30代で年収が下がる転職のパターン3選|ポイント解説

# 転職

  • 30代で年収が下がるのはアリなのか?
  • 年収ダウン時の注意点を知りたい
  • 年収が下がっても勝ち組になりたい!!
  • このようなことでお困りではないでしょうか?

    年収ダウンの転職は、必ずしも悪いとは言えません

    とは言え、30代は将来を見据えることも多くなり、プライベートでは家庭を持つ人もいるなど、20代以上に考えることが増えますよね。そのため年収ダウンの転職では、ポイントを踏まえた行動が必須です。

    当記事では「30代で年収が下がる転職のパターン」を解説しつつ、30代が押さえるべきポイントを解説します。年収ダウンの転職をする人は、ぜひ参考にして下さい。

    【検証】30代の転職は年収が下がるのか

    いざ転職をする場合に、30代の転職で年収が下がる人について、実際の割合を知りたいところです。 以下に、厚生労働省による調査結果(2019年度)を表にまとめました。

    年収が上がった 変化なし 年収が下がった
    30〜34歳 41.7% 24.9% 32.3%
    35〜39歳 41.5% 31.9% 25.4%

    上記の結果によると、30代全体で年収ダウンした人の割合は「平均28.9%」です。 20代で年収ダウンした人の割合は「平均33.4%」であり、20代よりも数値としては少ないものの、依然としておよそ3割が該当することが分かります。

    30代の転職で年収が下がる3つのパターン

    30代の転職で年収が下がることには、必ず理由があります。また理由を大きく分けると、3つに分類できます。

    以下に30代の転職で年収が下がる理由として、主な3つのパターンを解説するため、自身が該当する内容をチェックしてみましょう。

    1.未経験の職種に転職する

    30代の転職で年収が下がる主なパターンの1つ目は、未経験の職種に転職をしたことです。

    未経験の職種への転職は「新人」として扱われるため、基本的に給与も最低ラインからスタートします。前職で活躍していた場合には、転職によって年収が下がる幅も大きいでしょう。例えば、販売職から営業職に転職する場合などです。

    一方、同じ未経験での転職でも【異業種・同職種】であれば、年収アップは狙えます。 なぜなら、業界知識の習得は必要にはなりますが、前職での経験を活かすことが可能であるため、経験値によって給与を考慮してもらえるからです。

      ~異業種かつ同職種の例~

    • (例1)前職:メーカーの営業職 → 転職先:IT系の営業職
    • (例2)前職:製造業の経理職 → 転職先:小売業の経理職

    2.調査不足で転職する

    30代の転職で年収が下がる主なパターンの2つ目は、深く考えず調査不足で転職したことです。

    求人票に記載されている基本給のみを確認し、賞与の有無や金額、住宅手当や家族手当などの各種手当に関しては、気にせずに転職してしまうケースがよくあります。賞与や各種手当は年収に大きく影響するため、細かく確認する必要があります。

    さらには、転職時の年収だけ見るのではなく、企業の将来性や評価制度を確認し、中長期的な年収の上がり幅やポジションアップについてもしっかりと見ておきましょう。

    もし、年収を下げて転職する際には、年収ダウン以上に得られるものがあることも大切です。そのため、以下などの項目を参考にし、事前に調査を行いましょう。

    • ・本当にやりたい仕事ができるか?
    • ・企業の理念に共感できるか?
    • ・充実した評価制度が設けられているか?
    • ・将来性のある企業か?
    • ・自分との相性が良いか?

    転職先を調査する際には、求人情報やインターネットの口コミだけではなく、職場環境や人間関係などの情報もチェックすることが大切です。

    テキストでは詳細を掴みにくいため、動画がある場合には、必ずチェックしましょう。



    3.スキル経験不足or市場ニーズに合った経験が無い

    30代の転職で年収が下がる主なパターンの3つ目は、スキル経験不足or市場ニーズに合った経験が無いことです。

    給与は、賃金を設定するための基準である「給与テーブル」や、同じ職種の人の「平均年収」などをベースに決められます。 ここから更に評価できるスキル・経験があれば、給与が高くなる可能性があります。

    一方でスキル・経験が不足し、市場ニーズに合った経験が無ければ、プラスできる要素を持たないことから、給与は低くなりがちです。自分のスキルに自信がない場合も、提示された年収が低くても妥協して入社してしまうケースもよく見られます。

    また、キャリアプランに一貫性がなく、ネガティブな理由で転職を複数回繰り返してしまっている場合も企業からの評価がされづらく、年収が下がってしまう可能性が高いでしょう。

    年収が下がってでも転職した方が良いケース

    30代の転職は、20代よりも選択肢が少なくなることから、慎重になると言えます。なおさら「年収ダウン」の転職では、尚更迷いが生じがちです。

    とは言え、30代で転職をする場合に、年収が下がったとしても転職した方が良いケースがあります。 以下に詳細を解説するため、参考にして下さい。

    1.将来のやりたいことにつながる

    年収が下がってでも転職した方が良い1つ目のケースは、将来のやりたいことにつながる場合です。 仕事を通じて「将来的になりたい自分」を考えた際に、現職では叶えられないこともあるでしょう。

