デジタルマーケティングの転職で失敗しないポイントとは?

#転職 #仕事内容

  • デジタルマーケティングに転職を考えているが、転職市場の需要がわからない
  • デジタルマーケティングに興味があるけれど、仕事内容の実態がわからない
  • 日々、同じ仕事を繰り返すだけで成長を感じない
  • このような疑問やお悩みはありませんか。

    近年、企業のDX機運の高まりにより、デジタルマーケティングに興味がある方も多いのではないでしょうか。

    しかし、実際に転職するとなるとわからない点が多く、失敗のリスクを考えてしまいますよね。

    そこで当記事では、「デジタルマーケティングの転職で失敗しないポイント」について解説します。

    デジタルマーケティングへの転職に関して、役立つ情報を紹介するので、ぜひ最後までチェックして下さい。

    【30秒動画で会社の雰囲気を知る!】
    ベンチャー転職を検討しているならmoovy
    ベンチャー企業を探すならmoovy

    デジタルマーケティングとは?

    まずは、デジタルマーケティングについて解説します。デジタルマーケティングとは、「あらゆるデジタルテクノロジーを駆使して行うマーケティング」です。

    具体的には、

    • ・Webサイトの最適化や検索エンジンによるサイト集客
    • ・MAを使った見込み顧客の育成やマネジメント
    • ・メールやSNSを利用した顧客とのオンラインコミュニケーション
    • ・リアル店舗とオンラインのユーザ行動を組み合わせた分析
    • などなど

    簡単に言うと、オンライン上で行われるマーケティング活動全般のことです。

    この項では、以下の観点からデジタルマーケティングを見ていきます。

    • 1.デジタルマーケティングの歴史
    • 2.デジタルマーケティングの業務内容
    • 3.デジタルマーケターの気になる年収

    それでは、それぞれについて詳しく解説します。

    1.デジタルマーケティングの歴史

    デジタルマーケティングが大きく成長したのは、2000年代頃からです。 2000年代にはブログが急速に発達し、FacebookやTwitterなど現在も圧倒的な利用者数を誇るSNSが誕生しています。

    それにより企業と消費者の双方向のコミュニケーションが始まりました。 またインターネットの利用者が爆発的に増加したことでECサイトを使ったネットショッピングや、購入前に製品情報をインターネットで調べるといった行動が消費者に浸透しました。

    これにより口コミや検索エンジンの最適化が求められるようになりました。 2010年代にはスマートフォンが多くの人に広がり、消費者にとってインターネットはより身近になりました。

    そのため、デジタルマーケティングも多様な端末を意識した販促やプロモーションが必要となっていきました。 このようにデジタルマーケティングはITの進化により、日夜新しい手法が生まれています。

    時代に合わせて新しい手法を取り入れながら、最適な情報を消費者に届けていくことがデジタルマーケティングのミッションです。



    2.デジタルマーケティングの業務内容

    デジタルマーケティングの業務内容は、業種・業態によって大きく異なります。

    転職にあたってはどの業種を選択するかによって業務内容や得られるスキルも異なります。 ここでは代表的な3つの業態を例として挙げます。自分のキャリアイメージに合った業種・業態を選びましょう。

    ・事業会社

    事業会社では自社が持っている事業やサービスの売上拡大・認知度向上のために、デジタルマーケティングを活用します。

    自社の事業やサービスを売り込むため、やりがいが大きく、成果に対するプレッシャーは他の2業態よりも低いです。

    この場合、未経験で応募できる求人はほとんどないと言っていいでしょう。社内の営業などを経験してから異動するケースか、経験者を中途採用するケースがほとんどです。

    ・メディア会社

    インターネット広告を出稿したい企業(広告主)に、自社のメディアを使用した広告を企画・立案し、広告枠を販売・提供します。

    広告を出稿したい企業が直接販売するケースは多くなく、ほとんどが広告枠の代理販売やクリエイティブディレクションを行う広告代理店が間に入ります。

    また、各媒体の広告枠をまとめて仕入れて広告主に複数の媒体から最適な媒体を提案するメディアレップといった業態もあります。

    いわゆるマーケターのイメージはこちらの方が多いのではないでしょうか。

    ・コンサルティング会社

    自社の事業やサービスを持たず、ノウハウや知識を販売するコンサルティング会社。

    その業務は専門性が高く、スペシャリストとしての知識とスキルを求められます。

    検索エンジンの最適化やコンテンツマーケティングのコンサルティングによってサイト流入を増やすSEOコンサルティング。

    出稿媒体の設定や分析、広告運用までを行う、WEBコンサルティング。
    クライアントのデジタルマーケティング全体の戦略を提案し支援するコンサルティング。

    などなど、高額なコンサルフィーの代わりに結果が求められるため、プレッシャーが大きい仕事になります。



    3.デジタルマーケターの年収

    出典:求人ボックス

    次に、デジタルマーケティング職の平均年収についてです。求人ボックス2021年9月のデータによると、平均年収は約599万円です。日本の平均年収と比較すると高い傾向にあります。

