【コピペ可】注目度アップ!カスタマーサクセスの自己PR例文!

# 転職 # カスタマーサクセス

このような疑問はありませんか。

  • 営業からカスタマーサクセスに転職したいけど、自己PRが思い浮かばない
  • カスタマーサクセスに求められる要素を知りたい
  • 顧客に深く入り込み、サービスの成長に大きく貢献できることが魅力で、「SaaS」業界を中心に、近年注目を浴びているカスタマーサクセス職。未経験で転職を目指す方も多いのではないでしょうか。

    そこで、転職エージェントとして多くの転職希望者の自己PR文を添削してきた筆者がすぐに使える例文を用いて解説します。

    当記事を読むことで、カスタマーサクセスの自己PRが書けないという悩みが少しでも解決されればと思います。ぜひ最後まで読んでいってください。

    【30秒動画で会社の雰囲気を知る!】
    ベンチャー転職を検討しているならmoovy
    ベンチャー企業を探すならmoovy

    自己PRを書く上で理解したいカスタマーサクセスという職種

    自己PRを書くには、カスタマーサクセスという職種について理解を深めた上で、自身の経験や強みを活かせそうな点はどこか、明確にすることが重要です。

    まずはカスタマーサクセスとは何か、仕事内容はどんなものか解説していきます。

    1.カスタマーサクセスとは?

    まず、カスタマーサクセスの自己PRを作成する上で、重要なことが、カスタマーサクセスについて、勉強し、理解を深めておく必要があります。

    カスタマーサクセスとカスタマーサポートの違いであったり、カスタマーサクセスの目的などしっかり基本的な部分は抑えておきましょう。 カスタマーサクセスについて、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。→ カスタマーサクセスに転職する為に必要な事とは?職種変更でも可能?

    合わせて読みたい:カスタマーサクセスに転職する為に必要な事とは?職種変更でも可能?



    また、動画で見るのもカスタマーサクセスを知る上で、いい方法です。
    気になる方はこちらの動画もぜひご覧ください。



    2.カスタマーサクセスの仕事内容

    カスタマーサクセスの仕事は担当する顧客のフェーズに合わせて、大きく4つに分かれます。

    1.オンボーディング

    オンボーディングとは、船に乗る(=on-boarding)から生まれた言葉です。顧客が契約をして間もない時期に、スムーズに自社サービスを使ってもらえるよう、サービスの利用方法を説明したり、機能の理解を深めるためのサポートを行います。

    2.アダプション

    オンボーディングがうまく進んだ顧客に対し、更なる活用方法を提案し、よりサービスの価値を感じてもらうことで利用率の向上・定着化を目指します。サービスの利用率やログイン回数を指標に活動します。

    3.プロダクトフィードバック

    プロダクトフィードバックは日本語で、製品(=プロダクト)の軌道修正(=フィードバック)を意味します。顧客と接するうちに出てきた自社サービスの課題や要望を、製品開発チームへ伝え、より良いサービスになるよう改善を目指します。

    4.エクスパンション

    エクスパンション(Expansion)は拡張を意味します。アダプションで自社サービスに価値を認識してもらえるとアップセルやクロスセルなどによって、契約済みの顧客から追加の発注をいただくことが見込めます。

    カスタマーサクセスの仕事内容についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事でも解説しています。ぜひ併せてお読みいただき、さらに理解を深めてくださいね。

    合わせて読みたい:現役社員が徹底解説!カスタマーサクセスの仕事内容の真実



    カスタマーサクセスの自己PRを書く際のポイント

    つづいて、自己PRを書く際のポイントについて解説します。 以下、3つのステップで作成を進めるとスムーズです。

    • 1.自身のキャリア・強みを棚卸する
    • 2.企業の求める人物像を明確にする
    • 3.自己PR文を作成する

    各項目を詳しく解説していきます。

    1.自身のキャリア・強みを棚卸する

    まずは自身のキャリア・強みの棚卸です。 自己PRに書けるポイントを用意するため、これまで行ってきた業務を全て洗い出してみましょう。

    仕事内容と実績を時系列で書き出し、こだわった点や工夫、成果を書いていきます。実績については「具体的な数値」で示すと、より応募先に伝わりやすくなります。

    洗い出しが終わったら、それぞれの仕事で共通してこだわっていた点ややりがいを感じていた点、周囲から評価されていた点をあげていき、自身の強みを明確にしていきましょう。

