ベンチャー企業で感じるギャップとは?転職の失敗を防ぐ方法も解説!

# ベンチャー企業 # 仕事内容

このような疑問はありませんか?

  • ベンチャー企業で感じるギャップを知りたい
  • ベンチャー企業への転職を成功させたい!
  • ベンチャー企業に入ったものの、イメージと違った
  • こうした悩みをお持ちではありませんか?

    ベンチャー企業と一般企業には、大きな違いがあります。しかし、違いを把握せずに転職をし、失敗する人がいることも事実です。

    そこで当記事では、「ベンチャー企業で感じるギャップ」と「転職を失敗しない方法」を解説します。

    ベンチャー企業への転職を成功させたい人は、ぜひ参考にしてください。

    ベンチャー企業に転職して感じるギャップとは?

    ベンチャー企業は、一般企業と異なる要素を多く持ちます。そのため、ベンチャー企業に転職をすると、以下のようなギャップを感じる傾向にあります。

    • 1.意思決定が速い
    • 2.自分で考え行動することが求められる
    • 3.良い意味でも悪い意味でも自由
    • 4.社長との距離が近い
    • 5.キラキラした働き方をしていると思った

    以上のようなギャップを持つことが多いようです。

    ギャップを感じないようにする為には事前に情報を得ることは重要ですが、特に「定性的な情報をどれだけ得られるか」が重要です。以下のような動画は事前に雰囲気を知ることができるのでおすすめです。



    ではそれぞれ内容を詳しく解説します。

    1.意思決定が速い

    ベンチャー企業は、意思決定のスピードが速いことが特徴です。

    1つの物事を決める際に、一般企業では数週間かかるところを、ベンチャー企業では数日で決定したというケースも多く見受けられます。そのため、一般企業から転職した人は、スピード感の早さに驚くでしょう。

    ベンチャー企業が「意思決定のスピードが速い理由」は、以下の通りです。

      【理由1:全ての仕事にスピード感が必要】

      ベンチャー企業は成長段階であるため、スピード感を持って会社を成長させなければ、周囲の環境から出遅れてしまいます。そのため、基本的に全ての仕事に対してスピード感が必要です。 当然「意思決定」に関しても、すぐに実行されます。

      【理由2:意思決定の工程が少ない】

      非ベンチャー企業では、大企業・中小企業を問わず、意思決定に多くの工程が設けられています。課長→直属の部長→他部署の部長→社長などと、幾重にもわたるため、意思決定が遅くなりがちです。 一方ベンチャー企業では、「人数の少なさ」や「一人の裁量権が多い」ことから、意思決定の工程が少なく、スムーズに決定がなされます。

    2.自分で考え行動することが求められる

    ベンチャー企業では、自分で考え行動することが求められます。もちろん一般企業でも求められるものの、ベンチャー企業の比ではありません。

    なぜなら、ベンチャー企業は以下の特徴を持つからです。

    • ・スタートアップして間もない企業が多く、ルールを作成する段階だから
    • ・人数が少ないため、教育する余裕がない
    • ・新しいサービスを展開する企業が多く、企業自体も前例のない未経験のことをやっている

    そのため、「マニュアルが整備されていないこと」や「手取り足取り教えてもらえないこと」に対して、ギャップを感じる人も多く見受けられます。

    3.良い意味でも悪い意味でも自由

    ベンチャー企業に入社すると、自由度の高さに驚く人も多いでしょう。 また、「良い意味」でも「悪い意味」でも自由な点も、ギャップを感じるポイントです。

    ベンチャー企業では、1人ひとりの裁量が大きく、仕事に携われる範囲が広いことも特徴です。一貫して仕事を担当できるため、一般企業よりも自由に仕事ができます。

    一方裁量が大きいため、裁量の範囲に応じた「責任」がのしかかることも特徴です。

    以上のように、ベンチャー企業での自由度は表裏一体であるため、良い意味でも悪い意味でも自由だと言えます。

    4.社長との距離が近い

    ベンチャー企業は社長との距離が近く、この点にギャップを感じる人も多いです。

    社長との距離の近さは、単純に人数が少ないからでしょうか?

