人気上昇中!コンサルタントの将来性とキャリアプランを考察してみた

# 転職 # コンサル # スタートアップ

  • コンサルタントとして働いているけれど、将来性はあるのだろうか?
  • もう少しワークライフバランスを改善して成長できる環境はないか?
  • こうした考えをお持ちではありませんか?

    近年、コンサルタントは若い世代から人気を集めている職種の一つです。就職活動に意欲的な学生のなかにもコンサルティング業界を志す学生は少なくありません。

    しかし、さまざまな職業がAIやITの影響を受けている昨今、コンサルタントとして働くことについて将来性を不安に思う人は少なくないはずです。

    あるいは、コンサルタントという職種に対し、働き方やエンドユーザーが見えないことに、何気なくミスマッチを感じている人もいるでしょう。

    そこで本記事では、コンサルタントの将来性やキャリアプランなどについて解説します。あわせて、コンサルタントの魅力も紹介します。

      この記事のまとめ

    • コンサルタントのニーズは今後も続くことが予想される。しかし、将来性がないと言われることも。
    • 顧客がコンサルタントに求めるソリューションの範囲が拡大し、更にテクノロジーの進化やコンサルタントの一般化が進んでいる。
    • AIなどのITや顧客の社内にいるコンサル経験者に代替されないコンサルタントとして、専門性の高さや幅、情報のアップデートが求められている。
    • コンサルタント以外にも、成長できる環境はあり、ベンチャーなどが転職先として人気。コンサルファームにいると、異業界へ転職した先輩なども多くいるため、人脈を活用しながら、新たなチャレンジをする人もいる。


    コンサルタントに将来性はある?

    コンサルタントには将来性があるのか疑問を抱えている人は多いはずです。結論から言うと、「将来性はある」と言えます。

    一方で、「将来性はない」と言われることもあるようです。変化の激しいこの世の中。将来性を見通す際には両方の意見があるのは当然のこと。

    これまでのコンサルタントのあり方が変わってきているため、コンサルタントとしての意識も変えていく必要があります。

    では、具体的にコンサルタントに将来性があるといわれる理由とないといわれる理由をそれぞれ見ていきましょう。

    コンサルタントに将来性が「ある」といわれる理由

    世の中が大きく移り変わろうとしている昨今、コンサルタントの力は多くの企業で必要とされています。コンサルタントに将来性があるといわれる理由は大きく下記の2つです。

    • ・経営視点・グローバル視点でものごとを考える習慣・論理性
    • ・企業のIT化

    1.経営視点・グローバル視点でものごとを考える習慣・論理性

    近年、日本企業の多くが海外進出を検討しています。日本企業が海外進出を目指す理由はさまざまですが、コスト削減などを目的に海外に拠点を置こうと考える企業も多いです。

    経営者の多くは海外進出についての知識やノウハウがありません。海外進出で市場を拡大し、成長していくためにはコンサルタントの経営視点でのアドバイスが必要とされています。

