ベンチャー企業で活躍できる人はどんな人?転職成功のための秘訣も

# ベンチャー企業 # ベンチャー企業を知る

  • 現在の働き方に満足できず、自分のスキルを活かせそうなベンチャー企業で活躍したいが、自分のがベンチャー企業に合っているか分からず不安
  • 自分の専門性をより活かせる環境で働いてみたいが、自分はベンチャー企業で活躍できるだろうか
  • ベンチャー企業への転職を考えている方の中には、上記のような悩みや疑問を持つ方もいるでしょう。

    これまでの環境を変え、新たな環境に踏み出そうとしているときに不安を感じるのは当然です。

    そこで本記事では、ベンチャー企業で活躍できる人の特徴を詳しく紹介しています。

    また、ベンチャー企業への転職を成功させるための心構えやポイントにも触れているので、ぜひ最後までご覧ください。

      この記事を読んで分かること

    • ベンチャー企業で活躍できる人の特徴が分かる
    • ベンチャー企業への転職を成功させるための心構えが分かる

    企業タイプ診断

    ベンチャー企業と大手企業の違い

    ベンチャー企業とは、明確な定義はありませんが、一般的に新しいアイデアやテクノロジーを基に、革新的な製品やサービスを提供する企業を指します。

    多くの場合、企業は少人数で構成され、スピード感を持って事業を展開するという特徴があります。

    一方大手企業とは、一般的に長い歴史を持ち、安定した経営基盤と大きな市場シェアを持つ企業のことを指す言葉です。

    多くの従業員を抱え、組織構造が複雑で、意思決定のプロセスが長いという特徴があります。

    ベンチャー企業と大手企業のどちらにマッチするかわからない方は、企業タイプ診断などを受けてみると参考になるでしょう。

    より詳しく大手とベンチャーの違いを知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。大手企業とベンチャー企業の向き不向きについても解説しています。

    合わせて読みたい:【多くの人が勘違い】大手企業とベンチャー企業の向き不向きを転職のプロが解説

    ベンチャー企業で活躍できる人の特徴

    ベンチャー企業は、大企業とは異なる特有の環境を持っており、スピード感があり、変化が激しく、不確実性が高いのが特徴です。

    そのため、ベンチャー企業に向いている人とそうでない人がいると言えます。

    自分の性格や働き方がベンチャー企業の環境に合わない場合、ストレスを感じたり、十分な力を発揮できなかったりと、辛い経験をするケースもあります。

    そこで、ここではベンチャー企業で活躍できる人の特徴を紹介します。

    下記内容をもとに、自分がベンチャー企業に向いているかどうか、参考にしてみてください。

    • 1. 自律性と主体性
    • 2. 適応力と柔軟性
    • 3. 成長意欲と好奇心
    • 4. スピード感と実行力
    • 5. 課題解決能力とポジティブ思考
    • 6. 視野の広さと全体最適思考

