職務経歴書の書き方マニュアル!ダウンロード可能なテンプレ付き!

# 転職 # 面接

  • 職務経歴書の書き方がわからない…
  • とは言え、できれば手軽に作成したい!
  • こうした悩みをお持ちではありませんか?

    職務経歴書は重要なものだと理解しつつ、書くべき内容がわからない人も多いですよね。また一から作成するのも、気がひけるものです。

    そこで当記事では、職務経歴書の作成ポイントを解説したうえで、手軽に作成できる「職務経歴書のサンプル」も提供します。

    職務経歴書の書き方をマスターし、転職活動をうまく進めたい人は、ぜひお役立てください。

      この記事のまとめ

    • 基本的な職務経歴書の書き方がわかる
    • 必要に応じてサンプルをダウンロードして利用できる

    職務経歴書とは?

    職務経歴書とは、今までの業務経験やスキルが確認できる書類です。

    職務経歴や自己PRを具体的かつ詳細に書くことで、応募先に対してアピールができます。

    また採用担当者も職務経歴書の内容をチェックし、自社で活躍できそうな人物かを判断することから、重要な書類だと言えます。

    そのため、職務経歴書には「応募先でどれだけ貢献できるか?」を記載掲載する必要があります。

    混同されがちな履歴書との違いは、以下の通りです。

    • ・履歴書…応募者の「プロフィール」が確認できる書類
    • ・職務経歴書…応募者の「業務経験」と「業務で活かせるスキル」が確認できる書類

    職務経歴書を書く前の準備

    書類選考を通過しやすい「職務経歴書」を用意するには、書く前の準備が欠かせません。

    ここでは、職務経歴書を書く前に実施すべき【4つの準備】について紹介します。

    1.サンプルの用意

    職務経歴書を書く前に実施すべき準備の1つ目は、サンプルの用意です。

    職務経歴書を「まっさらな状態」から書き始めると、ハードルが高まります。そのため、サンプルを用意したうえで、自身に置き換えながら記入する方法がオススメです。

    当記事でもサンプルを用意しているため、ぜひご活用ください。
    (サンプルのダウンロードについては、のちほど案内いたします。)

    2.記載する必要がある要素を知る

    職務経歴書を書く前に実施すべき準備の2つ目は、記載する必要がある要素を知ることです。 必要な要素は、以下の5項目です。

    • a.職務概要
    • b.職務詳細
    • c.応募先で活かせる経験
    • d.資格
    • e.志望先企業への想い

    それぞれについて詳しく解説していきます。

    a.職務概要


    職務概要とは、職務経歴書の冒頭に記載する「内容の要約」です。

    職務経歴書は情報量が多いため、簡潔な情報を記載することで、アピールポイントを目立たす役割があります。

      ~職務概要を書くうえでのポイント~
    • ・100文字程度でシンプルに過去の経歴を記載する
    • ・文面の第一印象にもなるためキャッチーな内容を心がけ、興味をひかせる


    b.職務詳細


    職務詳細とは、取り組んできた(または取り組んでいる)仕事内容や役割のことです。たとえば「営業を担当し、リーダーとしての新人教育も担当した」などが該当します。

    職務詳細は職務経歴書の大半を占めるため、視覚的な読みやすさも意識すると良いでしょう。

      ~職務詳細を書くうえでのポイント~
    • ・実績など、数値で表現できる部分は数値化する
    • ・情報量が多い場合には、箇条書きや表も使用する
    • ・5W1Hが伝わるよう、具体的な内容を記載する

    とくに、以下の情報は必ず入れるようにしましょう。

    • ・会社名
    • ・在籍期間
    • ・自身が行った仕事内容
    • ・実績
    • ・実績を残すために工夫した点

    c.応募先で活かせる経験


    職務経歴書では、過去の経験をすべて書くのではなく、あくまで「応募先で活かせる」経験を記載します。

    なぜなら、採用担当者は職務経歴書を通じて、自社に貢献できそうな人物かを判断するからです。 活かせる経験が「応募先で活かせる内容」でなければ、自社で活躍するイメージを持てません。

