29歳の転職は遅くない!転職を成功させるポイントを徹底解説

# 転職

29歳になり、これから30代を迎えるにあたって働き方やキャリアについて考える方は多いです。

一方で、「29歳の転職は遅いかもしれない」「29歳の転職って難しいと聞くけど本当かな」という不安や疑問を抱いてる方もいらっしゃるでしょう。

結論からいうと、29歳の転職は遅くはありません。

むしろ30代以降はどんどん転職のハードルが高くなっていきます。

今回の記事では、29歳の転職事情やメリット・デメリット、転職を成功させるポイントをお伝えしていきます。

あわせて転職に成功する人の特徴も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

    この記事のまとめ

  • 29歳からの転職は遅くない
  • 将来のビジョンを明確にし、そのビジョンに沿った企業を選択する
  • ミスマッチを避けるために、企業分析は必須。さまざまな媒体から情報を収集しよう

チェックリストバナー

29歳で転職する人はどのくらい?

転職できる年齢のリミットを心配する方も多いと思いますが、29歳の転職は遅くありません。

転職エージェントサービスを展開している「doda」によると、2021年転職成功者の割合は25~29歳が40.5%と最も多いです。

また、2020年と2021年を比較すると、2021年では25~29歳の転職成功者が増えていることからも、20代後半で転職を考え始める方が多いことがわかります。

転職成功者の年代別割合 引用:転職成功者の平均年齢調査【最新版】|doda

29歳で転職を成功させる4つのポイント

ここでは29歳で転職を成功させるポイントを4つ紹介していきます。

1.業界・企業研究をしっかり行う

29歳で転職活動を行う際は、特に業界・企業研究は重要です。

29歳はポテンシャルに加え、これまでの経験やこれからのキャリアビジョンを見られます。

そのため、自分の経歴やスキルがその企業でどう活かせるかを明確にしておく必要があります。

事前にどのような目的でどのような人材が採用されるかを把握していると、企業に貢献できるスキルをアピールできます。

また、競合他社の状況を理解していることで、自分が会社のために何ができるかを具体的に説明できるようにしておくとなおよいでしょう。

もし他業界にいくのであれば、業界研究もしっかり行いましょう。

このような事前準備は面接で本領発揮し、他の求職者に差をつけるチャンスになります。

業界研究のやり方について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

合わせて読みたい:企業研究のやり方とポイントを解説|おすすめツール6選も紹介



2.キャリアプランを明確にする

29歳で転職を成功する方の多くはキャリアプランが明確です。

「何となく今の会社が向いていないと感じた」「給料に不満があった」などの曖昧な転職理由は、書類選考や面接官に対して良い印象を残せません。

なぜ今の会社を辞めてその会社に入るのかを明確にするためには、自分のキャリアプランを描く必要があります。

そのため、3年後・5年後の自分をイメージし、「管理職としてマネジメントに力を入れたい」「10年後には経営に携わる存在になりたい」など、キャリアプランを明確に伝えることで、やる気をアピールすることができます。

キャリアプランの描き方のコツは「Will-Can-Must」で考えることです。

自分が将来やりたいこと(Will)、今の自分ができること(Can)、会社(社会)から求められること(やるべきこと)(Will)に分類して考えていきます。

そうすることで、自分のやりたいことが整理され、将来から逆算してキャリアプランを考えることができます。

Will-Can-Mustに関して詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

合わせて読みたい:転職の自己分析で有効な「Will-Can-Must」を徹底解説



3.前職での実績を具体的に伝える

転職に成功する方は、前職での実績を活かして何をしようとしているのかしっかり定まっています。

そのため、自分の強みやセールスポイントをしっかり説明できるようしっかり準備しましょう。

たとえば

  • ・前職で培ったマーケティング力は貴社の営業戦略の〇〇という点に活かすことができる
  • ・得意のPythonを使用し、貴社のアプリ開発の新機能開発に貢献できる

などのように、具体的に伝えることで、面接官もあなたが活躍する姿をイメージしやすくなります。

そのため、前述の通り、企業研究は必須となります。応募先の企業がどのようなサービスを提供していて、どんなビジョンを描いているのかはしっかり把握する必要があります。

さらに、会社の雰囲気や社長の人柄などまで把握できるとより、再現性の高い自己PRが可能となります。

4.事前に採用動画を閲覧する

事前に採用動画を閲覧して、希望する企業の事業理念や雰囲気を知っておくのもおすすめです。

29歳で転職するからには、会社の雰囲気が合わないからとすぐに転職した会社も辞めてしまうということはあまり好ましくありません。

そのため、事前にその会社の雰囲気や風土、ビジョンなどをしっかり確認しましょう。

また、株式会社moovyが行ったアンケートによると、転職経験者の7割以上が採用動画によって「志望度が上がった」「選考エントリーのきっかけになった」と、報告されています。