    また自身にこれらの強みがあるのか、過去を振り返り自己分析をしてみましょう。こちらの記事で自己分析のやり方を3つ紹介していますので、参考にしてみてください。

    合わせて読みたい:転職に必要な自己分析のやり方を徹底解説|3つの方法を紹介します



    それでは、ベンチャーで活躍できる人の特徴を、以下でそれぞれ詳しく解説していきます。

    1.自律性と主体性

    ベンチャー企業で活躍するためには、自律性と主体性が欠かせません。

    なぜなら、ベンチャー企業では個人の裁量権が大きく、自発的な行動が求められるからです。

    受け身ではなく、自らの判断で行動を起こせる人が、ベンチャー企業では活躍しやすいと言えます。

    また、与えられた仕事をこなすだけでなく、主体的に新しいアイデアを提案し実行に移す能力も必要です。

    自ら率先して行動を起こすことができ、新しいアイデアを提案・実行して課題解決に向き合える人は、ベンチャー企業で活躍できる可能性を秘めています。

    2.適応力と柔軟性

    ベンチャー企業は市場の変化や技術の進歩に合わせ、常に変化し続ける必要があります。

    新しい事業機会を逃さないために、スピード感を持って意思決定を行い、実行に移さなければなりません。

    このような状況で活躍するためには、変化に柔軟に適応し、新しい状況にすばやく対応できる能力が不可欠です。

    市場の変化を敏感に察知し、それに合わせて自社の方向性を修正していく柔軟性が求められます。

    また、新しい技術や事業機会が出てきた際には迅速に対応し、自社の事業に取り入れていく適応力も重要となります。

    ベンチャー企業で活躍できる人は、変化を恐れず変わり続けられる人、自らをアップデートし続ける力がある人だと言えます。

    3.成長意欲と好奇心

    ベンチャー企業で活躍するには、個人の成長意欲と好奇心が非常に重要です。

    ベンチャー企業は大企業と比べて組織規模が小さく、個人の力が会社の成長に直結します。

    そのため、常に新しいことを学び、自己を向上させようとする意欲を持ち、未知のものに対する好奇心を持つことが求められます。

    また、ベンチャー企業は限られた人数で事業を進めていく必要があるため、従業員1人ひとりの能力が会社の成長に大きく影響します。

    企業を成長させるためにも、常に新しい知識やスキルに対し興味を持ち、学んでいく姿勢がとても重要です。

    常に新しいことを学び、自己を向上させようとする意欲と、未知のものに対する好奇心を持っている人は、ベンチャー企業で大いに活躍できるでしょう。

    4.スピード感と実行力

    ベンチャー企業は一般的に意思決定のスピードが早く、アイデアを迅速に実行に移すことが求められます。

    そのため、スピード感を持って行動し、課題解決に向けて粘り強く取り組む姿勢が重要です。

    また、新しいアイデアを出すだけでなく、それを実現するための行動力も同様に重要視されます。

    アイデアを実行に移す際、様々な障壁が立ちはだかることもありますが、それを乗り越えて結果を出すことが求められます。

    単なる「絵にかいた餅」ではなく、実際に「餅を食べる」力、つまり実行力が必要とされるのです。

    決定事項を素早く行動に移すことができ、困難にぶつかっても乗り越えることのできる高い実行力を持つ人は、ベンチャー企業という変化の速い環境にも適応できます。

    5.課題解決能力とポジティブ思考

    ベンチャー企業は少人数で構成されていることが多いため、限られたリソースの中で複雑な課題に取り組む必要があります。

    そのため、課題を的確に捉え、創造的な解決策を見出す能力と、困難な状況でもポジティブな姿勢を維持する強さが求められます。

    また、ベンチャー企業では未経験の業務に挑戦する場面も多く、試行錯誤を繰り返しながら課題解決に取り組む必要があります。

    そのような状況でネガティブな思考に陥ることなく、ポジティブな解決に向けて考え続けることのできる力は不可欠です。

    複雑な課題を論理的に分解し、本質を見抜く力を持つ人は、限られたリソースの中で大きな成果を上げることができるでしょう。

    6.視野の広さと全体最適思考

    ベンチャー企業では、個人の役割だけでなく組織全体の目標を理解し、全体最適の観点から行動することが求められます。

    自分の仕事が会社の成長にどのように貢献するのかを考え、視野を広く持つ能力が必要不可欠だと言えます。

    自分の役割に固執するのではなく、全社にとって必要なことは何かを考え、時には自分の業務の枠を越えて行動することも必要です。

    そのためには、視野を広く持ち、他部署の業務や会社の戦略についても理解を深める姿勢が求められます。

    会社全体にとって必要なことを逆算して行動できる力を持ち、既存の枠組みにとらわれずに行動出来る人は、変化の速い環境でも大いに活躍できるはずです。

    ベンチャー企業への転職を成功させるための心構え

    ここまでで、ベンチャー企業で活躍できる人の特徴について解説してきました。

    自分に当てはまる項目はありましたか?

