新卒1年目ですぐ転職するのはあり?会社選びで失敗しないポイントを解説

# 転職 # 転職で失敗しないために

  • 新卒1年目だけど今の会社を辞めたい
  • 新卒1年目でも転職はできるのかな?
  • このようにお悩みではありませんか?

    新卒1年目の場合、まだ社会人としての経験が浅いため市場価値が低く、転職では不利になることが多いです。

    勢いで転職してしまい、その後のキャリアに影響が出てしまう可能性もあります。

    しかし、状況次第では新卒1年目での転職も最適な判断となり得ます。

    本記事では、新卒1年目での転職が難しい理由や、1年目でも転職を考えた方がよい状況、さらに転職を成功させるためのコツを紹介します。

    新卒1年目で転職するかどうかを悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

      この記事を読んでわかること

    • 新卒1年目の転職が難しい理由が分かる
    • 新卒1年目で転職を成功させるコツや、今から始められる準備が分かる

    企業タイプ診断

    新卒1年目での転職は難易度が高い

    新卒1年目の転職は難易度が高く、一般的にはおすすめされていません。

    難易度が高いとされる理由は、主に以下の3つです。

    • 1. 経験が浅いため市場価値が低い
    • 2. 早期離職は企業からネガティブに評価される
    • 3. 採用してくれる企業が少ない

    新卒1年目では、必要なスキルや業界知識が十分に身についていないことが多く、他の候補者に比べて不利になる可能性があります。

    そのため、最低でも3年は現在の職場で経験を積む方が、転職を成功させやすいとされています。

    以下では、新卒1年目の転職がおすすめではない理由を、さらに詳しく解説していきます。

    1.経験が浅いため市場価値が低い

    新卒1年目は社会人としての経験が浅いため、市場価値が低い傾向があります。

    1年目は仕事に慣れるだけで精一杯であり、専門的なスキルや深い業界知識を習得する機会が少ないことが一般的です。

    特に、同じ若手である2年目や3年目の候補者と比較すると、1年目の経験では十分なスキルが身についていないと見なされてしまいます。

    多くの企業は、中途採用において即戦力となる人材を求めています。

    1年目の経験だけでは、即戦力としての要件を満たすのは難しいため、転職市場では不利になります。

    経験の浅さは転職市場での評価を下げる要因となるため、新卒1年目の転職は不利になる可能性が高いです。

    2.早期離職は企業からネガティブに評価される

    新卒1年目という早期で離職をする場合、企業からは「すぐに辞めてしまう人ではないか?」と見られてしまいます。

    企業によっては、仕事を続ける力や、難しい状況でも頑張ることができる忍耐力を重視します。

    企業は長く働いてくれる人を探しているため、1年目での転職はネガティブに評価されてしまうでしょう。

    また、もし新卒1年目で転職に成功しても、今後のキャリアに影響を与える可能性もあります。

    将来、再び転職を考えた際に「前の会社を1年で辞めたけれど、うちの会社でも同じことをするのではないか?」と疑われるかもしれません。

    新卒1年目での転職は、企業からの評価や、将来のキャリアにもマイナスな影響を及ぼす可能性があります。

    3.採用してくれる企業が少ない

    転職市場では、新卒1年目を採用してくれる企業は限られています。

    中途採用の場合、業界での経験が3年以上ある人を求めることが多いです。

    その理由は、経験豊富な人の方が、仕事を始めるのに必要なトレーニングが少なくて済むため、すぐに会社に貢献できると考えられているためです。

    新卒1年目の場合、中途採用者に求める要件を満たせず、転職を成功させることが難しくなってしまいます。

    また、新卒1年目を採用対象としていない企業も少なくありません。そのため、1年目の転職は、2年目以上の転職者と比べて、選択できる職種や業界が狭まってしまいます。

    採用の枠も限られているため、新卒1年目での転職は難しいと言えます。

    【状況別】新卒1年目で転職すべきか悩んだら?

