ミドルフェーズのベンチャー企業に転職したい!おすすめ企業も紹介!

# ベンチャー企業を知る

  • ミドルフェーズのベンチャー企業に興味があるけれど、具体的にどんなものか分からない
  • どんな企業があるのか、どんな特徴があるか知りたい
  • こんな疑問をお持ちではないでしょうか。確かにミドルフェーズのベンチャー企業には様々な特徴があり、イノベーティブなサービスを提供する企業もたくさんあります。

    具体的に詳細がわかるようになれば、魅力的な企業に出会えるようになります。

    ぜひこの記事で具体的な企業をチェックし、ミドルベンチャーの魅力を知ってください。

      この記事のまとめ

    • ミドルベンチャーにはAIやDXを取り入れてシェアを拡大している企業がある
    • ミドルベンチャーは働き方などに特徴がある

    企業タイプ診断

    ミドルベンチャーとは

    スタートアップは創業からの成長度合いによって4つのステージに分けられています。

    シード」「アーリー」「ミドル」「レイター」の 4段階です。

    以下にそれぞれのステージ別特徴をまとめています。

    ベンチャー企業のステージ別特徴 中でもミドルステージはサービスが確立して市場認知が向上、拡大していく段階です。

    組織も拡大していく段階のため、採用人数も増え、組織再編も行われていく時期に当たります。

    スタートアップのステージの中でも、特にダイナミックに会社が拡大する時期と言えるでしょう。

    自分がどのフェーズの企業が合うか知りたい場合は、企業タイプ診断がおすすめ!

    心理学の観点から自分がどのフェーズの企業がマッチするかがわかります。

    ミドルベンチャーのおすすめ企業5選

    ミドルステージのベンチャーでおすすめの企業を5つご紹介します。

    いずれの企業もAIやDXを既存市場に取り入れることでイノベーティブなサービス提供をしていることが共通点です。

    魅力的なサービスを展開し、今注目されている企業をピックアップしました。

    キャディ株式会社

    • ・業種:AI・IoT・RPA関連
    • ・創業:2017年10月
    • ・社員数:100名〜500名未満
    • ・資金調達額:総額約80億円(シリーズB)


    キャディ株式会社は、製造業の受発注プラットフォーム「CADDi(キャディ)」を展開しています。

    製造業はいまだに非効率な部分が多くなっていますが、キャディではテクノロジーの力で構造改革を行い、「モノづくり産業のポテンシャルを解放」することを目指しています。

    そこで開発されたのが「CADDi」です。「CADDi」は独自開発した見積もりシステムで最適なサプライチェーンを構築できる特徴があります。

    同サービスは米ファストカンパニー社主催「Most Innovative Companies 2024」に選出されました。

    製造業向けSaaSを提供する企業としては唯一の選出であり、製造業界のDXによる改革を期待されています。

    キャディ株式会社について、こちらの動画でより分かりやすく紹介しています。

    コミューン株式会社

    • ・業種:ソフトウェアベンダー・SaaS
    • ・創業:2018年4月
    • ・社員数:100名〜500名未満
    • ・資金調達額:総額約19.3億円(シリーズB)


    コミューン株式会社では、カスタマーサクセスプラットフォーム「Commune」を展開しています。

    組織内コミュニティ構築、カスタマーサクセスにおける顧客コミュニティの構築を目的としたプラットフォームです。

    またカスタマーサクセスのユーザー状況把握やアクションを可能にするためのプラットフォーム「SuccessHub」も展開しています。

    特に「Commune」は2024年春のG2 Gridレポートにてオンラインコミュニティ管理カテゴリーのグローバルリーダーをはじめ、4部門に選出されました。

    革新的なプラットフォーム展開による業界への貢献が認められ、また日本のみならずグローバル市場での顧客満足度の高さが選出理由です。

    質の高いサービスを提供し、注目されている企業と言えるでしょう。

    コミューン株式会社について、こちらの動画でより分かりやすく紹介しています。

    株式会社WAKUWAKU

    • ・業種:その他、不動産
    • ・創業:2013年6月
    • ・社員数:100名〜500名未満
    • ・資金調達額:総額約7億円(シリーズC)


    株式会社WAKUWAKUは「Make The World ” WAKUWAKU ” 世界中の人々がワクワクできる社会を創る」を掲げています。

    リノベーションプラットフォーム「リノベ不動産」を運営し、ITとリアルを融合した中古住宅プラットフォーム事業を展開しています。

    「リノベ不動産」は中古+リノベーションのワンストップサービス市場シェアNo.1(デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社調べ)を獲得しております。

    また顧客ファーストが叶うプラットフォームであることが注目され、シリーズC ファーストクローズにて総額7億円の資金調達も果たしている、今注目のミドルベンチャーです。

    株式会社WAKUWAKUについて、こちらの動画でより分かりやすく紹介しています。

    株式会社NearMe

      株式会社NearMeイメージ画像
    • ・業種:インターネットサービス
    • ・設立:2017年7月
    • ・社員数:100名以下
    • ・資金調達額:13億円(シリーズB)


    株式会社NearMeは「ソーシャルデザインカンパニー」としてAIを活用した新しい移動体験を提供しています。

    「第4の公共交通機関」として送迎シャトルサービスや定額の貸切ハイヤーなど、新しい交通の選択肢を創出しています。

    デロイト・トーマツ・グループが開催している「Technology Fast 50 2023 Japan」で9位にランクインするなど、急成長している企業です。

    ライドシェア市場は昨今日本でもサービスが開始するなど、注目が集まる業界。そこでサービスを提供しているNearMeは将来も期待できる企業です。

    株式会社レボーン

      株式会社レボーンイメージ画像
    • ・業種:情報通信
    • ・設立:2016年4月
    • ・社員数:100名以下
    • ・資金調達額:累計7億円(シリーズA)