    新興国への参入にあたりコンサルタントに海外進出のノウハウや法律、規制などを伝授してもらいたいと考える企業は多くあります。

    また、ビジネスが複雑化する昨今、企業が存続するためには直感ではなく、データに基づいて経営戦略を立てる必要があります。

    コンサルタントの論理的な課題解決力を必要とする企業も少なくありません。

    2.企業のIT化

    IT技術の発展によってコンサルタントの仕事が少なくなるのでは?と心配する声がある一方、企業のIT化がコンサルタントの仕事を増やしているという見方もできます。

    多くの企業は自社にITに関する知識がないため、コンサルタントにIT化DXや事業改革などについての解決策を提案してもらいたいと考えています。

    また、社員の業務負担軽減や社内の生産性アップなどといった課題が、システムを活用することで解決するケースも増えています。

    コンサルタントにはIT導入による業務改革に関する知識も求められています。

    コンサルタントに将来性が「ない」といわれる理由

    一方、コンサルタントに将来性がないのでは?と懸念する声もあるようです。コンサルタントに将来性が「ない」といわれる理由を見ていきましょう。

    コンサルタントに将来性がないといわれる理由は下記の4つです。

    1.インターネットの著しい発展やAIの登場

    コンサルタントの仕事として、財務分析やデータ分析は大きなウェイトを占めています。

    しかし、AIやBIツールの普及によって各種データ分析は自動化され、コンサルタントが行う必要がなくなるといわれています。

    財務分析やデータ分析をシステムで行う企業が増えると、コンサルタントに外注する必要性がなくなってしまうでしょう。

    2.コンサルタント業界から他業界に転職する人の増加(コンサルタントの一般化)

    近年、コンサルティング業界から他業界に転職する人が増えています。さまざまな業界に精通しているコンサルタントは、他業界でも歓迎される存在です。

    しかし、最近では、コンサルティング業界からの転職者が各業界で増えており、自社に元コンサルタントが在籍する企業も増えています。

    また、働き方の多様化により、副業やフリーランスのコンサルタントも増えています。安価でも質の高い個人のコンサルティングを受けられることも増えてきています。

    そのため、昨今ではコンサルティングをコンサルタント会社に依頼する必要がない企業も増加傾向にあります。

    3.絵に描いた餅ではなく、現場への浸透まで顧客から期待されている

    コンサルタントの仕事は構想やスキームの提案が一般的でした。そのため、実際のオペレーションにおいては現場任せになることも珍しくありません。

    しかし、最近では、コンサルタントがカバーしてこなかった現場業務の改善まで、クライアントから求められることが増えてきています。

    クライアントからは、コンサルは「親身ではない」「提案だけして終わり」といったイメージがあり、コンサルタントをよく思っていない企業も増えてきています。

    コンサルタントのキャリアプラン

    コンサルタントの将来性はあると言えるが、不安がないわけではありません。

    コンサルタントは様々なノウハウを有し、企業経営の分析や事業最適化を行っています。それらの経験から他業種でも十分するスキルや経験があります。

    そのため、転職においては、コンサルタント経験はどの業界からも引く手数多です。ここでは、コンサルタントのキャリアプランについて解説します。

    コンサルタントの転職先についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。気になる方はぜひご覧ください。