    一般的には、新卒1年目での転職はおすすめされていません。しかし、大事なのは在職期間よりも中身です。

    辛いことを3年間我慢して続けても必ずスキルが身につくとは限りません。逆に1年しか続けていないからと言ってスキルが身についていないとは言い切れません。

    新卒1年目でも転職を検討した方がよい状況も、もちろんあります。

    以下では、転職をした方がよい状況と、考え直した方がよい状況を詳しく解説します。

    転職を検討した方がよいケース

    以下の2つの状況の場合、新卒1年目でも転職を検討してよいでしょう。

    • 1. 労働環境が悪い
    • 2. 他にやりたい仕事が見つかった
    • 3. 成長できていない or 他に身につけるべきスキルが見つかった

    たとえば、長時間の残業や休日出勤が常態化している、ハラスメントがあるなど、現在の労働環境が非常に悪い場合は、転職を検討してよいと言えます。

    自分に合わない環境で働き続けると、心身ともに大きなストレスをもたらし、最悪の場合、健康を害して仕事を続けられなくなる可能性もあります。

    自分の健康や幸福を守るために、転職を検討するのは賢明な選択です。

    また、明確に自分がやりたい仕事が見つかった場合や他の経験をしてスキルを貯める方が良いと考えた場合も、転職を考えてよいと言えます。

    自分のキャリア目標や夢を実現するためには、関連する職種や業界で経験を積むことが重要です。

    仕事に対する情熱や明確な目標がある場合、それを追求するために、1年目でも転職を考えるのは正当な理由となります。

    上記のように、自分の健康や幸福、キャリア目標を優先するためであれば、新卒1年目でも転職を検討してよいでしょう。

    転職を考え直した方がよいケース

    以下の状況の場合、新卒1年目での転職は考え直した方がよいでしょう。

    • 1. 仕事がつまらないと感じる
    • 2. 人間関係で悩んでいる
    • 3. まだ今の仕事をやりきれていないと感じる

    仕事がつまらないと感じるのは、新卒1年目の一時的な感覚かもしれません。

    仕事に慣れ、経験を積むことで、徐々に仕事の楽しさややりがいを感じるようになることがあります。

    急いで転職するよりも、今の仕事で実力を付けた方が、将来のキャリアに役立つことも多いです。

    また、人間関係だけを理由に転職することも、避けた方がよいでしょう。職場の人間関係は、周囲に相談することによって改善されることがあります。

    新しい職場でも人間関係に悩む可能性があるため、転職で人間関係の悩みが解決できるとは限りません。

    新卒1年目での転職は大きな決断なので、転職しなければ解決しない問題なのかをしっかりと考えてから判断しましょう。

    新卒1年目で転職を成功させる4つのコツ

    新卒1年目で転職をする場合、成功させるためには以下4つのコツが重要です。

    • 1. 自己分析をしっかりと行う
    • 2. ポジティブな転職理由を用意する
    • 3. 転職エージェントを活用する
    • 4. moovyを利用する

    上記の4つを理解し、転職活動にも活かすことで、内定獲得の可能性も高くなるでしょう。

    また、転職を考えている新卒1年目の方の多くは、「転職準備は何をするべきだろう?」「就活とは違うのだろうか?」と疑問に思っているのではないでしょうか。

    そもそも転職活動の目安は、「今すぐに転職したい人」は3ヶ月程度、「じっくり転職活動したい人」は6ヶ月程度と言われています。

    その中で応募する企業を決めるわけですが、受ける予定の企業それぞれを「チャレンジ」「ベスト」「セーフティ」に区分して、受ける順番を選定することが重要です。

    こちらの記事では、転職に失敗しないためにやるべきことをチェックリスト形式でまとめています。

    具体的な受ける順番の選定方法や、企業分析に使える企業タイプ別のおすすめアプリなど、元転職エージェントだからこそ知っている情報も満載ですので、ぜひご活用ください。

    合わせて読みたい:【転職ノウハウ】転職に失敗しない為の10のチェックリスト!