    特にカスタマーサクセスの仕事では、顧客に深く入り込むための「関係構築力」や「積極性」、顧客の課題を明確にするための「分析力」や「課題発見力」、顧客を成功に導くための「提案力」や「目標達成意欲」などの点が重要視されています。こういった点を意識して、た強みをあげていくとよいでしょう。

    2.企業の求める人物像を明確にする

    次に応募先企業の求人情報から、企業の求める人物像を明確にしていきましょう。

    採用ページや求人票に記載のある企業のビジョンやカルチャー、フィットする人物像を確認し、1.で洗い出した自分の強みとあてはまる部分を更に洗い出していきます。

    また、すでに活躍している社員の仕事のやりがいや入社理由なども、求める人物像を理解するためには非常に役立ちます。

    moovyでは30秒の動画で実際にカスタマーサクセスとして働く方々の生のインタビューを掲載しています。ぜひ動画を見て、参考にしてください。



    3.自己PR文を作成する

    自身の強みと企業の求める人物像を洗い出せたら、実際に自己PR文を書いていきましょう。以下の流れでポイントを押さえて書いていくとよいでしょう。

    • 1.自身の強みや仕事において大事にしていること
    • 2.強みを裏付ける具体的な行動
    • 3.行動を踏まえた実績や成果
    • 4.応募先企業でどのように活躍していきたいか

    この4つの点を押さえると、採用担当者にとって説得力のある自己PR文となります。それでは次の章で、例文を見ていきましょう。

    コピペ流用可!カスタマーサクセスの自己PR例文

    つづいて、コピペですぐに使えるカスタマーサクセスの自己PR例文を3つご紹介していきます。

    ここでは、大手広告代理店の営業から、カスタマーサクセスに転職をするという想定でご紹介していきます。自分なりのアレンジを加えて、自己PR文を作ってみてください。

    1.提案力を強みとする例文

    1つ目は提案力を強みとした例文です。提案力を具体的に掘り下げ、それがどう結果に結びついたか説明されています。

    (1.自身の強みや仕事において大事にしていること)

    私の強みは提案力です。

    (2.強みを裏付ける具体的な行動)

    現職のWeb広告代理店の営業では、クライアントに寄り添ったわかりやすい提案に定評があります。

    クライアントと密にコミュニケーションをとり、広告運用に関するニーズや現在抱えている課題、予算感やスケジュール感などを丁寧に聞き出します。そして、どのようにニーズに沿って課題を解決できるかを熟考し、提案内容を組み立てています。

    提案する際には、客観的なデータや図表を用いながら、クライアントに合わせたわかりやすい言葉で伝えることを心がけています。

    さらに都度、疑問点や懸念点がないか確認しながら進めることで、提案内容とお客様の期待のギャップを埋めていきます。

    (3.行動を踏まえた実績や成果)

    その結果、今年度は5社の新規顧客の獲得。既存顧客に対しては運用改善提案により売上金額が平均して前年度比10%UPを達成。

    チームの売上に大きく貢献しました。お客様からも「成果が出るようになった」とお喜びの声をいただいています。

    (4.応募先企業でどのように活躍していきたいか)

    この経験を活かし、今後はより深く長く顧客と関わっていくカスタマーサクセスとして、貴社に貢献していきたいと考えます。

    2.目標達成意欲を強みとする例文

    2つ目は目標達成意欲を強みとする例文です。先述の例と比べると、個人の取り組み姿勢にフォーカスした内容です。

    自身の仕事に対する姿勢や想いの部分をアピールしたい場合に有効です。

    (1.自身の強みや仕事において大事にしていること)

    私はこれまで常に高い目標達成意欲をもって、業務に取り組んできました。

    (2.強みを裏付ける具体的な行動)