    合わせて読みたい:引く手数多?コンサルタントの転職先を考える。転職する上での注意点も解説



    1.独立/フリーランス

    コンサルタント経験者の中には独立して、コンサルタント会社を設立するケースや、フリーランスとして活躍するケースも多くあります。

    希少な経験、スキルを有している場合や、多くの人脈を有している場合、他のコンサルタントよりも活躍できる可能性があるため、独立する人が多いようです。

    自分の力で会社を経営したり、フリーランスとして、仕事を獲得していくことは、会社員として所属しているよりも大変な分、やりがいや喜びは大きいでしょう。

    2.起業

    起業はコンサル出身者にとって、すでに身近なキャリアの一つとなっています。

    コンサルタントとして培った経営に関する見識や、問題解決能力を活用しつつ、社会的にインパクトのある事業を推進できる魅力があります。

    自分自身で経営の意思決定を行うことができ、事業がうまくいけば非常に高い報酬を得ることができる点も魅力的です。

    しかし、コンサルタント時代に培ったノウハウや経験と実際の起業家に求められる、スキルなどは大きく違う点には注意が必要です。

    コンサル出身者が起業し成功した例は多いですが、その実績を過信してはいけません。

    まずは、ベンチャー企業やスタートアップ企業などに転職し、小資本のビジネスを運営する経験を積むことも有力なキャリア設計です。

    コンサルタントから起業した方にインタビューした動画があります。気になる方はぜひ参考にしてみてください。



    3.ベンチャー/スタートアップ企業への転職

    コンサルタントとして、経験してきたものをこれから成長するベンチャー・スタートアップ企業に活かしたいと考える方も多くいらっしゃいます。

    まだまだ企業としての実績がないため、やるべきことは多く、コンサルタントの経験が大いに役立つでしょう。

    ベンチャー企業・スタートアップ企業の多くは、社会課題をテクノロジーやプラットフォームの力で解決するような社会的インパクトのある事業展開を志向しています。

    そのような社会的意義のある仕事で自身の力を発揮したいと考えるコンサルタント出身者を惹きつけており、有力な転職先となっています。

    昨今のベンチャー、スタートアップ企業の資金調達額が潤沢になりつつある環境下で高ポスト、高待遇での受け入れをしている企業も多く、これらの観点からも人気は急上昇しています。

    ベンチャー、スタートアップ企業に転職した人のインタビュー動画も紹介します。

    なぜ、転職を決意したのか、どんな思いで転職したのか。など、参考になると思います。



    4.外資系企業への転職

    給与水準の高さとワークライフバランスの良さ、専門領域でのキャリア形成が期待できるのが、最大の魅力。

    事業の社会的なインパクトの大きさや、今後の事業成長を鑑みて、グローバルIT企業への転職を目指す人も増えています。

    また、ポストコンサルを高いポジションで受け入れる土壌があり、社内の幅広い部門でコンサルタント出身者が活躍している点も魅力的です。

    5.PEファンドへの転職

    「クライアントに提案したプランの実行に、最後まで責任を持って伴走したい」という望みを持つコンサルタントは少なくありません。

    そのため、企業に投資している株主の立場から経営に参画し、長いスパンで抜本的改革を推進できるPEファンドへの転職は、コンサル出身者から人気が高くなっています。

    実際の業務としては、投資決定までの期間や投資後の立て直し期間は忙しいものの、事業が軌道に乗ればモニタリング業務が中心となるため、ワークライフバランスは比較的取りやすいでしょう。

    コンサル業界から転職を検討しているあなたへ

    コンサルタントは業務を通して多様なスキルを培える他、経営視点を身につけることもできます。

    また、VUCAと言われる変化の激しい昨今の情勢からも、クライアント企業が抱える悩みも変化し、明確な解がわからない時代が続くことが予想されるするため、コンサルタントの仕事がなくなることはないと考えられます。

    将来性があるコンサルタントになるためには、時代のニーズを汲み取り、企業が求めている支援を行えるスキルやノウハウを常にアップデートしなければなりません。

    とはいえ、コンサルティング業界で働く人のなかには、転職を検討している人もいるでしょう。

    コンサルタントの転職先は引く手数多です。その中から自分のやりたいことやマッチする企業を選択することが必要です。

    そこで、採用動画プラットフォームのmoovyで探してみてはいかがでしょうか。

    moovyの特徴は以下の3点です。

    • ・30秒の短尺動画で手軽に職場のリアルな雰囲気を確認できる
    • ・シード〜急成長中の優良スタートアップ・ベンチャー企業が豊富に掲載されている
    • ・本当に優良なスタートアップ、ベンチャー企業からスカウトが届く

    moovyはテキストだけの求人情報だけでなく、コンサルタントから転職した人のインタビュー動画や会社の雰囲気が分かる動画など、テキストではわからない情報を知ることができます。

    まずは1本動画を見てみてください。自分に合った企業に出会えるかもしれません。

    矢野口 聡
    この記事を書いた人
    矢野口 聡

    東京農工大学卒業後、東京大学大学院にてバイオエンジニアリングを専攻。新卒で富士フイルム株式会社入社。ディスプレイ材料研究所にて要素研究から製品開発に従事。地域企業における持続的な発展や、経営課題の解決に取り組みたいという思いから、2020年ベンチャー企業である株式会社グローカル(https://www.glcl.co.jp/)へ転職。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表取締役 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
    • ・採用動画の企画・制作