選考エントリーのきっかけ 引用:採用動画のトレンドに関する実態調査—採用担当者必見!採用動画のトレンド「かっこいいvs身近さ」どちらを好む?|moovy

実際、仕事内容や給料などと同じくらい、会社の雰囲気や環境などは働く上で重要です。

そのため、希望する企業の採用動画の視聴は、ミスマッチを防ぐ効果も期待できます。

以下のような動画で、事業内容や職場の雰囲気をご覧になれます。



29歳で転職を考える理由

29歳で転職を考える理由にはどのようなものがあるのか詳しくみていきましょう。

面接で転職理由を質問されることは多いので、自分が何をきっかけに転職を考え始めたのか振り返ってみてください。

職場環境を変えたい

待遇や給与面に不満がある

「給与が低い」「残業が多すぎる」という不満が転職を考えるきっかけになる方は少なくありません。

人事や報酬制度に問題があったり会社の業績が悪化していたりなど、本人の頑張り以外に要因がある場合は、職場環境を変えるのも一つの方法です。

人間関係が辛い

人間関係の問題はどこにでもありますが、一日の大部分を過ごす職場での悩みは心身ともに負担が大きいです。

最悪の場合、うつ病のような病気を患ってしまう可能性もあります。

ですから、職場の人間関係が辛いという理由で環境を変えることは、本人の心身の健康を守ることにもつながるのです。

そのため、転職を検討するのも賢明な判断といえます。

スキル・キャリアアップしたい

スキルアップできる仕事につきたい

スキルアップややりがいは、自分で見出していくべきものであり会社から与えられるものではありません。

そのため、自主的にキャリアプランを考えて転職を選択することは前向きな判断といえます。

そのような方は、多少給料は下がっても「スキルアップできる仕事がしたい」「活躍するフィールドを拡げたい」という強い意志で転職を決意するのです。

ライフスタイルの変化

ワークライフバランスを重視したい

29歳くらいになるとライフステージに変化が訪れる方もいらっしゃいます。

たとえば、結婚して家庭を持ったり子供が生まれたりなど、家庭環境に変化が起きる方もいるでしょう。

そのため、人によっては今までよりも家族と過ごす時間を増やしたかったり、残業が少ない職場を選んだりなど、ワークライフバランスを重視した働き方を求めます。

Uターン、Iターン就職をしたい

Uターン就職とは出身地に戻って就職すること、Iターンは出身地以外の場所で就職することです。

Uターンの場合、もともと大学を機に都心に出てきて就職していた方が、「卒業後は地元に帰って就職したい」という思いのもと、転職を考え始めます。

故郷に戻ってきた若者を歓迎してくれる地方企業は多いでしょう。

また、Iターンでは、「東京で生まれて東京の大学に進学・就職したが豊かな自然に囲まれた場所で働きたい」といった動機で転職を考える方もいます。

いずれの場合も、30歳を目前にこれからの生き方を考えた結果、地方への転職という判断をしたのです。

29歳で転職するメリット

29歳での転職は遅くないどころか、実はメリットもあります。

ご自身の状況と照らし合わせながらチェックしてみてください。

1.転職市場価値が高い

29歳は20代前半の転職者に比べて社会人経験があり、ポータブルスキルもあるため即戦力を期待されます。

また、新入社員のOJTやチームを率いてのリーダー経験があれば、将来管理職としての可能性も広がります。

そのため、29歳は転職市場価値が高い年齢なのです。

2.未経験職種にチャレンジできる

29歳であればポテンシャル採用が見込めます。

未経験職種へのチャレンジであっても、主体的に動ける年齢であることから、ビジネスモデルや企業理念にあわせて成長できるポテンシャルを期待されるのです。

また、新卒の方々と比べて教育コストがかからないという企業側のメリットもあります。

29歳で転職するデメリット

29歳での転職にはメリットだけでなくデメリットもあります。

どのような点がハードルになるのか、予め把握して心の準備をしておきましょう。

1.実績が重視される

29歳での転職は、前職での経験や専門的スキルを活かしてどのように貢献してくれそうかをみられます。

そのため、何かしらアピールできる実績や成果がないと転職のハードルはあがります。

大学卒業後だと7年ほどの社会人生活を送ったことになるので、その間に何をしてきたか棚卸しをし、自己アピールにつなげられるようにしましょう。

2.年収が下がる可能性がある

29歳の転職は遅くはありませんが、年収が下がる可能性はあります。

特に未経験の業種に転職した場合、前職で積み上げた経験などがリセットされて低めの給料から始まることが多いです。

そのため、年収を取るか仕事へのやりがいを取るかの選択は慎重にしましょう。

29歳の転職はキャリアプラン実現の第一歩

29歳の転職は遅くありません。

ある程度社会人経験があることに加え、ポテンシャル採用のチャンスもあります。

そのため、新しい仕事にも転職が可能です。

ほかにも前職でマネジメント経験やリーダーシップを発揮する経験がある方は、管理職候補として期待されます。

キャリアプランを明確にし、ぜひ前向きにチャレンジしてみてください。

そして、29歳で転職を考えている方は、採用動画をぜひご覧ください。転職で重要な定性情報の取得に役立ち、ミスマッチを軽減してくれるはずです。

今林 智宏

この記事を書いた人

今林 智宏
国立大学を卒業後、大手サービス企業に入社し、店長を歴任。チームマネジメントやマーケティング業務を経験。在籍中は、現場社員として数多くの学生・転職者の面接官も行う。退職後、スタートアップ企業にて、フロントエンドのシステム開発に加え、カスタマーサクセスやマーケティングを担当し、企業の採用や広告支援に関わる。

スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

会社名 株式会社moovy
代表取締役 三嶋 弘哉
設立 2020年4月13日
住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
電話 050-3701-3401
メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
URL
事業内容
  • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
  • ・採用動画の企画・制作