【事例あり】Webマーケターのキャリアプラン5つを解説|あなたはどれにする?

# 転職 # Webマーケティング

  • Webマーケターに興味があるけど、キャリアプランって実際どうなの?
  • Webマーケターは将来性はいいのかなぁ?
  • このような疑問を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    現在急成長のWebマーケティング業界。Webマーケティング業界で働くためには様々なスキルが必要になることからも、自己成長したい人におすすめの業界です。

    とはいえ、「Webマーケティング業界で働くと、どのようなキャリアプランを描けるの?」という疑問を抱えている人も少なくないはずです。

    そこで本記事では、Webマーケティングのキャリアプランについて説明していきます。現役Webマーケターのキャリアパスについても紹介しますので参考にしてみて下さい。

    Webマーケティングは将来性のある業界

    「テレビ離れ」について指摘されることは今日において少なくありません。若年層はテレビよりもスマホから情報を得ることを好む傾向にあり、ミドル層以上の世代についてもスマホのニーズが高まっています。

    こうした事情から、多くの企業がテレビや広告チラシよりも、Webサイトに広告を出稿することを検討しています。(以下データ参照)

    日本の広告費推移データ 出所:Knowledge & Data - 電通ウェブサイト | moovy編集部作成
    Web社会といわれる昨今、Webマーケティング業界は急成長しており、Webマーケティングで起業する人や、Webマーケターに転職したいと考える人も増えています。

    日本を含め世界各国で、Web関連のモノは将来的にさらに普及すると見込まれています。

    Webマーケティングは現在急成長中ですが、今後も成長し続けることに加え、将来性があるという見方をされることがほとんどです。

    急成長の最中にあるWebマーケティング業界に入り、実績を積み上げていくことで、将来的に重要なポジションに就ける見込みも十分あると考えられます。

    そんな気になるWebマーケティングで働く方にインタビューした動画があります。実際に働く人の話は参考になると思いますので、ぜひご覧ください。



    未経験からWebマーケティング業界に入る方法

    Webマーケティング業界には異業種からの転職も可能です。新卒の場合はスキルなしの状態で採用されることがほとんどですが、転職の場合はスキルや即戦力が求められることも少なくないでしょう。

    Webマーケティング業界で働きたいと思ったら、以下のスキルを習得することをおすすめします。

    • ・マーケティングの基礎知識
    • ・SEO(内部対策、外部対策、コンテンツ)
    • ・プログラミング(HTMLやCSSなど基礎的な知識)
    • ・アクセス解析(Googleアナリティクスの使い方や分析方法)
    • ・Webライティング

    転職の時点でこれら全てのスキルを求められることは基本的にありませんが、どれか一つでもスキルがあれば、採用面接時に有利になるはずです。

    「Webマーケティング業界に転職したい」という思いのある人は、こちらの記事もおすすめです。
    合わせて読みたい:コピペ流用可能!未経験からマーケターを目指す自己PR例文!



    Webマーケティングのキャリアプラン5選

    Webマーケティング業界に興味のある人の中には、「Webマーケターのキャリアプランってどんなかんじ?」「Webマーケターとして転職したら、将来的にどのような働き方ができるの?」といった疑問を抱えている人もいるでしょう。

    そこでここでは以下の5つのキャリアプランをご紹介します。

    • 1.自社内でキャリアアップを目指す
    • 2.事業会社に転職
    • 3.Webマーケティングコンサルタントに転職
    • 4.フリーランス・経営者(起業)
    • 5.会社員をしながら副業

    Webマーケターとして働きたい人や、Webマーケターとして働く中でキャリアプランに悩みを抱えている人は参考にしてみて下さい。

    1.自社内でキャリアアップを目指す

    自社内でのキャリアアップはWebマーケティング業界における最もベターなキャリアプランといえるかもしれません。いわゆる「インハウス」自社でマーケティングを行う部署があるパターンです。

    入社して間もない時期は任せてもらえる仕事は限られており、上司の指揮下で仕事を行います。実績を増やし、できる仕事を増やしていけば、任される仕事の範囲が広がるだけでなく、部下の教育を担当することもあるでしょう。

