ベンチャーに転職して失敗する人あるある5選|原因と解決策も解説

#転職 #ベンチャー

  • このまま大企業で刺激が足りない仕事していて良いのか...
  • 給料は安定して保証されているけど、大幅な昇給が見込める訳でもない...
  • そんな方がキャリアプランの選択肢として考えるのが、ベンチャー企業への転職。 ベンチャー企業で働けば、大手企業では得られないような刺激を得られたり、将来的には大幅な収入アップが見込めたりするかもしれません。

    しかし、ベンチャー企業に転職して失敗したという方々が居るのも事実です。
    できれば、あなたはベンチャー企業へ転職をして失敗したくないですよね。

    ベンチャー企業への転職で失敗しないためには、「ベンチャー企業への転職で失敗する人の特徴」と「ベンチャー企業への転職で成功するために必要なこと」について知っておいた方が良いです。

    そこで当記事では、ベンチャー企業に転職をして失敗しないために必要なことをまとめました。それでは、早速見ていきましょう。

    【30秒動画で会社の雰囲気を知る!】
    ベンチャー転職を検討しているならmoovy
    ベンチャー企業を探すならmoovy

    ベンチャー転職で失敗する人あるある5選

    failure-five

    1.年収だけで転職を判断する

    ベンチャー企業へ転職する際、年収だけを判断基準に転職をするのは危険です。
    なぜなら、年収が高いベンチャー企業はより多くの資金を調達するべく上場を目指していることが多く、上場を目指す場合はその目的達成に貢献できなければその後の雇用の保証がないからです。

    例えば、ベンチャー企業が上場企業を目指すのであれば監査法人による監査を入れたり、販売促進のためのプロモーションを強化したりと、そのための資金調達をしなければなりません。

    資金調達をするためには、外部の方の株式購入を促進すべく、企業としての信頼度を高める必要があります。そのためには、企業としては優秀な人間を多く雇う必要があるでしょう。

    そのため、年収が高いベンチャー企業に転職する際には、かなりハードな労働をこなせるだけの覚悟と、万が一解雇になったとしてもしばらく暮らしていけるだけの貯金があった方が良いでしょう。

    関連記事:ベンチャー企業のエンジニア年収事情を解説|年収アップの方法とは?

    2.ベンチャー企業の不安定性を正確に理解してない

    ベンチャー企業は経営状況が不安定な傾向があるので、雇用も不安定になりがちなのです。そのことを理解せずベンチャー企業に転職してしまい後悔するケースがあります。

    なぜそのようなことが起きるかというと、企業選びの際にメリットにしか目を向けていない可能性が高いからです。

    例えば、求人情報に記載されている「大きな裁量を持てる」や「20代で大手企業管理職並みの収入を得ることも可能」といった文言を鵜呑みにして転職してしまうというケースです。確かにこれらの情報は事実なのかもしれませんが、ベンチャー企業には不安定性というデメリットも存在します。

    ですから、ベンチャー企業へ転職する際は、企業の良い部分だけ見るのではなく、ベンチャー企業ゆえのデメリットを受け入れたうえで転職する必要があるでしょう。

    3.最近、名前をよく聞くからという理由で転職する

    ベンチャー企業への転職をする際、企業の知名度を考慮することは大切だと思います。しかし、企業の知名度だけで転職を判断するのは危険性が高いです。

    なぜなら、「企業の知名度」と「待遇の良さ」や「安定性」は必ずしも比例するわけではないからです。 実際に、企業の知名度は高くても、従業員の満足度が低い会社は多く存在します。

    そして、このようなことは、ベンチャー企業に関しても当てはまるケースがあります。CMをたくさん打っていて、実は経営状況が悪く社内評価が最悪なんていうことは、ベンチャー企業ではよくある話です。

    そのため、ベンチャー企業に転職する際は、企業の知名度だけで企業の良し悪しを判断するのではなく、その企業の中身までしっかり調べるようにしましょう。
    特に若い人ほど、名前を聞くからという理由で転職しがちです。CMなどで聞いたことがある企業だとしても、慎重に吟味するようにしましょう。