      ~応募先で活かせる経験を書くうえでのポイント~
    • ・応募先企業で再現できる内容を選ぶ
    • ・多くなりすぎず個数としては2~3個ほどを記載する


    d.資格


    保有する資格を記載する際には、応募先との親和性が高いものだけでなく、関係性が低いものも記載しましょう。

    なぜなら、資格の取得に向けて「努力ができる人」という印象を与えられるからです。とは言え、無理に記載する必要はありません。

    資格を保有していない場合には「なし」と記載します。

      ~資格を書くうえでのポイント~
    • ・取得日が新しいものから時系列に書く
    • ・正式名称で記載する
      (例)誤:英検2級 → 正:実用英語技能検定2級


    e.志望先企業への想い


    志望先企業への想いでは、応募先に向けた特別な考えや意欲を記載します。

    一般的な職務経歴書には、こうした項目を設けないケースが多いです。しかし、他者との差別化ができ、志望先企業に「優先度が高いこと」をアピールできるため、重要な項目だと言えます。

    志望度が高い企業には、必ず記載すると良いでしょう。

      ~志望先企業への想いを書くうえでのポイント~
    • ・企業研究をして伝えたい想いをまとめましょう
    • ・HPや求人票だけではなく、定性情報も理解した上で記載しましょう

    志望企業への想いを書く場合には、応募先の定性情報を確認しておくことが重要です。動画を提示している企業があれば積極的に確認しましょう。例えば以下のような動画はとても有効です。



    3.業務経験の棚卸し

    職務経歴書を書く前に実施すべき準備の3つ目は、業務経験の棚卸しです。

    なぜなら、職務経歴書の作成では以下の項目が必要になるからです。

    • ・実績(今まで何をしてきたか?)
    • ・スキルや資格…(自分には何ができるか?)
    • ・将来のビジョン(今後どうしたいか?)

    業務経験を棚卸しすることで、上記3点が見えてきます。最初から文章にするのが難しい場合には、キーワードから書き出すと良いでしょう。

    また自身の年表を作成する要領で、過去の成功体験や失敗談などを思い浮かべつつ作成するとスムーズです。

    4.志望先企業を調査する

    職務経歴書を書く前に実施すべき準備の4つ目は、志望先企業の調査です。

    せっかく職務経歴書を用意しても、応募先のニーズから外れた内容だと、ミスマッチという判断になりかねません。応募先のニーズを汲み取り、自身を最大限にアピールするためにも、志望先企業の調査は重要です。

    志望先企業の調査では、ホームページや求人票を使った定量情報のチェックはもちろん、職場環境や人間関係といった定性情報のチェックも欠かせません。

    接触を控える昨今において、ここでもオススメな定性情報の確認方法は「採用動画」の活用です。



    書類選考を通過できる職務経歴書にするためのポイント

    面接に進むには、書類選考を通過する必要があります。ここでは、書類選考を通過できる「職務経歴書」にするためのポイントを解説します。

    押さえるべきポイントは、以下の3つです。

    • 1.シンプルかつ簡潔に書く
    • 2.応募先企業で再現できる経験を書く
    • 3.応募先企業への想いを伝える

    1.シンプルかつ簡潔に書く

    書類選考を通過できる「職務経歴書」にする1つ目のポイントは、シンプルかつ簡潔に書くことです。

    なぜなら、内容を最後まで読んでもらいやすくなるからです。また採用担当者に「要領が良い人」という印象も与えられるでしょう。

    そのためには、以下のポイントを意識しましょう。

    • ・文章を長くしすぎない
    • ・箇条書きや表も取り入れる
    • ・友人や家族など、第三者にチェックしてもらう

    2.応募先企業で再現できる経験を書く

    書類選考を通過できる「職務経歴書」にする2つ目のポイントは、応募先企業で再現できる経験を書くことです。

    採用担当者は職務経歴書をチェックすることで「自社に貢献できる人か?」を見ています。そのため、多くの経験を記載していても、応募先で再現できる経験が書いていなければ意味がありません。

    応募先企業で再現できる経験を書く際には、以下の流れですすめると良いでしょう。

    • ・応募先企業を研究し、必要なスキルを把握する
    • ・自身との共通点を見つける
    • ・自身の経験を一般化(抽象化)して応募先企業でも再現できることを伝える

    3.応募先企業への想いを伝える

    書類選考を通過できる「職務経歴書」にする3つ目のポイントは、応募先企業への想いを伝えることです。

    前述の通り、職務経歴書に「応募先企業への想い」を記載するケースは多くありません。そのため、応募先への想いを記載することで、他者との差別化ができ印象アップにつながります。

    また企業は、自社への志望意欲が高い人を採用したいと考えるものです。なぜなら、志望意欲が高いと定着率の向上が期待でき、積極的に働いてくれる可能性も高まるからです。

    とは言え、多くを記載する必要はありません。2~3行程度で構わないため、自身の想いを記載しましょう。

    職務経歴書の作成でよくある質問

    つづいて、職務経歴書の作成で「よくある質問」について解説します。

    代表的な質問を掲載するので、作成時に役立ててください。

    Q.「手書き」と「パソコン」どちらが良いの?