    また、未経験から入社しても日々の努力や勉強によって、経験を積んで、実績を残すことができれば、数年で経営層までキャリアアップする人もいます。

    ただし、Webマーケティング業界は新鋭で意欲的な人が多く、競争が激しいことも事実です。そのため、社内で管理職に就くためにはWebマーケティングのスキルのほか、マネジメントスキル、人間力も必要になります。

    Web制作会社に入社した当初の年収は350万円程度といわれています。マネジメント的立場になれば、500万円以上の年収も期待できます。

    2.事業会社に転職

    Webマーケターとして実績を積んだ人の中には、事業会社で最高マーケティング責任者になる人もいます。

    事業会社でWebマーケターとして働く場合、企業のマーケティング部などに所属してWebマーケティングなどに主に携わります。自社製品、及び自社サービスの宣伝や広報活動に従事します。

    マーケティング責任者になるには高いスキルが求められますが、事業会社の多くがWebマーケターの不足に悩んでいます。そのため、求人自体は多くあるといえるでしょう。

    事業会社に転職した場合の年収は約400万~1,000万円と幅広いです。

    3.Webマーケティングコンサルタントに転職

    Webマーケターとして高い成果を出すことができれば、コンサルタントとして働くこともできます。

    WebマーケティングコンサルタントはWebサイト、Webサービスを用いて、クライアントの利益をアップさせるための施策を提案する仕事です。クライアントには法人のみならず、個人事業主も含まれます。

    また、WebマーケティングにはYouTube、Twitter、InstagramなどのSNSマーケティングを始め、コンテンツマーケティング、Web制作など、いくつかの種類があります。

    全分野についてノウハウを広く浅く理解しているというよりも、一つの分野についての深い知識のあるコンサルタントもしくは2つ以上の得意分野があるコンサルタントの方が高いニーズがあります。

    Webマーケティングコンサルタントの年収は約600万~700万円が相場です。大企業であれば1,000万円前後の年収も期待できます。

    4.フリーランス・経営者(起業)

    Webマーケティングの高いスキルがある人は独立して働くこともできます。企業や公的機関に属せずフリーランスとして働くことや、法人化して起業することも可能です。

    Webマーケティングはパソコン一台あればできる仕事のため、フリーランスや起業との相性も非常によいです。フリーのWebマーケターとして生活費を継続的に稼ぐことは容易ではありません。

    しかし、子育てや介護との両立が必要になった場合や、ライフワークバランスを重視した働き方を求めるようになった場合には、フリーランスという働き方もおすすめです。

    独立して働く場合、年収に仕事量やスキルが直接的に反映されるでしょう。仕事があまりないWebマーケターがいる一方、サラリーマン時代の年収の数倍稼ぐ人もいます。

    5.会社員をしながら副業

    Webマーケティングは副業、及び複業との相性もよいです。在籍している企業で副業が認められているのであれば、Webマーケティングの副業をしてもよいでしょう。

    副業をすれば会社員としての安定した立場を維持しながら、年収がアップし、余剰資金が増えるのでおすすめです。ただし、会社員をしながら、副業をすることは体力的にも精神的にも厳しいものです。

    また、Webマーケターはクライアントと直接打ち合わせを行うことも求められる仕事のため、企業をクライアントとする場合には平日の日中に打ち合わせを要されるケースもあるかもしれません。

    Webマーケターの副業をする場合、会社員の給与にプラスして副業収入を得られます。副業でWebマーケターをしている人の多くが、5万~10万円の副業収入を得ているといわれています。

    Webマーケターのキャリアパスの実例を紹介

    前述したように、Webマーケティングには複数のキャリアパスがあり、キャリアを自身の適性に合わせて選択できます。

    ここでは、実際にWebマーケターとして働く二名のキャリアパスを紹介していきます。

    30代Aさん(女性)の例

    Aさんは新卒でアパレル企業に入社し、店舗スタッフとして働いていました。仕事において店舗紹介や集客を目的にSNS投稿を行う中で、Webマーケティングに興味をもちました。

    Webマーケティング業界に入社する前は仕事に活かせるスキルはありませんでしたが、高い意欲やコミュニケーションスキルが認められて、Web系の制作会社に採用されました。

    Webマーケティングに関する勉強をしつつ、様々な企業のWebマーケティングに携わりましたが、育児と仕事を両立するためにフリーランスに転身。

    フリーのWebマーケターとしてアパレル系のWebメディアやSNSを担当しています。

    20代Bさん(男性)の例

    Bさんは大学在学中からWeb制作や、Webマーケティングに興味をもっており、Web制作会社でのインターン経験もあります。新卒でWeb制作会社に入社し、Webマーケターとしてのスキルを磨いていきます。