    しかし、全体の給与幅としては385〜1,075万円と比較的広いため、勤務先や経験・求められるスキルによっても大きな差があると見受けられます。

    コロナの流れも追い風となり、ECやSaaSなどのインターネットサービスの需要増加はもちろん、対面でのコミュニケーションが難しくなった今、デジタルマーケティングは需要が高まっています。

    特に経験者においては引く手あまたのため、必然的に年収も上がっています。また、デジタルマーケターとして実績を積んでいくことができれば、より年収の高い戦略コンサルタントというキャリアパスも考えることができるでしょう。

    デジタルマーケティングの転職市場環境

    つづいて、デジタルマーケティングの転職市場環境について解説します。

    まず、doda転職求人倍率レポートによると、2021年5月~7月におけるマーケティング・広報部門の求人数は、2021年2月~2021年4月対比で121%の増加となっております。
    これは2020年10月に新型コロナの影響で大きく求人が落ち込んで以降、毎月上昇し、特にこの3ヶ月の上昇幅は大きいです。 デジタルマーケティング求人数 出典:doda転職求人倍率レポート
    他の業種だと、感染症の影響もあり「ポテンシャル採用」から「即戦力採用」の流れから多くの企業が求人数を減らしています。しかし、マーケティング職はそもそも「即戦力」を採用する傾向にあるため、その影響は少ないとされています。

    DXやITテクノロジーの進歩によりマーケティングにおいて「デジタル化」の需要が高まっています。

    また、マーケティング職はリモートワークをしやすい業種であり、求職者側からの人気も高まっているのです。

    1.完全な売り手市場だが…

    デジタルマーケティングは完全な売り手市場です。 じっくり転職先を考えて選べるにも関わらず、転職ミスマッチが起きてしまうことがあります。

    そこには売り手市場であるがゆえの落とし穴があるのです。

    例えば、以下のようなミスマッチがあります。

    幹部候補と言われ転職を即決したが、企業文化に全く馴染めない
    収入の高さに惹かれ転職を決めたが、数値を追う責任感に耐えられない

    また、人材会社からしても人材の取り合いになるため、内定が出てから「すぐ決めてください」と急かされて決めてしまう、というようなこともあります。

    このような転職ミスマッチを起こさないためには、安易な転職活動をせずにきちんとした下調べはもちろん、自身のキャリアについても深く考える必要があるでしょう。



    デジタルマーケティングは安易に転職すると失敗しやすい

    「デジタルマーケティングは安易に転職すると失敗しやすい」と言われています。

    その理由は、以下の3つです。

    • 1.会社の予算を預かるプレッシャーがあるから
    • 2.営業よりも数値を求められ、かつ結果を出すプロセスがハードだから
    • 3.エンジニアなどと違い、スキルを低く見すぎる部分があるから

    1.会社の予算を預かるプレッシャーがある

    デジタルマーケティング職には、自社や広告主の予算を預かるプレッシャーがあります。

    「販売促進のために施策立案をする」ということは、予算を使い施策を実行することになるのです。

    そのため、今後の会社や広告主の売り上げは、その施策にかかっているということになります。

    マーケティング施策で失敗した場合は、会社の利益から広告宣伝費として予算を使っているため、簡単にはその損失を取り戻すことができません。

    Web広告で1,000万円を使うなんてざらにあります。そのような点からもプレッシャーがかかる業務と言えるでしょう。

    そのため、上記のようなプレッシャーを想像できず入社後に「イメージと違った」となってしまいます。

    2.営業よりも数値を求められ、かつ結果を出すプロセスがハード

    デジタルマーケティングは、営業よりも数値を求められ、かつ結果を出すプロセスがとてもハードです。

    特に、BtoBのデジタルマーケティングは、購買に至るまでの意思決定を複数人で行うため衝動買いが発生しません。

    また、案件ごとの予算も大きく購入までの足が長いです。獲得したリードをWEBセミナーや様々なコンテンツを顧客の検討段階に合わせて提供していき、デジタルコミュニケーションを通して育成していく必要があります。

    中長期的に顧客がどんな行動をとったか分析をし、最適なタイミングで欲しい情報をとどけていく難しさがあります。

    一方でBtoCにも難しさがあります。BtoCでは購買には個人の感情や流行に左右され、ブランドイメージやデザインなど心理的側面を多く含みます。

    趣向の多様化もあり消費者を年齢や性別などの大きな枠でとらえるのではなく、一人一人に適したアプローチを行い、顧客心理に寄り添った施策を行う必要があります。

    上記のように、デジタルマーケティングと言っても難易度は様々で、結果を出すプロセスが難しい業種です。そのため、安易な気持ちで転職すると失敗に繋がってしまいます。

    3.エンジニアなどと違い、スキルを低く見すぎる部分がある

    デジタルマーケティングは、スキルを低く見すぎる部分があります。
    その理由の一つとして、再現性が必ずしもスキルと一致しない点が挙げられます。

    例えば、エンジニアで転職する場合、開発に携わったプロジェクトや成果物を具体的に示し、開発経験やスキルが十分に備わっていることを伝えることで、明確にその人の力量がわかります。