    それでは、新卒1年目で転職を成功させるコツについて、それぞれ詳しく解説していきます。

    1.自己分析をしっかりと行う

    新卒1年目で転職を考える場合、はじめに自己分析をしっかりと行いましょう。

    新卒1年目で転職を考えるということは、就活時の自己分析が十分でなかった可能性があります。

    そのため、なぜ転職したいのか、今の会社で何が不満なのか、どんなキャリアを描いているのかを明確にしましょう。

    自己分析では、自分の興味や強み、価値観、さらにキャリアの目標を深く掘り下げます。これらの要素を理解することで、自分に合った職種や業界を見つけられます。

    自己分析を怠ると、自分に合わない転職先を選ぶ可能性が高くなります。その結果、新しい職場でもまたすぐに辞めたいと感じてしまうかもしれません。

    転職を成功させるためには、自己分析を入念に行い、自分の考えや目標を明確にすることが重要です。

    自己分析には自分がやりたいこと(Will)、できること(Can)、 やるべきこと(Must)を整理するWill-Can-Mustのフレームワークが有効です。現状と将来を冷静に考えることで、その差がやるべきこととして明確になります。

    詳しいやり方はこちらの記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    合わせて読みたい:転職に必要な自己分析のやり方を徹底解説|3つの方法を紹介します



    2.ポジティブな転職理由を用意する

    転職理由は、ポジティブな内容に言い換えたものを用意しましょう。

    仕事がつまらない、残業が多くて疲れたといったネガティブな理由をそのまま伝えると、採用担当者にマイナスの印象を与えてしまいます。

    そのため、転職の理由を前向きに言い換えることが大切です。

    たとえば、「仕事がつまらない」と感じる場合は、「新しい挑戦を求めている」と表現できます。

    また、「残業が多くて疲れた」という理由は、「ワークライフバランスを大切にしたい」という表現に言い換えられます。

    ポジティブな転職理由を用意することで、転職に対する前向きな姿勢を示すことができます。

    企業からの評価が高まる可能性もあるため、ポジティブな転職理由に言い換えるように意識しましょう。

    こちらの記事では、退職理由別にポジティブ変換した答え方を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

