早期離職後の転職を成功させるには?長く働ける企業を選ぶコツも紹介

# 転職で失敗しないために

  • 入社して間もないが、事前に聞いていたよりも重労働でワークライフバランスを保つのが難しい
  • 新卒で現在の職場に配属されたが、仕事にやりがいを感じられず転職を考えているが、上手くいくだろうか
  • 就職したはいいものの、思っていた仕事と違ったり、よりやりがいのある仕事がしたいと感じ、早期離職を考えている方もいるでしょう。

    初めての転職で、多くの不安を感じるのは当然です。

    そこで、本記事では早期離職した際のキャリアへの影響や、早期離職後の転職を成功させるためのコツを紹介しています。

    また、転職時の面接で早期離職の理由を伝える方法や、長く働ける会社を選ぶためのポイントについても触れているので、ぜひ最後までご覧ください。

      この記事を読んでわかること

    • 早期離職後に転職を成功させるコツがわかる
    • 早期離職した理由を面接時に伝える方法やコツがわかる

    企業タイプ診断

    早期離職とは?早期離職してもキャリアに問題ないの?

    早期離職とは一般的に、入社後3年未満で職場を離職することを指します。

    早期離職はネガティブな印象を持たれがちですが、それが必ずしもキャリアに悪影響を及ぼすわけではありません。

    重要なのは、将来のキャリアビジョンを明確にし、そこから逆算して考えた際に転職が必要かどうかを考えることです。

    現職場においてどのような経験やスキルを積んで、次のキャリアでどのように成長したいかを明確にすると良いでしょう。

    例えば、

    • ・30代までに年収1,000万稼ぎたい。そのためには〇〇のスキルが必要。
    • ・現職場では必要なスキルが獲得できないので、スキル習得ができる職場に転職したい。

    などです。

    もちろん今の職場の雰囲気が合わない、仕事内容が自分に合っていないという環境面が理由での転職でも問題ありません。

    自分の価値観やキャリアプランに合わない環境から転職することは、長期的に見てプラスに働くことも多く、早期離職後どのように行動するかが重要だと言えます。

    もし自分に合う仕事が分からないという方は適性診断を受けてみても参考にすることができます。

    こちらの適性診断では、簡単な質問に答えるだけで、自分がベンチャー向きなのか、大手企業向きなのかが分かります。

    『大企業に行くかスタートアップに行くか』
    度々議論されるこの問題。
    大企業に行くかスタートアップに行くかお悩みの方、自分がどんな企業に合っているのか知りたい方は適性診断を受けてみてはいかがでしょうか?
    簡単3分で診断!結果を見るのに面倒な登録は必要なし!※
    30,000人以上が受けた「企業タイプ診断」でぜひあなたにぴったりの企業タイプを診断してみましょう。
    企業タイプ診断へ ※一部の詳細な結果を見るためにmoovyへの会員登録が必要です

    大卒の早期離職率は若干の増加傾向にある

    下記の図から明らかなように、大卒者で3年以内に離職する割合は、過去数年間横ばい傾向だったものの、直近3年では若干の増加傾向を見せています。

    大卒者の3年以内の離職率 出典:新規学卒就職者の離職状況(令和2年3月卒業者)を公表します|厚生労働省

    これは、新しい世代の働き方の変化や、労働市場の流動性の高まりが反映されている可能性があります。

    また、1つの職場に留まるよりも、さまざまな経験を通じてキャリアを形成したいという願望を持つ人が多く、専門性を高めたり、新しいスキルを身につけたりするために転職するケースも少なくありません。