    以下では、ベンチャー企業への転職を成功させるための心構えや、重要なポイントについて解説しています。

    内容をしっかりと理解し、自分なりのベンチャー企業への転職戦略を立てる際の参考にしてください。

    • 1. 柔軟なマインドセットと覚悟を持つ
    • 2. 何を目的にベンチャー企業へ転職するのかを明確にする
    • 3. スキルアップと自己投資を続ける
    • 4. 主体性を持ち、常にチャレンジし続ける
    • 5. 定性情報を取得し、マッチ度をしっかり確認する

    1.柔軟なマインドセットと覚悟を持つ

    ベンチャー企業への転職を成功させるためには、柔軟なマインドセットと不確実性や変化の激しさを受け入れる覚悟を持つことが重要です。

    また、ベンチャー企業では、既存の枠組みにとらわれない柔軟な思考が求められます。固定観念を打ち破り、新しいアイデアを積極的に取り入れようとする姿勢が重要です。

    同時に、新しいことへのチャレンジ精神も欠かせません。

    未知の領域に踏み込む勇気と、失敗を恐れない心構えを持つことがベンチャー企業で成功するための重要なポイントです。

    さらに、自分の時間やエネルギーを惜しみなく投資する覚悟も必要です。

    ベンチャー企業では業務量が多く、責任も大きくなることが多いため、自己犠牲的な働き方をせざるを得ない場面に遭遇する可能性も否定できません。

    しかし、その分自分の成長や会社の発展に直接貢献できる喜びも大きいものがあります。その喜びを得るために、覚悟を持って全力で取り組む姿勢が大切です。

    これらの姿勢をベンチャーマインドと言うこともあります。ベンチャーマインドの身に付け方を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

    合わせて読みたい:ベンチャーマインドとは何か?身に付け方や転職活動での活用方法を解説

    2.何を目的にベンチャー企業へ転職するのかを明確にする

    ベンチャー企業への転職を目指す際、何を目的にベンチャー企業へ転職するのかを明確にすることが重要です。

    まずは、自分自身の特性を客観的に分析することから始めましょう。

    自分の強み・弱みは何か、どのような価値観を持っているのか、将来的にどのようなキャリアを目指しているのかを明確にします。

    そのうえで、ベンチャー企業で働くことで、自分の強みを生かせるのか・弱みを克服できるのか・価値観を実現できるのか・キャリアの目標に近づくことができるのかを考えます。