    合わせて読みたい:【回答例文あり】面接で退職理由を聞かれた時の上手い答え方



    3.転職エージェントを活用する

    新卒1年目の転職では、転職エージェントの活用が効果的です。

    転職エージェントを活用すると、キャリアアドバイザーが書類の書き方や面接対策、キャリアに関する相談など、転職活動に関するさまざまなサポートを提供してくれます。

    たとえば、自身のスキルや経験から、それに合った職種や企業を提案してくれます。

    また、豊富な経験から、履歴書や職務経歴書の書き方に関するアドバイスもしてくれるため、書類選考の通過率も高くなるでしょう。

    さらに、転職エージェントは書類選考の手配や面接の調整も代行してくれます。新卒1年目でも転職活動を効率的に進められ、時間の節約にもつながります。

    1人で転職活動を進めるのは大変ですが、転職エージェントを利用することで、負担を軽減し、転職の成功率を高められるでしょう。

    4.moovyを利用する

    新卒1年目で転職を考えている方には、moovyの利用もおすすめです。moovyとは、30秒の採用動画がまとめられた採用動画プラットフォームです。

    moovyでは、仕事内容やオフィスの紹介、社員インタビューなど、テキストだけでは分からない情報を、動画で手軽に閲覧できます。

    特に、会社の雰囲気や社員の人となりは、求人情報では分からないことが多く、入社後のミスマッチにもつながりやすいです。

    しかし、動画であれば、社風や社員の人柄のような定性的な情報も確認することができます。

    また、moovyは動画の閲覧だけではなく、職務経歴書や自己PRの添削サービスや、キャリア相談など、さまざまなサポートも受けられます。

    こちらのような動画で、企業の情報収集や一緒に働く社員の雰囲気を知ることにも活用できるため、ぜひmoovyに登録してみてください。

    新卒ですぐに転職した人の声

    新卒1年目で転職を成功させるためのコツを紹介しましたが、実際すぐに転職を決めることに抵抗があるかもしれません。

    転職を決める際は目先の不満を解消することを目的とするのではなく、5年後・10年後を見据えて決断すると良いでしょう。

    実際のところ、すぐに転職を決めた人は実際どうなのでしょうか。独自で調査したものを状況別でご紹介します。

    会社選びを失敗したかもと思った

    まず、新卒で入社した会社が失敗だったかもと思った瞬間を紹介します。

    新卒1年目で転職した人のお声

    激務でワークライフバランスが取れなかったんです。入社前に聞いていた話では、しっかり休日は休めると聞いていたのに、思っていたのと違いました。

    入社後に実際の業務が想像と異なり、長時間労働や休日出勤が続き、プライベートの時間が激減した時に感じることが多い事例です。

    入社前に確認できるところは確認しておきましょう。

    新卒1年目で転職した人のお声

    入社後、仕事ができない私を上司が叱責や仕事を与えないなどのパワハラを受けました。入社前はそのような雰囲気がなかったので、びっくりしました。

    入社してすぐにパワハラを受け、今後の人間関係に不安を覚えることがあります。

    入社前にそのような情報を得るのは難しいですが、どんな人が働いているのか?どんな上司がいるのか?社内の雰囲気など、定性的な情報をなるべく多く得ておくことがポイントです。

    新卒1年目で転職した人のお声

    結果も出して、精一杯仕事はしているつもりですが、正当な評価を受けれないと感じます。社歴が短い私は評価されにくいのでしょうか。

    しっかりと業務をこなして成果を出しているのにもかかわらず全く評価がされないと、今後のキャリアアップにも不安が残りますよね。

    評価のポイントなど、事前に確認できればいいのですが。入社前に担当の人事の方に相談してみましょう。

    新卒で辞めてよかったという実際の声

    次に辞めてよかったという実際のお声を紹介します。

    【23歳男性】
    新卒で入社した会社は、最初はワクワクと期待で胸がいっぱいでした。しかし、実際に働き始めると上司からのパワハラが日常茶飯事で、その度に自信をなくしていました。最も辛かったのは、自分が何をしても上司には「ダメだ」「お前には無理だ」と言われ続けたことです。それでも、辞める決断を下すまでには時間がかかりました。会社を辞めれば失敗したという自負がありましたが、上司からの理不尽な叱責が始まった時、退職の決意をしました。 新しい職場では、人間として尊重され、成長を応援してくれる環境に恵まれています。 新卒で辞めることは、失敗ではなく勇気の証だということを伝えたいです。

    新卒1年目とはいえ、このような状況であれば早急に辞めた方がいいでしょう。

    転職を怖がる方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、今や転職は当たり前の時代。

    キャリアは自分で選択するのです。そして、自分が楽しく、未来へ希望を持って働く場所を選ぶことができます。

    今悩まれている方がいたら、勇気を出して行動に移すべきかと思います。

    すぐに転職しなくても全然大丈夫です。まずは何かしらの転職サイトなどに登録してみましょう。

    今すぐ転職しない場合も!今後の転職活動で活かせる3つの準備

    今すぐに転職を考えていない場合でも、将来の転職活動に向けて準備をしておくことは重要です。

    具体的には、以下の3つを進めておくとよいでしょう。

    • 1. 念入りに情報収集を行う
    • 2. 転職までのスケジュールを立てる
    • 3. 転職サービスに複数登録しておく

    以下では、今後の転職活動で活かせる3つの準備について詳しく紹介します。

    1.念入りに情報収集を行う

    特に1年目のような若手での転職の場合、希望する業界や企業に関する情報収集を徹底的に行うことが重要です。

    希望する業界の市場や動向、企業文化、事業内容などを理解しておきましょう。

    求人票に書かれている情報だけでは不十分な場合もあるため、企業のホームページや求人サイト、SNSなど、さまざまな情報源から情報を集めることが大切です。

    企業がどのような価値観を持っているか、どのような人材を求めているかなどを事前に知ることで、転職の際のミスマッチを防げます。

    また、面接や書類選考の際にも、収集した情報を活用することで、自分の適性や意欲を効果的にアピールできます。

    新卒1年目の段階で多くの情報を集めておけば、自分に合ったキャリアパスを見つけられ、転職の選択肢も広げられるでしょう。

    会社の選び方のコツは以下の記事にまとめてあります。情報収集にぜひご利用ください。

    合わせて読みたい:転職先を選ぶ方法を徹底解説!会社名やブランドで選ぶと失敗します!