    例えば、多くの経験をつみ、将来的には起業を考えていたとします。現職が仕事の一部を任される職場で、延々とルーチンワークを行う場合には、なかなか夢は叶えられません。

    一方で、部署の垣根をこえて働き、経営者の近くで働けるベンチャー企業であれば、年収が下がったとしても将来のやりたいことにつながります。

    「将来的になりたい自分」と照らし合わせて、自分に必要な経験が積める環境であるか、しっかり確認、検討しましょう。

    2.現職で今以上のポジションアップ・年収アップが望めない

    年収が下がってでも転職した方が良い2つ目のケースは、現職で今以上のポジションアップ・年収アップが望めない場合です。

    多くの仕事をこなし、数々の貢献を行ったとしても、以下のような特徴を持つ企業では、ポジションアップや年収アップが望めません。

    • ・上の階層に多くの人が存在し、詰まっている
    • ・成果主義ではなく、年功序列制を導入している
    • ・給与金額が周囲と一律である

    10代・20代であれば、時間にも余裕がありますが、30代は今後を見据えてタイミング良く行動することも必要です。

    そのため、現職で今以上のポジションアップ・年収アップが望めないと分かった場合には、転職を視野に入れると良いでしょう。

    また転職で年収が下がる場合には、今後の活躍によって、ポジションアップ・年収アップが狙える企業を選ぶことが大切です。転職時だけではなく、中長期的な視点でよく検討しましょう。

    3.年収以外に価値を感じる

    年収が下がってでも転職した方が良い3つ目のケースは、年収以外に価値を感じる場合です。 例えば以下のケースでは、年収以外に価値を感じると言えます。

    【プライベートの時間が増える】
    趣味に時間を費やしたい人や、家族と過ごす時間を大切にしたい人にとって、プライベートの時間は重要です。 年収が下がってでも、プライベートの時間が増えたことにより、人生にゆとりが出る場合には、転職した方が良いと言えます。

    【ストレスが減る】
    仕事によるストレスで、心身に影響が出た場合には、年収が下がっても転職をする価値があります。 ただし、生活ができないほどの年収ダウンでは更なるストレスが発生するため、注意が必要です。

    【やりがいのある仕事に巡り会えた】
    仕事を行う時間は、1日の約1/3を占めます。 そのため、仕事が楽しくなければ、人生自体が苦痛になることもあるでしょう。 年収が下がっても楽しく、やりがいのある仕事に巡り会えた場合には、価値のある転職ができたと言えます。

    実際に転職した人はどんなやりがいを感じたのでしょう?これも動画で見ると非常に分かりやすいのでおすすめです。



    30代で転職した人の声、経験談

    エンジニア不足数グラフ

    ここでは、30代で転職した人の声・体験談を紹介します。

    【体験談1】
    営業職として働いていましたが、きついノルマで悩んでいたため、転職をすることにしました。また30代で新たな経験をしたいと考えていたこともあり、企画営業職として転職しました。

    年収ダウンは覚悟していたものの、実際に生活を始めると厳しく、将来的に年収もあまり上がらないことが分かり、仕事への意欲も下がっています。

    妻子も養っていけるか不安です。

    30代は家庭を持つケースもあり、年収ダウンの転職を行う場合には、家族が暮らしていける金額かを見極める必要があります。そのため、事前に「およその手取り金額」や「将来的な年収の上がり幅」についても、確認すると良いでしょう。

    また今回のパターンでは、未経験への転職とは言え、前職での営業経験を企画営業職でも活かせる部分はあるハズです。

    応募先のニーズに合うスキル・経験を整理し、給与交渉の材料にすることや、自身のスキル・経験に合致する応募先を選ぶことで、年収の下がり幅を少なくすることができます。

    【体験談2】
    30歳になったことをきっかけに、メーカーの営業事務からIT系の一般事務職に転職しました。前職は年功序列制で安定していたものの、成果が給与に反映されることが少ないことが特徴でした。

    転職先は駆け出しのベンチャー企業で、年収ダウンからのスタートでしたが、一般事務職であっても貢献をすればその分給与に反映されます。

    前職では一部の業務にしか関われませんでしたが、転職先では多くの業務に関われるため、自身のスキルアップにもつながっています。

    成果報酬型の企業を選ぶと、年収ダウンからのスタートでも、成果を上げた人は将来的に年収が上がる可能性が高まります。

    応募先企業の市場価値や、今後の動向をしっかりとチェックし、将来的な給与アップの可能性を見極めましょう。

    また今回のパターンでは、転職先が多くの業務に関わりスキルを培える環境であるため、自身のスキルアップにもつながりました。そのため、年収ダウンの転職における「成功パターン」だと言えます。

    30代で転職を考えている方へ

    30代で転職を考えている方に転職で最も注意しなければならない点についてお伝えします。 それは、 「求人サイトやエージェントで求人を見つけた時は良いと思ったのに、実際に入社すると職場環境や人間関係が合わなかった……」というものです。

    これでは、年収ダウンの転職をしても意味が無いと言えます。

    moovyは企業のブランドや年収などで就職先・転職先を決めて、結果的にミスマッチを起こしてしまう人を減らしたい!という想いで、サービスを運営しています。

    moovyは30秒の動画で構成されている求人動画サイト。 テキストだけの求人情報だけでなく、実際に働いている人と会社の雰囲気など、テキストでは分からない情報まで知ることができます。

    今まさに、仕事選びをしているあなたへ。

    まずは1本、動画を見てみて下さい。 テキスト中心の求人サイトでは知ることができなかった、新しい発見があるはずです。

    この記事を書いた人
    今林 智宏

    国立大学を卒業後、2004年に大手サービス企業に入社し、チームマネジメントやマーケティング業務を経験。在籍中は、現場社員として数多くの学生・転職者の面接官も行う。退職後、G’s ACADEMY TOKYO(LAB8期)でプログラミングを学ぶ。現在は、スタートアップにて、フロントエンドのシステム開発に加え、カスタマーサクセスを担当し、企業の人事採用に関わる。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表取締役 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
    • ・採用動画の企画・制作