    職務経歴書の作成において、手書きかパソコンかの決まりはありません。しかし、現在はパソコンでの作成が主流です。

    パソコンで作成すると、誤字脱字といったミスを修正しやすく、レイアウトの調整も容易です。またデータが手元に残るため、企業に応じた職務経歴書をカスタマイズし、効率的に作成ができます。

    以上のことから、企業から指定がない場合には、パソコンで作成します。

    郵送での提出を求められた場合には、プリントアウトしたものを発送し、データでの提出を求められた場合には、PDF形式で提出しましょう。

    Q.フォントは何を選べば良いの?

    職務経歴書のフォントに決まりはないものの、ビジネスシーンに合う一般的なフォントを選ぶと安心です。

      ~ 一般的なフォントの例 ~
    • Windowsの場合…明朝体、メイリオ
    • Macの場合…ヒラギノ明朝、ヒラギノ角ゴ

    またゴシック体は、見出しといったアクセント程度の使用がベターです。一般的なフォントを選ぶことで、採用担当者も違和感なく目を通せるでしょう。

    またフォントを揃えていないと、違和感を与える原因になるため、しっかりと統一します。サンプルをダウンロードすると、フォントが統一されていることから、そのまま活用できます。

    Q.アルバイト経験は記載すべき?

    アルバイト経験は、基本的に記載の必要はありません。

    ただし、応募先で活きるアルバイト経験を持つ場合には、記載しても良いでしょう。

    またアルバイト先で「リーダー経験」や「業務改善に取り組み、評価を受けた場合」などは、その旨を記載することもオススメです。

    一方、応募先のニーズに合致しない内容や、短期間で辞めてしまったアルバイト経験は記載を避けましょう。

    職務経歴書_サンプルのダウンロード

    職務経歴書の作成では、サンプルを活用する方法が効率的でありオススメです。

    ここでは、営業職用のサンプルを用意しました。とは言え、職務経歴書の要素は他職種でもあまり変わりません。

    そのため、営業職以外の人も「実績の部分を自身の職種に合わせて変更」することで、すぐに使用できます。

    (例)【企画職の場合】
    実績部分を「実際に企画したサービスと、その実績」に変更する

    (例)【エンジニアの場合】
    実績部分を「実際に携わったサービス名と、自身の担当範囲」に変更する

    以下のURLより職務経歴書のサンプルをダウンロードできます。ぜひご活用ください。
    >職務経歴書ダウンロード

    また、職務経歴書の添削サービスもmoovyユーザーなら『無料』で承っています。職務経歴書の作成にお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

    職務経歴書のご相談はメールにて → moovy_support@moovy.co.jp

    転職活動を成功させたいあなたへ

    職務経歴書を書く際には、サンプルを用意したうえで、応募先企業に合わせた内容に仕上げる必要があります。

    応募先企業に適した職務経歴書を用意するには、企業の情報収集が欠かせません。ホームページや求人票に掲載された情報はもちろん、人間関係や職場環境といった定性情報のチェックも重要です。

    採用動画プラットフォームmoovyでは、オフィスツアーや従業員のリアルな声を紹介しているため、定性情報をしっかりとチェックできます。



    また、経営者・人事担当者・管理職といった面接官候補のインタビューチェックも可能です。そのため、職務経歴書を用意する際に「企業の心をつかむ」要素を、取り入れやすくなります。

    職務経歴書の書き方を押さえ、転職活動を成功させたい場合には、ぜひ採用動画プラットフォームのmoovyをご活用ください。

    浅倉 章平
    この記事の監修者
    浅倉 章平

    東京都出身。青山学院大学 理工学部を卒業後、大手企業にて営業畑を中心に活躍。その後、大手転職エージェント企業にてキャリアアドバイザー、営業マネージャーという立場で累計1,700名以上の転職を支援。履歴書の書き方から面接対策まで、幅広い転職ノウハウを持つ。現在はSaaS系メガベンチャー企業にて営業組織の立ち上げやカスタマーサクセス等の業務に関わっている。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表取締役 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
    • ・採用動画の企画・制作