    このような状況を踏まえると、早期離職がキャリアにとってマイナスだと一概には言えず、個々の状況や目指すキャリアパスによっては、有益な選択だと言えます。

    本章では、大卒者の主な転職理由を、データを基に3つ紹介します。

    どのような理由で転職する人が多いのかを知ることで、自分自身が抱える悩みや不満が、実は他の人にとっても共通の悩みであることが分かるかもしれません。

    • ① やりがいのある仕事がしたい
    • ② 年収をアップさせたい
    • ③ ワークライフバランスを重視した働き方がしたい

    次項より詳しく解説していきます。

    また、この記事を読んでいる方のほとんどが転職をするのは初めてだと思いますが、初めての転職でつまずかないようしっかりと計画を立てましょう。

    初めての転職における注意点をこちらの記事で解説していますので、転職前にぜひご一読ください。

    合わせて読みたい:初めての転職活動でも迷わない!8つのステップで考える転職活動の進め方

    転職理由①やりがいのある仕事がしたい

    転職理由 出典:第二新卒の転職理由は「もっとやりがい・達成感のある仕事をしたい」が最多|Re就活

    Re就活が発表しているデータによると、社会人経験3年未満の第二新卒者の場合、「やりがいのある仕事がしたい」という理由が転職の動機として最も多く挙げられています。

    若い世代がやりがいを求める理由として、ただ仕事をするのではなく、仕事を通じて何を達成できるのかという、自己実現や個人の成長をより重視していることが挙げられます。

    また、近年、リモートワークやフレックスタイム制度などの多様な働き方が可能となっているため、仕事と私生活のバランスを取りながら自分に合ったやりがいのある仕事を見つけたいとする動きも加速しています。

    仕事のやりがいを確認するためには採用動画を見ることをおすすめします。 実際に働いている社員のインタビュー動画を見ることで、実際のところどうなのかを知ることができます。

    転職理由②年収をアップさせたい

    第二新卒者の転職理由第2位は、「年収をアップさせたい」となっています。

    早期離職を考える第二新卒者が「年収をアップさせたい」という理由で転職を決意する場合、単に経済的な動機だけではなく、自分の価値を正しく評価してもらいたいという願望の表れとも言えます。

    年収アップを求めることは、自分自身のスキルや経験が適切に評価されていないと感じる場合の自然な反応です。

    また、若いうちからキャリアの可能性を広げ、自己実現を図りたいという意欲の現れとも解釈できるでしょう。

    新しい職場では、年収アップだけでなく、現在のスキルをより伸ばすことができ、新たな経験を積むことができるかもしれません。

    転職で年収をアップさせたいという方は、年収ベースが高い業界へ転職するのも一つの手です。他にもこちらの記事で、転職で年収を大幅にアップさせる方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    合わせて読みたい:転職で年収が上がりすぎ!?年収アップする人の4つの特徴

    転職理由③ワークライフバランスを重視した働き方がしたい

    第二新卒者の転職理由第3位は、「残業を減らしたい、休日を確保したい」です。

    現代の労働市場では、ワークライフバランスの充実が多くの若手社員にとって重要な価値観となっています。

    上記の結果は、仕事と私生活のバランスを取りながら充実した生活を送りたいという強いニーズの表れでもあります。

    また、仕事だけでなく人生全体の質を高めたいという願望を反映しているともいえるでしょう。

    もし、現在の職場がワークライフバランスを重視した働き方を実現できない場合、転職を通じて理想的な働き方を実現することは自己実現への一歩となり得ます。

    早期離職に繋がる要因

    ここまでで若手社員が転職を考える上位3つの理由を見てきましたが、もしそのような不満を抱えることが入社前に明らかだった場合、その会社への入社を避けたでしょう。

    では、なぜ多くの人が早期離職を考える状況に至ってしまうのでしょうか?

    本章では、早期離職につながる4つの主な要因について解説します。

    • 1. 企業研究が不十分だった
    • 2. 社内の教育環境が整っていなかった
    • 3. 会社で相談できる人がいなかった
    • 4. 労働環境が厳しかった

    以下でそれぞれについて詳しく解説していきます。

    1.企業研究が不十分だった

    入社後、企業文化や職場の雰囲気が自分に合わないことに気づく場合があります。

    理由として、入社前の企業研究が不十分であった、あるいはそこまで多くの情報を入手することができなかったことが原因として考えられます。

    具体的には、下記のような例が挙げられます。

    • ・昇進やキャリアアップの機会が想定していたよりも少なかった
    • ・実際の業務内容が事前に想定していたものとは大きく異なっていた

    特に新卒で入社する場合、情報の取得方法が限られていたり、実際に働き始めてみないとわからないことも多々あるでしょう。

    このように、企業文化や職場の雰囲気、現実の業務内容と自分の期待が異なっていた場合、早期離職の一因となることは少なくありません。

    企業文化や職場の雰囲気を知るには、採用動画がおすすめです。実際に企業で働く社員のインタビューを通じて、ホームページからは分からないリアルな情報を得られます。

    2.社内の教育環境が整っていなかった

    早期離職に繋がる要因の1つに、「社内の教育環境が整っていなかった」という点が挙げられます。

    具体的には、下記のような例が挙げられます。

    • ・メンター制度や先輩からのサポートが整っておらず、業務中に何をしたら良いか分からなくなることが多々あった
    • ・専門スキルや業務知識の向上のための継続的な教育プログラムが存在しなかった
    • ・新入社員研修が不十分で、実際の業務に必要なスキルや知識を十分に習得できなかった