    関連記事:20代でベンチャー企業に転職するのって実際どう?|経験者が語る

    4.内定をもらえたからというだけで転職する

    転職活動をして、内定をもらえたベンチャー企業にすぐ転職してしまうことも、ベンチャー企業への転職の失敗の原因として大いにあり得ます。

    転職活動はなるべく短期間で終わらせたいと考えてしまいがちです。 例えば、企業に勤めながら転職活動をおこなうと、休日もまともに休めません。

    また、今勤めている企業から一刻も早く抜け出したい気持ちも焦りを生みます。 このように、転職活動を長く続けることを難しくする要因があるので、なるべく早く転職活動を終わらせたいと思ってしまうのです。

    しかし、転職先の決定は、あなたの人生を左右するかもしれません。 確かに、転職活動は大変です。それでも焦らずに、内定をもらえた企業であっても本当に自分に適しているのかをよく考えてから転職を決めた方が良いでしょう。

    5.ベンチャーというだけで企業を選ぶ

    ベンチャー企業というだけで、その企業に転職してしまうのは危険です。確かにベンチャー企業と言うと勢いがあり、キラキラ輝いて見えるイメージがあるかもしれません。

    しかしながら、ベンチャー企業にも様々なタイプの企業があり、必ずしもそうしたキラキラしている企業ばかりでは無いです。

    例えば、若いうちから大きな裁量を持てるベンチャー企業もあれば、ひたすら経営陣の言いなりとなって働くだけのベンチャー企業もあります。 特に、経営者としての成功体験が濃ければ濃いほど、ワンマン経営になる可能性は十分にあると言えます。

    このように、ベンチャー企業と言っても、その企業があなたの求める職場であるとは限りませんので、きちんとその企業について調べるようにしましょう。



    ベンチャー転職で成功するために必要なこと5選

    success-five

    ベンチャー企業への転職に失敗する人に共通点がある一方で、ベンチャー企業への転職を成功させるのに必要なこともあります。ここからはベンチャー企業への転職を成功させるのに必要なことを5つご紹介します。

    1.会社の雰囲気など、年収以外の要素を事前に知っておく

    ベンチャー企業への転職をする際に、どのくらいの年収が得られるのかを調べることは大切ですが、会社の雰囲気など想定年収以外の情報も事前に調べた方が良いです。

    なぜなら、働く上での満足度を決めるのは、収入だけではないからです。
    例えば、会社の雰囲気があなたに合っているかどうかや、人間関係が良好であるかといった要素も、働く上では大切です。いくら高い収入を得られるといっても、毎日罵られながら働くのは嫌ですよね。

    そのため、ベンチャー企業へ転職する際は、想定年収だけでなく、それ以外の情報についてもよく調べるようにしましょう。



    2.ベンチャー企業がなぜ不安定と言われるのか理解する

    ベンチャー企業への転職で後悔しないためには、ベンチャー企業がなぜ不安定とされているかについても知っておく必要があります。

    ベンチャー企業がなぜ不安定をされているかを知らないと、思いがけないアクシデントを招く可能性があります。

    例えば、ベンチャー企業の雇用が不安定だと知らずに転職した。もしくは、充分な貯蓄がない状態だった場合でベンチャー企業に転職し、その後急に解雇されてしまった時に取り返しがつかなくなる、といったケースが考えられます。

    ですから、ベンチャー企業が不安定だと言われる理由は予め知っておき、そこから予想されるアクシデントの可能性は事前に潰しておくようにしましょう。

    おすすめ記事トップ3
    1位 ベンチャー転職にまつわる悩みを全解決
    ベンチャー企業に転職を考えている方へ
    2位 採用動画とは
    採用動画を検討されている方へ
    3位 大手ベンチャー向き不向き
    大手企業からベンチャー企業に転職しようと考えている方へ

    3.会社名だけで転職を判断しない

    ベンチャー企業への転職を成功させるには、最近よく聞く名前だからなど会社名だけで転職を決めないことも大切だと思います。 なぜなら、そのベンチャー企業が一般的に優良とされていたとしても、あなたに合っているかどうかとは別の話だからです。