    いいえ、それだけではありません。ベンチャー企業の社長は、社長業もしながら、営業活動なども行うケースが多いためです。

    いわば「社長」と「社員」を兼任することから、必然的に社員との距離が近くなります。

    社長との距離が近いと、会社の経営を肌で感じながら働けるため、視座の高い視点で物事を考えられるなど、メリットも大きいと言えます。

    5.キラキラした働き方をしていると思った

    ベンチャー企業と言えば、綺麗なオフィスを構え、フリーな働き方をして、スマートに仕事が進んでいくと思っている人も多いかもしれません。

    もちろん一部のベンチャー企業はイメージ通りの企業もあるかもしれません。

    しかし、多くのベンチャー企業はキラキラしたイメージとは違い、泥臭く必死で仕事をしていたり、企業を成長させる為に長時間働いていたりしています。

    ドラマでもあるようなキラキラしたイメージのままいくとギャップを感じるかもしれません。

    ベンチャー企業への転職で失敗しやすい人とは?

    ここまで説明したようなギャップを感じてしまう人は、ベンチャー企業への転職で「失敗しやすい」かもしれません。その「失敗しやすい人」の特徴は以下の通りです。

    1.給与・待遇などの条件面を重視している

    ベンチャー企業への転職で失敗しやすい人の特徴1つ目は、給与・待遇などの条件面を重視していることです。

    もちろん生活があるため、転職先を選ぶ際に「給与・待遇などの条件面」をチェックするのは当然です。

    しかし条件面を気にするあまり、人間関係や職場環境といった大事なポイントを見逃すことがあります。

    人間関係や職場関係のミスマッチは、常に退職理由の上位です。そのため、条件面を重視した結果、人間関係・職場環境の軽視につながると、転職を失敗しやすくなります。

    2.イメージで転職先を決めてしまう

    ベンチャー企業への転職で失敗しやすい人の特徴2つ目は、イメージで転職先を決めてしまうことです。

      ~イメージの例~

    • ・ベンチャー企業で働く人は輝いている
    • ・ベンチャー企業A社は、IT業界で有名なシステム会社だから間違いない

    上記のように、イメージで転職先を決めてしまう人は、人間関係や職場関係などの大切な面を見落としがちです。

    その為、入ってから「こんなはずじゃなかった……」などといったギャップを生みがちです。

    大切なことは、イメージだけにとどまらず、人間関係や職場関係といった他の情報も判断材料に入れることです。

    3.情報不足の状態で活動している

    ベンチャー企業への転職で失敗しやすい人の特徴3つ目は、情報不足の状態で活動していることです。

    転職を成功させるには、企業と自分との相性をはかる必要があります。そのためには、あらゆる情報の収集が欠かせません。

    しかし情報を収集する際に、「求人サイト」や「企業のホームページ」の閲覧のみで終わらせる人も多々見受けられます。

    求人サイトや企業のホームページでは、一定の情報しか読み取れないため、応募先の本質を見つけにくいです。

    情報不足の状態では、企業と自分との「相性の判断」が難しく、転職を失敗しやすいと言えます。

    また、転職に失敗しない為に、チェックリストを利用することもおすすめです。以下の記事では転職に失敗しない為に必要な10のことをチェックリストとしてまとめてあります。