    この問題は特に新入社員や若手社員が直面する可能性が高く、企業側のサポート体制の不足が早期離職へと繋がる主要な原因となっています。

    3.会社で相談できる人がいなかった

    早期離職に繋がる要因として「会社で相談できる人がいなかった」という問題が挙げられます。

    会社で相談できる人がいない状況は、職場での不安や問題を内に溜め込むことになり、精神的な負担が増大します。

    具体的には、下記のような例が挙げられます。

    • ・上司や同僚とのコミュニケーションが取りにくく、日々の業務において孤立感を感じていた
    • ・職場に信頼できるメンターや相談相手がおらず、仕事の悩みやキャリアについての相談をすることができない状況が続いていた
    • ・社内のサポート体制や相談窓口が曖昧で、自分の悩みや問題をどこに相談すれば良いのかがわからなかった

    特に新入社員や若手社員にとって、上司や同僚とコミュニケーションが取りにくいことは、孤立感や不満を感じる大きな要因になり、早期離職へと繋がる場合も少なくありません。

    4.労働環境が厳しかった

    労働環境の厳しさや長時間労働の常態化は、従業員の心身の健康を害し、職場の満足度を大きく下げる要因となり、早期離職へと繋がるケースが少なくありません。

    特に長時間労働が続く労働環境では、従業員は十分な休息を取ることができず、ストレスが蓄積します。

    また、プライベートの時間が確保できないため、家族や友人との関係が悪化することもあるでしょう。

    具体的には、下記のような例が挙げられます。

    • ・精神的、肉体的な負担が大きく、健康を害するリスクがあった
    • ・長時間労働が常態化しており、ワークライフバランスが保てなかった
    • ・労働条件や待遇が当初の約束と異なっていた

    このような状況は、職場に対する不満を高め、結果として離職に繋がりやすくなります。

    早期離職後の転職を成功させるコツ

    早期離職は、必ずしもキャリアにとってマイナスになるとは限りません。

    重要なのは、その経験から何を学び、次のステップにどう生かすかです。

    早期離職後の転職を成功させるには、自己理解を深め、戦略的なアプローチを行う必要があります。

    そこで本章では、早期離職後の転職を成功させるコツを紹介します。

    これらのコツを実践することで、早期離職をポジティブなキャリアの一部として捉え直すことができ、より満足のいく職場を見つけられるでしょう。

    • 1. 自己分析を行い今後のキャリアプランや大切にしたい軸を決める
    • 2. 転職で実現したいことは何かを言語化する
    • 3. 企業研究を徹底的に行う

    1.自己分析を行い今後のキャリアプランや大切にしたい軸を決める

    早期離職後の転職を成功させるには、自己分析を徹底的に行い、今後のキャリアプランや自分が大切にしたい軸を明確にすることが重要です。

    まずは過去の経験を振り返り、自分が挑戦してきたことや成功体験、失敗から学んだことをリストアップし、自分の強みや得意なこと、情熱を持って取り組めることを特定しましょう。

    次に、自分のキャリアにおける長期的なビジョンを設定します。

    ここでは、達成したい具体的な目標や理想とする職業的な立場を明確にし、それを実現するために現在地から目標までの具体的なステップを考えましょう。

    また、キャリアプランを考える中で自分にとっての譲れない条件を書き出すことも重要です。

    具体的には、ワークライフバランスや収入の水準、職場の文化などが挙げられます。

    上記のプロセスを実施することで、長期的なキャリアビジョンを設定し、自分にとって重要な条件を明確にすることができます。

    自己分析でおすすめなのがWill-Can-Mustのフレームワークです。自分がやりたいこと(Will)、できること(Can)、 やるべきこと(Must)を整理して考えることで、自分の考えを客観的に整理することができます。

