

    • (例1)良い環境で働きたい →自分にとって「良い環境とはなにか?」を突き詰める必要があります。 実力を試せる環境が「良い環境」である人もいれば、マイペースに仕事ができる環境を「良い環境」だと捉える人もいるでしょう。
    • (例2)ステップアップしたい →なにをもって「ステップアップした」と言えるかを、詳しく掘り下げる必要があります。営業成績をあげることが「ステップアップ」を意味する人もいれば、他職種へ転向することが「ステップアップ」を意味する人もいるでしょう。

    自分の軸を考える方法を詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になりますので、気になる方はご覧ください。

    合わせて読みたい:転職で重要な「仕事選びの軸」の決め方5選|もう妥協しない!



    3.現職を続けることで、望みを叶えられるか?

    「辞める・辞めない」に対する3つ目の判断基準は、現職を続けることで望みを叶えられるか?です。

    辞めたいと思うからには、必ず懸念点が存在します。

    懸念点を突き詰めると、「自分はこうしたい」という望みに結びつきます。現職を続けることでその望みは叶うかを考えてみましょう。

    叶う方法がある場合には、まだ辞めるべきではありません。一方、叶う方法がないのであれば、辞めたうえで、望みが叶う企業に転職すべきだと言えます。

    会社選びの方法を知りたい方はこちらの記事が参考になりますので、気になる方はご覧ください。

    合わせて読みたい:転職先を選ぶ方法を徹底解説!会社名やブランドで選ぶと失敗します!



    30代で転職を後悔しない方法とは?

    30代で転職を後悔しないためにはどんな考えで、どのように転職活動を行えばいいのでしょうか。詳しく解説します。

    1.しっかり自己分析をする

    30代で転職を後悔しない1つ目の方法は、自己分析をすることです。

    前述の通り、辞める・辞めないを考えるうえで、自分の軸が整理できているか?は重要だと言えます。整理できていない場合には、自己分析が必要です。

    自己分析には「Will-Can-Must」のフレームワークが有効です。

    • Will:やりたい事
    • Can:できる事
    • Must:やるべき事

    に分けて整理し、自分の考えを客観的に見ることができます。

    詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

    合わせて読みたい:転職の自己分析で有効な「Will-Can-Must」を徹底解説



    辞める・辞めないのどちらのパターンであっても、自己分析をすることで、前に進める方法が見つかります。

    • Aさん:残業が多いと、プライベートの時間を確保できないから辛い
    • Bさん:残業に抵抗はないものの、合わない人間関係のなかで多くの残業をすると辛い

    Aさんであれば、プライベートの時間を重視しているため、残業が少ない職場でプライベートの時間を確保すると悩みが解決されます。

    Bさんのケースでは、そもそも人間関係が合わないため、残業時間を減らしても悩みは残ります。残業時間は問わず、Bさんの性格に合った会社を探すことで、悩みが解決されるでしょう。

    2.キャリアップ・スキルアップできる会社を選ぶ

    30代で転職を後悔しない2つ目の方法は、キャリアアップ・スキルアップできる会社を選ぶことです。

    30代では「自分の実力で勝負して見たい」、「より裁量の大きい仕事がしたい」と考える人も多く見受けられます。

    自分が将来どのような役割を担っていたいのかを見据えた上で、足りないスキルや経験を鑑み、選択する。

    そうすることで後悔のない転職を行うことができます。ポイントは「将来どんな役割を担いたいか」です。逆算思考で考えることです。

    30代はまだまだ伸びしろもあり、30代をどう過ごすかで今後のキャリアを大きく左右します。

    一つの選択肢として、ベンチャー企業があります。ベンチャー企業での経験はその後、大手企業に行くにしろ、他のベンチャー企業に行くにしろ、大きな経験となるでしょう。

    キャリアアップ、スキルアップをしたいと考える30代にはおすすめできます。

    ベンチャー企業についてまとめたものが以下の記事です。気になる方はご覧ください。

    合わせて読みたい:【業界研究】決定版!スタートアップ・ベンチャー企業とは何か?



    3.定性情報をチェックする

    30代で転職を後悔しない3つ目の方法は、定性情報をチェックすることです。

    待遇や業務内容といった「条件が合う転職先」があっても、最終的には「人間関係」や「職場環境」が合うことで、快適かつ長く続けられます。

    そのため、人間関係や職場環境などの「定性情報」もチェックしたうえで、転職をすることが大切です。

    定性情報は、以下のような方法で調べられます。

    • ・実際に職場を見学する
    • ・会社説明会への出席
    • ・採用動画のチェック

    昨今では接触を控える時代背景から、職場見学や会社説明会の開催は減っています。そのため、採用動画であれば確実です。

    定性情報の取得には、よりリアルな現場の雰囲気を発信している動画がおすすめです。例えば以下のような採用動画を見ると良いでしょう。



    30代で仕事を辞めたいと思い、選択を後悔したくないひとへ

    30代で仕事を辞めたいと思い、選択を後悔したくない場合には、「辞める・辞めない」の判断基準をもとに、進退を判断する必要があります。

    辞めるという選択に至ったら、希望に合いそうな会社を選んだうえで、最終的には定性情報をチェックしましょう。

    定性情報のチェックには、採用動画がオススメです。

    採用動画moovyは、700本以上の動画を掲載する採用動画プラットフォームです。

    ベンチャー企業を主軸に扱い、これからの日本を担うさまざまな会社の特徴を的確に紹介しています。的確に紹介できる理由は、既存社員へのインタビュー動画や、オフィス環境などの情報を多数掲載しているからです。

    30代で仕事を辞めたいと思い、選択を後悔したくない人は、ぜひ一度moovyをお試しください。

    今林 智宏
    この記事を書いた人
    今林 智宏

    国立大学を卒業後、大手サービス企業に入社し、店長を歴任。チームマネジメントやマーケティング業務を経験。在籍中は、現場社員として数多くの学生・転職者の面接官も行う。退職後、スタートアップ企業にて、フロントエンドのシステム開発に加え、カスタマーサクセスやマーケティングを担当し、企業の採用や広告支援に関わる。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表取締役 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
    • ・採用動画の企画・制作