    営業として売上目標の達成だけでなく、顧客満足度を高めて継続してお取引をいただくことが重要と考え、行動してきました。

    現職ではECサイト業界を担当しており、私の営業活動によって顧客の売上が上がることが顧客満足だと捉えています。

    そのために、こまめに顧客にWeb広告の最新手法やトレンドなどの情報提供をすることで信頼関係を構築し、経営課題、将来的な目標を聞くようにしていました。

    〇〇社というアパレルのお客様では、「オシャレを全ての人に」という社長の夢に共感しました。

    〇〇社はその夢の実現に向け「5年以内に顧客会員数○名、売上10億円」という目標を掲げていました。

    達成するためにはどのようにすればよいか担当者と何度もミーティングを重ね、中長期的な視点で戦略を提案することができました。

    (3.行動を踏まえた実績や成果)

    その結果、顧客の売上は3年間で30%増。成長に比例して顧客会員数、受注金額も上がり、昨年度は全社のMVPとして表彰されました。

    (4.応募先企業でどのように活躍していきたいか)

    この経験を活かして、顧客の目的達成を第一に考えるカスタマーサクセスとして、貴社顧客のパートナーとなり、伴走していきたいです。

    3.関係構築力を強みとする例文

    3つ目は関係構築力を強みとする例文です。

    (1.自身の強みや仕事において大事にしていること)

    私は顧客との信頼関係構築を得意としています。

    (2.強みを裏付ける具体的な行動)

    現職のWeb広告代理店の営業では、主に新規クライアント開拓を担当しております。新規営業では、初回訪問時に価値を感じていただくことが重要と考え、行動してきました。

    具体的には事前のヒアリングやお客様に関する情報収集を綿密に行い、置かれている状況や求められていることに仮説を立て、お客様1社1社に合わせた情報提供や提案を行ってきました。

    その結果、お客様から「〇〇さんの話を聞いてよかった。」と言っていただけることが多く、信頼いただくことで、お悩みや課題を詳しくお話いただけるようになりました。

    (3.行動を踏まえた実績や成果)

    こういった行動により、商談後の決定率は60%を超えるようになり、毎月コンスタントに5社の新規クライアントを受注し、社内での新規開拓数TOP3を2年間維持しております。

    (4.応募先企業でどのように活躍していきたいか)

    今後は、この経験を活かし、より1社1社のお客様と深く長く向き合えるカスタマーサクセスとして、貴社顧客と関係を築いていきたいです。

    いかがでしたでしょうか?このように分解して書いていくと頭が整理されていくのでおすすめです。

    今回はカスタマーサクセスのPR文について解説しました。もしベンチャー企業への転職を考えている方はこちらの志望動機の書き方も参考になるかと思います。ぜひご覧ください。
    合わせて読みたい:一般的ではダメ⁉︎ベンチャーの志望動機の書き方|ベンチャー担当者が解説


    カスタマーサクセスの自己PRを作る上で重要なことは?

    最後にカスタマーサクセスに応募する際の自己PRPRを作成する上で、重要なことをお伝えします。

    それは、すでにカスタマーサクセスとして働いている方のやりがいや入社理由などを参考にするというものです。

    moovyは30秒の動画で構成されている求人動画サイト。

    テキストだけの求人情報だけでなく、実際に働いている人と会社の雰囲気など、テキストではわからない情報まで知ることができます。

    「SaaS」企業の求人が多く、カスタマーサクセスとして働く人の動画が多数掲載されています。

    今まさに、カスタマーサクセスへの転職をしているあなたへ。

    まずは1本、動画を見てみてください。 テキスト中心の求人サイトでは知ることができなかった、新しい発見があるはずです。

    何かお探しですか?

    ×
    メニューを選ぶ

    ご用件をお選びください

    求人動画を探す 掲載企業を探す
      moovyホームへ    

    もどる

        
    この記事を書いた人
    大谷 亜由美

    新卒で大手広告会社にて営業として入社。その後、系列の大手転職エージェントに配属され、300名以上の転職実現をサポート。多くの転職者へ応募書類の添削や面接アドバイスを行なってきた。 現在は念願だったIT企業のマーケティング職に転職を果たし、これまでのキャリア、人材×マーケティングをフルに活かして活動中。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表取締役 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
    • ・採用動画の企画・制作