    詳しいやり方はこちらの記事を参考にしてください。他にも、もう2つおすすめの自己分析の方法を紹介しています。

    合わせて読みたい:転職に必要な自己分析のやり方を徹底解説|3つの方法を紹介します

    2.転職で実現したいことは何かを言語化する

    転職活動を始める前に、何を達成したいのか、どんな変化を望んでいるのかをリストアップすることも重要です。

    具体的には、キャリアアップや年収アップ、専門性を深める、ワークライフバランスの充実などが挙げられます。

    この作業を行うことで、転職で実現したいことは何かを明確にし、目指すべき方向性を定めるのに役立ちます。

    次に、転職活動時の書類や面接で自分が転職で実現したいことを簡潔に説明できるよう言語化し、準備します。

    自分の言葉で論理的かつ明確に、自信をもって話せるようになることで、面接官に強い意志や情熱を感じてもらえるでしょう。

    3.企業研究を徹底的に行う

    転職後のミスマッチを防ぐためには、事前の徹底的な企業研究が欠かせません。

    なぜなら、企業文化や働き方、会社のビジョンや価値観が自分自身の目指す方向と合致していれば、転職後のギャップを大幅に減らすことができるからです。

    企業研究を実施する方法の一例を紹介します。

    • ・社員の口コミや評判をチェックし、実際の職場環境を把握する
    • ・企業が公表しているビジョンやミッション、価値観が自分のキャリアプランと合致しているかを検討する
    • ・企業の業界でのポジションや事業内容、企業文化、成長性を調査する

    多角的な視点から企業を研究することで、面接時に企業側から提示される情報だけでなく、第三者の視点から得られる情報をもとに、より客観的な判断を下すことが可能になります。

    また、競合他社と比較をすることでその企業の特徴が見えてくる場合もあるでしょう。詳しい企業研究のやり方は、こちらの記事をご覧ください。

    合わせて読みたい:企業研究のやり方とポイントを解説|おすすめツール6選も紹介

    早期離職した理由を面接で伝える際の注意点

    早期離職の理由について面接官から問われたときにどのように答えるかは、転職の成功に大きく影響します。

    不適切な表現やネガティブな理由を伝えてしまうと、悪い印象を与えかねません。

    そこで本章では、早期離職した理由を面接で伝える際の注意を3つ紹介します。下記のポイントを踏まえ、自信を持って面接に臨めるよう準備しておきましょう。

    • 1. 退職理由はポジティブなものに言い換える
    • 2. 面接では嘘をつかない
    • 3. 退職した理由と志望動機を結びつける

    1.退職理由はポジティブなものに言い換える

    早期離職の理由を伝える際は、できるだけポジティブな表現を使用しましょう。

    たとえ離職理由がネガティブなものであったとしても、その経験がどのように自分を成長させたかを強調することで、前向きな印象を与えられます。

    また、退職を決めた理由を、自己実現やキャリアアップのための前向きな選択として説明することで、転職後の仕事に対する熱意をアピールできます。

    退職理由を話す際は、問題が何であったかよりも、解決しようとした行動や考え方に焦点を当てることが重要です。

    退職理由をポジティブ変換するのが難しいという方は、こちらの記事をご覧ください。面接で退職理由を聞かれた際の回答例をパターン別に紹介しています。

    合わせて読みたい:【回答例文あり】面接で退職理由を聞かれた時の上手い答え方

    2.面接では嘘をつかない

    面接時、実際の退職理由は正直に、ポジティブで丁寧な言葉遣いで伝えることが重要です。

    嘘をついてしまうと、将来的に信頼関係が崩れる原因となり得ます。

    また、社員同士の交流の機会も多く、部署・職種・役職関係なくフ たとえ前職に不満や問題があった場合でも、事実を尊重し、感情的にならずに客観的に状況を説明することで、責任感のある印象を与えられます。

    もし退職理由がデリケートな問題に関わる場合でも、誠実さを持って、プライバシーや機密性を守りながら説明するよう心がけましょう。

    自分の経験や決断に自信を持ち、それを正直に伝えることは、面接官に対し人間性や倫理観をアピールする良い機会となります。

    信頼と透明性を大切にし、自分のキャリア経歴や決断を正直に共有することで、自分にふさわしい職場とのマッチングを実現できるでしょう。

    3.退職した理由と志望動機を結びつける

    退職理由に基づき、なぜ今回の企業や職種を選んだのか、その論理的なつながりを明確に説明できるよう準備しておくことが重要です。

    退職理由と新たな職場への志望動機を結び付けることで、転職が単なる逃避ではなく、自己実現やキャリアアップのための手段であることを示せるからです。

    自己成長やキャリアの進展を志望動機として挙げ、前職の経験が新しい職場でどのように価値を生むかを具体的に説明しましょう。

    また、具体的な例やエピソードを交えて説明することで、話に説得力を持たせることができ、面接官に自分をより深く理解してもらえるようになります。

    あなたがベンチャー企業を志望する場合の志望動機の伝え方のコツは以下の記事で詳しく解説しています。

    ベンチャー企業を志望される方はぜひ参考にしてください。

    合わせて読みたい:【例文あり】ベンチャーに受かる志望動機の書き方を徹底解説!