    また、自分の専門性やスキルがベンチャー企業でどう活かせるかを考えることも重要です。

    ベンチャー企業では、限られたリソースの中で事業を推進するため、1人ひとりの専門性やスキルが重要な役割を果たします。

    自分の専門性やスキルがベンチャー企業の成長にどのように貢献できるのかを明確にすることで、転職の目的をより具体的に設定できるでしょう。

    自分の持つ強み・弱みや価値観を明確にするには、まずキャリアの棚卸しをすると良いでしょう。詳しいやり方や棚卸し用のワークシートは、こちらの記事をご覧ください。

    合わせて読みたい:キャリアコーチ監修!キャリアの棚卸しを最も効果的にやる方法【便利なワークシート付き】

    3.スキルアップと自己投資を続ける

    ベンチャー企業では、変化の速いビジネス環境に適応し、限られたリソースの中で成果を出すことが求められます。

    そのため、適応力や実行力、課題解決能力などのスキルを日々磨き続けていくことが不可欠です。

    ベンチャー企業で活躍するには、自分の専門性を深め、市場価値を高めることも大切です。

    ベンチャー企業では、専門性の高い人材が求められる傾向にあるため、自分の専門分野に関する知識やスキルを深めるために、自己投資を惜しまないことが重要です。

    書籍の購入やセミナーへの参加、資格取得など、自分の成長につながる投資を積極的に行いましょう。

    また、実践的な経験を積むことも重要です。

    オンラインコースを受講したり、実践的なプロジェクトに参加したりすることで、座学だけでは得られない実践的なスキルを身につけられます。

    ベンチャー企業では実践的なスキルが高く評価されるため、このような経験を積むことが転職後の活躍に繋がります。

    4.主体性を持ち、常にチャレンジし続ける

    ベンチャー企業では、大企業のように確立された業務プロセスや明確な指示がない場合が多いため、仕事待ちの状態では活躍できません。

    事業を伸ばすための方法や手段を常に考え、自ら行動することが不可欠です。

    市場動向の把握や、顧客ニーズへの深い理解、新しいアイデアの提案や、それを実現するための行動を起こすことが求められます。

    また、ベンチャー企業では今までやったことのない業務に挑戦する機会も多いため、失敗を恐れずチャレンジし続ける姿勢も重要です。

    失敗から改善点を学び、次のチャレンジに活かすことが、ベンチャー企業での成長に繋がります。

    5.定性情報を取得し、マッチ度をしっかり確認する

    ここまで解説した通り、ベンチャー企業は特殊な特徴を持つため、通常得られるような情報だけで、入社を判断するのは危険です。

    テキスト情報だけでは得られない、「社内の雰囲気」や「一緒に働く人の人柄」「企業カルチャー」などを採用動画などで確認し、自分がその企業に合っているかを確認することも非常に重要です。

    ビジョンへの共感度が上がったり、職場への愛着が湧くことで、入社後に活躍できる確率が高まるでしょう。

    以下が採用動画の一例です。ぜひ気になる企業がないかチェックしてみてください

    ベンチャー企業への転職をお考えの方へ

    ベンチャー企業への転職は、自分のキャリアを大きく変える可能性を秘めています。

    しかし、転職には十分な準備と覚悟が必要です。

    ここで紹介した心構えを身につけ自分の強みを生かせる企業を見つけ、自己投資を続けることで、ベンチャー企業で活躍できる可能性を高めることができるでしょう。

    また、転職においては入社後のミスマッチを減らすためにも、事前の企業研究や社風への理解を深めておくことが欠かせません。

    企業研究を行う際は、会社や人の雰囲気がよくわかる採用動画の確認がおすすめです。

    moovyは企業の採用動画を多数掲載している採用動画プラットフォームです。転職後のミスマッチを減らすためにも、moovyの採用動画をぜひご確認ください。

    moovyの特徴は以下の3点です。

    • ・30秒の短尺動画で手軽に職場のリアルな雰囲気を確認できる
    • ・シード〜急成長中の優良スタートアップ・ベンチャー企業が豊富に掲載されている
    • ・新卒でスタートアップに入社された先輩の入社理由なども掲載されている

    ベンチャー企業への転職を考えている人がmoovyを使うメリットは、以下の通りです。

    • ・優良ベンチャー企業が多く載っている
    • ・ベンチャー企業への転職時に注意しなければならない「ミスマッチ」を軽減できる
    • ・プロフィールを充実させることで、スカウトを受け取ることが可能

    転職活動の際は、ぜひmoovyの採用動画をチェックしてみてください。

    また、弊社では無料でキャリアカウンセリングも実施しています。興味がある方や、転職に悩んでいる方はぜひ検討してみてください!

    今林 智宏

    この記事を書いた人

    今林 智宏
    国立大学を卒業後、大手サービス企業に入社し、店長を歴任。チームマネジメントやマーケティング業務を経験。在籍中は、現場社員として数多くの学生・転職者の面接官も行う。退職後、スタートアップ企業にて、フロントエンドのシステム開発に加え、カスタマーサクセスやマーケティングを担当し、企業の採用や広告支援に関わる。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営事業
    • ・動画クリエイティブの企画・制作事業
    • ・採用コンサルティング事業