    一方、マーケティングでは一概に成果だけで判断することができないのです。 確かに結果を出した人=スキルが高い人と見られてもいいのですが、それを次もその次も同様の結果を出す事ができるかがポイントです。

    マーケティングはその場、その状況、その環境によって、打つべき手法も違えば、打つべき内容も変わってきます。 状況を見極め、手段の引き出しを多く持ち、適切な手を打てる人が本当にスキルのある人なのです。

    誰でも出来てしまうが、誰でも結果は出せない。
    本当に必要なスキルがどれくらいなのか、企業側も求職者側も適切に把握できず採用に至り、失敗してしまうことがあるのです。

    デジタルマーケティングへの転職で成功する為の3つのポイント

    つづいて、デジタルマーケティングへの転職で成功する為のポイントについて解説します。

    成功する為のポイントは、以下の3つです。

    • 成果の棚卸しをして汎用性とカルチャーフィットを考える
    • イメージだけで安易に転職先を決めない
    • 将来のキャリアイメージを持つ

    1.成果の棚卸しをして汎用性とカルチャーフィットを考える

    デジタルマーケティングへの転職で成功する為には、成果の棚卸しをして、汎用性とカルチャーフィットを考えましょう。

    成果の棚卸しとは「なぜ自分はその成果を出せたのか」を掘り下げることです。

    そして「言語化」できるかを考えてみましょう。

    成果が出た理由を言語化する事ができれば、再現性がグッと高まります。 また、それが納得度の高いものでしたら、クラアントを納得させる確率が上がり、大きくキャリアに貢献してくれます。

    さらにその時の環境や、自分自身の状況を振り返って掘り下げることで、以下のようなことがわかります。

    • ・自分はどのような環境なら活躍できるのか
    • ・自分はどれくらいのスキルを身につけているのか
    • ・そのスキルは汎用性があるのか

    上記のことを知ることができれば、どのような転職先が向いているのかを判断する基準になります。また、必要以上に高いスキルを求められる企業に行って失敗するということもなくなるのです。

    以上の点から、デジタルマーケティングへの転職で成功する為には、成果の棚卸しをして、汎用性とカルチャーフィットを考えることから始めましょう。

    2.イメージだけで安易に転職先を決めない

    デジタルマーケティングへの転職で成功する為には、イメージだけで安易に転職先を決めないことが重要です。 なぜならば、イメージと実態が違うことは当たり前にあるからです。

    なんとなく、マーケ職は「かっこいいな」や、「花形の仕事だな」というようなイメージがある人もいるかもしれません。しかし、実際には地道な数値分析や、顧客の声を聞く為にアンケートを作ったりと、泥臭くやる仕事もたくさんあるのです。

    転職先で後悔しない為にも、その企業でマーケティングをする場合、どのような業務になるのか、どれくらいの業務量になるのかなど、適切に調べるようにしましょう。

    3.将来のキャリアイメージを持つ

    転職を成功させる為には、将来のキャリアイメージを持つことが重要です。

    なぜならば、将来的にどうなりたいかわからないと、今行くべき企業や会社の規模などが見えてこないからです。

    例えば、将来的には戦略コンサルタントになりたいと考えていて、それを何歳までに達成したいというキャリアイメージがあるとします。その場合は、その目標から見て自分には何が足りないのかが明確になるでしょう。

    以上のことから、転職を成功させる為には、将来のキャリアイメージを持つことが重要だと言えるでしょう。



    ミスマッチを防ぐためには?

    採用ミスマッチを防ぐためには、その企業のリアルを知る必要があります。なぜならば、実際の業務内容だけでなく、企業文化やビジョンなどに対して共感ができるかどうかがとても重要だからです。

    また「どうしたら企業のリアルを知ることができるのかわからない」という方には「moovy」を強くおすすめします。

    moovyは求人動画プラットフォームです。その企業で働く社員のインタビュー動画が数多く載っています。

    moovyは、今勢いのあるベンチャー企業が多く載っているのが特徴です。大手企業と比べ、ベンチャー企業の情報は得づらいという現状があります。そのため、ベンチャー企業のリアルな内情を得たい人にとっては、良いプラットフォームです。

    また、30秒という短い動画でまとめられているので、短時間で企業の情報を得られるという特徴もあります。 デジタルマーケティングに転職をお考えの方は、ぜひ登録してください!

    合わせて読みたい:優良ベンチャー企業が見つかるおすすめの探し方3つ|もう迷わない



    この記事を書いた人
    三嶋 弘哉

    2007年に総合人材サービス会社に入社。転職エージェントとして、大小300社の中途採用支援と8,000名のキャリアカウンセリングを経験。2年連続、年間最優秀賞を受賞し、26歳で最年少マネージャーへ。その後、経営企画マネージャー、法人営業統括部長、新規事業責任者を歴任。2020年4月に株式会社moovyを創業し、採用動画プラットフォーム「moovy」を運営及び採用コンサルティングに従事。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表取締役 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
    • ・採用動画の企画・制作