    長く働ける企業を選ぶポイント

    長期的なキャリアを考える上で、長く働ける企業を選ぶことは非常に重要です。

    特に、早期離職後の転職先では、前職で感じた不満や問題点を解消できる職場を選ぶことで、職業生活全体の満足度を高めることが可能になります。

    そこで本章では最後に、長く働ける企業を選ぶポイントを紹介します。

    ポイントを押さえ、自分が長く働き続けることができる、理想的な職場を見つけ出しましょう。

    • 1. キャリアアップできる機会がある
    • 2. 自身の希望するワークライフバランスを実現できる
    • 3. 企業文化や価値観が一致している

    1.キャリアアップできる機会がある

    スキルを伸ばせる環境や、キャリアアップできる機会があることは、働く中でモチベーションを保つのに大きく影響します。

    目標があるとそれに向けた努力ができ、給与や会社内でのポジションの向上にも繋がります。

    そしてそれは、会社に長く勤めたいと思う動機にもなり得ます。

    そのため、企業が提供している研修プログラムやスキルアップのための教育制度が充実しているかを確認し、自分の将来像と企業が求めるキャリアパスが合致しているかを確認することが重要です。

    2.自身の希望するワークライフバランスを実現できる

    どのような働き方を望むかは個々人によって異なるため、まずは自分自身がどのようなワークライフバランスを望むかを明確にすることが大切です。

    そのうえで、応募先企業の平均残業時間や休日の取得状況、フレックスタイム制度、在宅勤務の有無などを調査し、自分の働きやすい環境かを評価しましょう。

    理想とするワークライフバランスが保てる企業は、従業員の満足度も高く、結果として離職率が低下する傾向にあるため、転職後も長く働き続けることができると言えます。

    3.企業文化や価値観が一致している

    自分の考えや価値観と似たような社風であれば、居心地の良さを感じられ、結果として長く働くことができます。

    また、会社の目標やビジョンに納得し共感できる場合、自分の仕事にもより強くコミットでき、高い生産性を生み出せるでしょう。

    そのため、入社を決める前には必ず企業のミッションやビジョン、社風を確認し、企業が大切にしている考え方が自分の価値観と合致するかを確かめることが重要です。

    企業文化を知るには動画の視聴がおすすめです。以下のような動画で社風やビジョンを確認してみましょう。

    早期離職し転職を考えている方へ

    早期離職は必ずしもキャリアにとってマイナスな要素ではありません。

    自分に合わない職場で辛い思いをしながら居続けるよりも、改めて自己分析を行い、自分に合った企業に転職したほうが、高い価値を発揮できる可能性があります。

    転職の際には、転職後のミスマッチを減らすためにも企業研究が欠かせません。

    企業研究を行うには、実際の雰囲気やどんな人が働いているのかを確認できる採用動画を確認するのがおすすめです。

    moovyは企業の採用動画を多数掲載している採用動画プラットフォームです。

    転職後のミスマッチを減らすためにも、moovyの採用動画をぜひご確認ください。

    moovyの特徴は以下の3点です。

    • ・30秒の短尺動画で手軽に職場のリアルな雰囲気を確認できる
    • ・シード〜急成長中の優良スタートアップ・ベンチャー企業が豊富に掲載されている
    • ・新卒でスタートアップに入社された先輩の入社理由なども掲載されている

    ベンチャー企業への転職を考えている人がmoovyを使うメリットは、以下の通りです。

    • ・優良ベンチャー企業が多く載っている
    • ・ベンチャー企業への転職時に注意しなければならない「ミスマッチ」を軽減できる
    • ・プロフィールを充実させることで、スカウトを受け取ることが可能

    転職活動の際は、ぜひmoovyの採用動画をチェックしてみてください。

    また、弊社では無料でキャリアカウンセリングも実施しています。興味がある方や、転職に悩んでいる方はぜひ検討してみてください!

    今林 智宏

    この記事を書いた人

    今林 智宏
    国立大学を卒業後、大手サービス企業に入社し、店長を歴任。チームマネジメントやマーケティング業務を経験。在籍中は、現場社員として数多くの学生・転職者の面接官も行う。退職後、スタートアップ企業にて、フロントエンドのシステム開発に加え、カスタマーサクセスやマーケティングを担当し、企業の採用や広告支援に関わる。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営事業
    • ・動画クリエイティブの企画・制作事業
    • ・採用コンサルティング事業