    例えば、あなたが企業に強く求めている条件というのが仕事のやりがいだった場合、優良とされている企業の魅力が給与などの待遇の良さだったとすれば、あなたの望むような環境が用意されているかどうかはわかりません。

    そのため、ベンチャー企業への転職をする際は、企業の名前だけで判断するのではなく、企業の実態について情報収集をし、その企業が本当にあなたに合うと思えたら転職を考えるようにしましょう。

    4.内定をもらえたからといって、すぐに転職を判断しない

    内定がもらえたからと言って、すぐにそのベンチャー企業への転職を判断するのは避けた方が良いです。

    内定がもらえた直後は、苦しい転職活動を終わりにできると言った思いが生まれ判断力が鈍っている可能性があります。

    ついつい内定をもらえた企業が実態以上に魅力的に見えたり、多少気になる点があったとしても妥協してしまいがちです。

    ですから、ベンチャー企業から内定をもらえたとしても、すぐに転職を判断しない方が良いでしょう。 できれば、複数社から内定をもらった後で、比較検討をするのが好ましいです。

    5.ベンチャー企業それぞれの違いを理解する

    ベンチャー企業と一言で言っても業種も違えば、職種も違い、企業文化もそれぞれです。ベンチャー企業への転職を成功させるためには、そのベンチャー企業それぞれの違いを知り、理解することが大切です。

    なぜなら、ベンチャー企業と言うイメージに引っ張られベンチャー企業にも様々なタイプがある事を理解しないまま転職し、失敗してしまう例があるからです。

    例えば、ベンチャー企業で働いているのがかっこいいと言うイメージだけで転職したAさんは、その陰にある地道な努力や結果に厳しい環境にギャップを感じてしまい、わずか3ヶ月で退職してしまった、と言ったケースも見られます。

    華やかなイメージだけでなく、様々なタイプのベンチャー企業があることを知っておけば、あなたに合ったベンチャー企業を見つけられる可能性が高くなるでしょう。

    参考:自分のビジョンを見据え子供を言い訳にせずにベンチャー企業に挑戦 ↓
    動画の再生ボタン

    株式会社ユーティル

    インターネットメディア・ネイティブアプリ・ECサイト

    子供や年齢を言い訳せず、やりたいこと好きなことに挑戦する!|求人動画インタビュー

    【 業務に慣れてきた後のキャリア 】 ・日々のKPI管理・施策実行 ・セールス改善のための施策立案 ・セールスチーム全体の仕組みづくり・効率化 などセールスチームの効率化やブラッシュアップのための企画立案〜実行まで携わることが可能です。 【 面白さ・やりがい 】 お客さまが後悔のない発注ができるようサポートをして「ありがとう」をもらえること。お問い合わせの中には、Webやシステムの具体的な内容が決まっておらず「なんとなく問い合わせた」方もいらっしゃいます。目的が定まってないと「提案書が綺麗だから」「安いから」といった間違った感覚で発注先を決めてしまいがち。 私たちは、数々のマッチングを行い、ノウハウを持っています。プロの目線で「ただ綺麗なだけではなく本当にお客さまのための提案書になっているか?」「安い理由が明確になっているか?」などを分析し、お客さまに助言をしています。ITやWebで困っている方に、少しでも納得のいく発注を実現していただけるのがこの仕事の面白さです! 【 この仕事で得られるもの 】 ・ただこなす、ではなくて能動的にサポートし、自ら売上につなげていくことができます ・創業メンバーに近いポジションでの参画になります。 ・成長期(Web幹事)・立ち上げ(動画幹事)双方のサービスに携わることができます ・最新Saasを駆使し、ゼロから「セールスの仕組み作り」に携わることができます ・無駄な営業・非効率な作業は、どんどん削っていく合理的なチームです ・業務は超合理的ですが、人間味あふれる個性的なメンバーが揃ってます