    株式会社レボーンは嗅覚の可視化・デジタル化にアプローチしている企業です。

    においの課題に対応するため、においに関するAIやにおい再現デバイスを提供し、においの課題に対するコンサルティング、においの精密な効果測定などを提供しています。

    すべての製品を自社開発しており、これまで着目されてこなかった「におい」の領域を扱う唯一無二の企業として「週刊東洋経済」選出の「すごいベンチャー100」2023年版に選出されました。

    有望なベンチャーとして今注目を集めています。

    ミドルベンチャー企業の特徴

    ミドルステージのベンチャー企業の特徴をご紹介します。

    ミドルステージは市場認知が高まり、組織が大きくなる過渡期にあたります。

    働く人にとって特徴的な環境があるため、今回は代表的なポイントに絞り、ミドルベンチャーの年収・働き方・キャリアパス、そしてミドルベンチャーに向いている人の特徴をご紹介します。

    1.ミドルベンチャーの年収

    ミドルベンチャーの年収はシード、アーリー期からは徐々に給与水準が上がってくる時期ですが、人によって開きが出やすい傾向があります。

    企業の拡大期にあたるため先行投資のための支出が増えやすい時期であり、大手企業と比べるとまだ年収は低い人も多いです。

    一方で組織編成のための投資として、事業拡大を推進できる能力の高い方には大手企業よりも高い年収を払う傾向もあります。

    どのステージのベンチャーでも、仕事の実力に応じて給与を決める傾向が強いため、年収を上げたい方は様々な仕事にチャレンジすると良いでしょう。

    2.ミドルベンチャーの働き方

    ミドルステージの企業の働き方は忙しくなりやすい傾向があります。

    この時期の会社の特徴として、以下のような状況になります。

    • ・サービス認知が広がり、サービスを拡大する時期
    • ・組織編成が大きく変わる時期

    上記のように、市場認知が広がりつつも更なるグロースを狙っていく時期であり、売上拡大への取り組みがかなり活発になります。

    加えてより大きな企業になることを目指して組織編成にも取り組むため、体制構築への取り組みも必要となります。

    人によっては両方の取り組みが必要になるため、かなり流動的で忙しい環境となる可能性があります。

    その分やりがいが大きく、自身のキャリアにおいて貴重な経験となります。最も面白く、大きく成長できる時期と言えるでしょう。

    3.ミドルベンチャーのキャリアパス

    ミドルステージの企業のキャリアパスには、かなり早期にキャリア構築がしやすい特徴があります。

    ミドルステージ期のベンチャー企業は組織拡大にむけて採用を進め、新たな部署の設立やポジションの増加など、大きな組織に再構築する必要が出てくる時期です。

    事業拡大のための戦略立案やマネジメントができる機会が増えるため、上流ポジションにチャレンジしやすく、早期に経験を積める可能性も広がります。

    また、前述の通り、貴重な経験となるため、この時期の経験は転職においても有利になることが多いです。

    早期にキャリアアップをしたい方にとっては非常にいい環境と言えるでしょう。

    4.ミドルベンチャーに向いている人

    ミドルステージの企業では忙しくなる傾向が強く、ワークライフバランスを求めている人には向いていないかもしれません。

    この時期に向いている人の特徴は、以下のようなものが挙げられます。

    • ・0→1の仕事よりも、1→100にするような仕事が得意な人
    • ・仕事量をうまくコントロールし、セルフマネジメントできる人
    • ・変化に対応し、チャレンジ精神が高い人

    前述の通り、業務量は多く、忙しい環境の中で自分の仕事をセルフコントロールできる人が活躍しやすくなります。

    また流動的な環境でも目標を見失わずに行動ができ、前例のない仕事でも率先してチャレンジできる方が活躍するでしょう。

    自律的に自分のキャリアを築いていきたいと覚悟を持っている方にとっては、行動しやすい環境と言えるでしょう。

    ミドルベンチャー企業が気になる方へ

    ミドルフェーズのベンチャー企業が気になったら、具体的な求人を調べてみましょう。

    提供しているサービスも雰囲気もかなり個性があるため、自分に合った企業を幅広く探すことが重要です。

    スタートアップの求人を探すならベンチャースタートアップに特化した採用動画メディアmoovyがおすすめ。

    ミドルフェーズのベンチャー企業はもちろん、厳選したスタートアップやベンチャーの情報が豊富に掲載されています。

    ミスマッチが多い、ベンチャースタートアップ業界の中で、動画での企業情報も多いため、文章だけではわからない雰囲気も掴みやすくなっている求人メディアは貴重です。

    ぜひ様々なベンチャー企業に出会って、自分に合った企業を見つけてみてください。

    井崎 麻結

    この記事を書いた人

    井崎 麻結
    国家資格キャリアコンサルタント。キャリアコンサルタント技能士2級取得。大学院を卒業後、専門学校の授業企画・スクール運営を経験後、人材系ベンチャー企業に転職し人材紹介業と派遣事業に携わる。主に、個人営業・法人営業・採用業務に携わる。現在はフリーランスとしてキャリア系メディアのライティング、キャリアコーチなどに従事。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営事業
    • ・動画クリエイティブの企画・制作事業
    • ・採用コンサルティング事業