    2.転職までのスケジュールを立てる

    転職活動では、計画的にスケジュールを立てることが重要です。

    特に新卒1年目の場合、次の就職先が決まるまで現職を辞めないようにしましょう。

    たとえば、2年目の12月までに転職したいと考えているなら、いつから履歴書を準備し、いつから応募を始めるべきかを逆算して計画することが必要です。

    スケジュールを立てることで、どの段階で何をすべきかが明確になるため、焦らずに準備を進められます。

    逆にスケジュールを立てずに転職活動を行うと、勢いで次の会社を決めてしまったり、長い期間転職活動を続けてしまったりするリスクがあります。

    これは転職の成功率を下げるだけでなく、精神的なストレスを増大させる原因にもなります。

    転職を成功させるには、自分の状況に合わせた適切なスケジュールを立て、計画的に転職活動を進めることが重要です。

    3.転職サービスに複数登録しておく

    今すぐ転職しない場合でも、転職サービスに複数登録しておくこともおすすめです。

    転職サービスには、転職エージェントや転職サイトなどがあり、それぞれに異なる特徴やサービスがあります。

    転職サービスに登録しておくと、自分のスキルや経験に合った求人情報を定期的に受け取ることができます。

    また、市場でどのような職種が求められているか、自分のスキルがどの程度市場で評価されているかを知ることができます。

    自身の市場価値や転職に必要な情報が分かっていれば、いざ転職活動を始めようと思った時に、すぐに行動を開始できるでしょう。

    さらに、多くの転職サービスではキャリア相談を受けることが可能です。

    キャリアアドバイザーとの相談を通じて、自分のキャリアプランを練ることができ、転職活動の方向性を明確にすることができます。

    さまざまな転職サービスを上手く組み合わせれば、転職活動をより効率的に進められるでしょう。

    ベンチャー企業への転職をお考えの場合にオススメな転職サイトやエージェントを紹介している記事がありますので、気になる方はどうぞ。

    合わせて読みたい:【厳選】ベンチャー転職におすすめの転職サイト・エージェント20選!



    スタートアップ企業の営業への転職を成功させよう

    スタートアップ企業の営業職の特徴や、転職を成功させるポイントを紹介しました。

    1年目の転職は、経験が浅く市場価値も低くなってしまうため、一般的にはおすすめされていません。

    しかし、状況次第では転職した方がよいケースもあります。

    勢いで転職を決意せず、自身の状況を俯瞰し、今転職すべきかどうかをじっくりと見極めましょう。

    新卒1年目での転職を検討する場合、moovyの活用がおすすめです。

    次の会社で長く働くためには、入社後のミスマッチを減らすことが非常に重要です。

    moovyの採用動画であれば、社風や人柄など、求人票や会社のホームページ以外の情報も確認できます。

    新卒1年目で転職を考えている方は、ぜひmoovyに登録してみてください。

    今林 智宏

    この記事を書いた人

    今林 智宏
    国立大学を卒業後、大手サービス企業に入社し、店長を歴任。チームマネジメントやマーケティング業務を経験。在籍中は、現場社員として数多くの学生・転職者の面接官も行う。退職後、スタートアップ企業にて、フロントエンドのシステム開発に加え、カスタマーサクセスやマーケティングを担当し、企業の採用や広告支援に関わる。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営事業
    • ・動画クリエイティブの企画・制作事業
    • ・採用コンサルティング事業