    ベンチャー転職で失敗しない為の情報収集にはmoovyがおすすめ

    recommend-moovy

    1.30秒動画で会社の雰囲気がすぐにわかる

    moovyは、企業の雰囲気を動画で簡単に知ることができます。さらに30秒と言う短尺の縦長動画でまとめられているので、隙間時間に手軽に見られるのが特徴です。

    わたし自身、在職中に転職活動をしていると、時間が無いので長い動画を最後まで見ると言う事はほとんどありませんでした。

    そのため、30秒にまとめられているmoovyの動画は手軽に企業の雰囲気を知る事ができるのでおすすめです。

    2.どんな人が上司になるか、動画で理解することができる

    moovyでは、社長はもちろん役員の方や事業責任者の方など、自分の上司になるかもしれない人のインタビュー動画が数多く掲載されていて、その人柄や雰囲気を知ることができます。

    例えば、元AKB48の指原さんが出演するCMで有名な「スターティア株式会社」の社長が社員の雰囲気を語った動画や、副業系のプラットフォームを手掛けている「AnotherWorks」の若いセールスリーダーのインタビュー動画などが掲載されており、その人の話し方や雰囲気から人柄を知ることができます。

    人間関係は働く上で大切なので、moovyで予めどんな人が上司になる可能性が高いか知っておくと良いでしょう。
    代表インタビュー!スターティアには知識や営業手法を共有する文化が根付いています | スターティア株式会社
    自分の成長と会社の成長が繋がる!大手人材企業を蹴ってAnother worksへ | 株式会社Another works

    3.職種で検索できるため、自分では見つけられない企業と出会える

    moovyを使えば、世間では知られていないがあなたに合った企業を見つけられる可能性があります。

    なぜなら、moovyは動画を「職種」で検索できるからです。それまで知らなかった企業もその検索で引っ掛かり、雰囲気を知り、その企業を気に入るかもしれません。

    例えば、あなたが営業職に就きたいとして、営業職の動画を見ていると全く候補になかった企業の雰囲気がとてもよく、自分に合いそうだと思うことがあるかもしれません。

    moovyの検索機能を使うことで、気になる職種を募集している企業についてたくさん調べられますので、あなたに合った企業が見つかる可能性が高くなります。

    4.複数社内定をもらった後、最終的な比較・検討をする為に非常に有益な情報

    moovyは、内定をもらった後でも各社を比較・検討するための情報が見られるのも魅力です。

    内定をもらった後すぐに入社を決めるのではなく、しっかり他社と比較・検討した方が入社後のミスマッチを防げる可能性は高くなります。

    例えば、内定をもらった時点では、内定を出してくれた企業が好待遇に見えたとしても、後々よりあなたに合った企業が出てくる可能性があります。

    ですので、企業から内定をもらった後も、moovyの動画で比較・検討した上で、最終的な判断をする事をおすすめします。

    5.動画で各ベンチャー企業の特徴を比較できる

    moovyでは、まだあまり知られていないベンチャー企業の特徴を動画で比較できます。 なぜなら、moovyはベンチャー企業に特化した求人動画プラットフォームだからです。

    あまり知られていない企業だからこそ動画で情報を見られるのはとても貴重です。大手企業であれば、口コミやOB訪問、メディアなど様々な媒体から情報を得て判断することができます。

    しかし、認知度の低いベンチャー企業の情報を得ようと思っても、見つける事が難しく、会社HP等に記載のある募集要項などのテキスト情報だけを見ても正確な判断ができるとは思えません。

    そこでmoovyを使って、動画で様々なベンチャー企業について調べて比較する事で、あなたに合った企業が見つかる可能性が高まります。

    ベンチャー転職で失敗しないために、徹底的に対策しよう

    以上、ベンチャー企業に転職して失敗する人の特徴と、ベンチャー企業への転職を成功させるのに必要なことをまとめました。

    転職は人生を大きく左右するものですから、しっかり情報収集をした上で転職する企業を決めるのが良いでしょう。今回の記事が参考になれば幸いです。

    この記事を書いた人
    今林 智宏

    国立大学を卒業後、2004年に大手サービス企業に入社し、チームマネジメントやマーケティング業務を経験。在籍中は、現場社員として数多くの学生・転職者の面接官も行う。退職後、G’s ACADEMY TOKYO(LAB8期)でプログラミングを学ぶ。現在は、スタートアップにて、フロントエンドのシステム開発に加え、カスタマーサクセスを担当し、企業の人事採用に関わる。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表取締役 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
    • ・採用動画の企画・制作