    Webマーケティング職とBさんとの相性がよいこともあり、BさんはWebマーケターとして多くの案件に携わります。

    30歳を前に「もっといろいろなことにチャレンジしたい」「会社経営に興味がある」といった思いから、Webマーケティング系の会社を起業。会社規模は小さいものの、経営状況は安定しています。

    Webマーケターとしてキャリアアップするための方法

    ここまで説明したように、Webマーケターは様々なキャリアプランを描くことができます。しかし、Webマーケターとして成長するためには努力も必要です。

    以下、Webマーケターとしてキャリアアップするための方法を紹介していきます。

    1.実績をつくる

    「Webマーケターとして起業したい」「Webマーケターとして、大手メディアに携わりたい」といった思いをすでに持っている人もいるでしょう。

    Webマーケターとして主体的に働けるようになるためには、実績があることが大前提です。特に実績には敏感に反応する業界なので、自身の履歴書になるような具体的な実績があると有利です。例えば、

    • ・〇〇というメディアを半年でPV数を5倍にした。
    • ・広告運用で、CPAを1/2にして、売上を2倍にした。
    • ・〇〇という有名企業のホームページを手掛けた。

    などです。Webマーケティングは目に見える資格や、スキルが分かりづらいので、数値実績が非常に有利になります。

    はじめのうちは思い描いていた業務との相違を感じることもあるかもしれませんが、できることを増やし、実績を積み上げていくことが重要です。

    2.専門分野を複数持つ

    Webマーケターと一口でいっても、WebサイトやSNSなど様々な分野があります。自分が得意とする分野をつくることをおすすめします。

    スキルにおいても他の人よりも秀でたものがあると、自身をブランディングしやすくなります。もしくは得意なものを2つ以上身に付けることもおすすめです。

    例えば、「SEO✖︎プログラミング」、「広告✖︎映像編集」などです。2つの得意分野が掛け合わさる事で、より高度なマーケティングができる可能性が高くなります。

    3.日々の学習を怠らない

    Web業界には日々新しいモノが出てきています。また、変化も速い業界のため、身につけた知識やスキルが古くなり、役に立たなくなることも珍しくありません。

    最新の情報を常に把握し、社会の変化に敏感なWebマーケターは、クライアントにとって高い価値があるでしょう。

    Webマーケティング業界への転職を考えているあなたへ

    Webマーケティング業界は比較的新しい業界で、20代や30代などの若い世代も多いです。そのため、キャリアプランを描きにくかったり、自身のキャリアプランにおけるモデルが見つかりにくかったりという問題もあります。

    しかし、多くの消費者の関心がテレビ、雑誌からWebサイト、SNSに移行していることからも、Webマーケティングは今後さらに成長すると見込まれており、将来性のある業界と見做されています。

    「Webマーケティング業界で働く人について知りたい」「Webマーケティング職に就く人の話を直接聞いてみたい」という人には、求人動画プラットフォームのmoovyがおすすめです。

    moovyには以下のような特徴があります。

    • 1.テキスト情報だけでは分からない、リアルな情報を30秒の短尺縦型動画で確認できる
    • 2.厳選されたスタートアップ・ベンチャー企業の情報が多く載っている
    • 3.厳選された企業しか載っていないから無駄なスカウトややり取りが少ない

    このような特徴があり、Webマーケティングに関する動画が多数掲載されています。企業の内情や事業内容を把握する上でも、とても有益な情報を得ることができます。

    動画視聴にあたって登録や料金は不要。各動画は約30秒と短時間のため、気に入った動画を手軽に視聴できるのでぜひお試しください。

    高橋 圭佑
    この記事を書いた人
    高橋 圭佑

    東京生まれ東京育ちの24歳。現在は社員10人規模のベンチャー企業にてマーケターとして勤務。前職はマコなり社長が経営する株式会社divにて新規事業開発を担当。早稲田大学在学時には、LINE株式会社のBLOGOS編集部にて勤務していた経験や、ブログサイトを立ち上げ2年近くで月間80万PVまでグロースした経験を持つ。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表取締役 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
    • ・採用動画の企画・制作