    合わせて読みたい:【保存版】転職に失敗しないための10のチェックリスト



    転職のための「事前準備」から「企業の調べ方」、「面接の受け方」など体系的にまとめられているので使いやすく、転職に失敗しないためのノウハウが詰め込まれています。

    ベンチャーへの転職でギャップを減らすためにできること

    ここでは、ベンチャー企業への転職で「ギャップを減らすためにできること」を紹介します。

    1.応募先を条件面だけで選ばない

    ベンチャー企業への転職で「ギャップを減らすためにできる」1つ目のことは、応募先を条件面だけで選ばないことです。

    なぜなら、条件面だけで選ぶと、人間関係や職場環境などの大切な要素が見えないからです。

    入社後に発覚するミスマッチの多くは、人間関係や職場環境といった「条件面以外」の要因で発生します。

    そのため、ベンチャー企業への転職でギャップを減らしたい人は、人間関係や職場環境などの要素も判断材料にすることが大切です。

    2.自己分析を行う

    ベンチャー企業への転職で「ギャップを減らすためにできる」2つ目のことは、自己分析を行うことです。

    転職における自己分析とは、自分の経験や思考を整理し、強みや弱みといった特徴の整理を指します。

    自己分析をすることで、「どういった企業が向くか?」や「自分が進むべき道」が見えてきます。

    ベンチャー企業に転職したいと思っても、ベンチャー企業の特性が自分に合うとは限りません。また「ベンチャー企業」という枠組みのなかでも、向き不向きはあるでしょう。

    さまざまなベンチャー企業から、ギャップの少ない企業を選ぶためにも、自己分析は欠かせません。

    合わせて読みたい:【多くの人が勘違い】大手企業とベンチャー企業の向き不向きを転職のプロが解説



    3.情報収集を徹底する

    ベンチャー企業への転職で「ギャップを減らすためにできる」3つ目のことは、情報収集を徹底することです。

    ベンチャー企業への転職で生じるギャップは、入社後のミスマッチにつながり、「モチベーションの低下」や「やむを得ない退職」の引き金になります。

    以上のような事態を避けるためにも、事前の情報収集が欠かせません。

    また情報を収集する際には、数値にできる定量的な情報(例:給与額)はもちろん、数値にできない定性的な情報(例:人間関係、職場環境)に触れることも意識します。

    定性的な情報は、以下のような方法で入手できます。

    • ・口コミサイトをチェックする
    • ・実際に職場を見学させてもらう
    • ・採用動画をチェックする

    情報収集のやりすぎで損をすることはありません。後悔しないためにも、しっかりと情報を収集しましょう。

    ベンチャー企業を詳しく知りたい方へ
    おすすめ記事トップ3
    1位 ベンチャー企業解体新書
    ベンチャー企業を徹底的に知りたい人決定版!
    2位 優良ベンチャー企業が見つかるおすすめの探し方
    ベンチャー企業の探し方を徹底解説
    3位 これから伸びるベンチャー企業!
    成長ベンチャー企業を知りたい方へ

    ベンチャー企業へのギャップを感じて悩んでいる方へ

    ベンチャー企業への転職で失敗を防ぐためには、ギャップを減らすことが大切です。

    ギャップを減らす為に重要なことをまとめると、

    • ・事前に企業の情報を詳しく収集する
    • ・特にテキスト情報では得られにくい、定性的な情報を得る
    • ・自己分析を行う

    事前に「ベンチャー企業の特性」や「応募先企業の実情」を知ることで、ギャップの減少につながります。

    そのためには、人間関係や職場環境といった応募先企業の定性情報を確認していただくことが重要です。

    定性情報とは、数値やデータにあらわせない情報のことです。例えば、企業の雰囲気、一緒に働く上司やメンバーの特徴など、「誰と働くのか?」というリアルな情報がそれにあたります。

    これらの情報は、人によって解釈が異なるため、テキストでの表現が難しく、求人票などを見てもよくわからないことが多いです。

    そのため、企業内の定性情報は、実際にその企業の人に会ってみたり、インタビュー動画などを通してチェックすることが大切です。

    でも、そんな社員にフォーカスした動画がどこにあるのかわからないという人もいることでしょう。

    そんな人におすすめなのが、採用動画を450本以上掲載している「moovy」という採用動画プラットフォームです。

    例えば以下のような将来有望ベンチャー企業の動画が「moovy」にはまとめられています。



    「moovy」では、企業内部のリアルがわかる採用動画の視聴はもちろん、プロフィールを充実させることで、厳選されたスタートアップ・成長企業からスカウトが届くこともあります。

    スカウトが届いた企業に関しても、採用動画で定性情報をチェックし、相性が合う企業かを判断すると良いでしょう。

    ギャップを感じている方は、「moovy」も最大限に活用し、ミスマッチのない納得感ある転職の実現に繋げてください!

    この記事を書いた人
    今林 智宏

    国立大学を卒業後、2004年に大手サービス企業に入社し、チームマネジメントやマーケティング業務を経験。在籍中は、現場社員として数多くの学生・転職者の面接官も行う。退職後、G’s ACADEMY TOKYO(LAB8期)でプログラミングを学ぶ。現在は、スタートアップにて、フロントエンドのシステム開発に加え、カスタマーサクセスを担当し、企業の人事採用に関わる。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表取締役 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
    • ・採用動画の企画・制作