Z世代就活生の約9割が活用する企業の選び方|データを元に解説

# 転職 # 求人動画

  • 自分に合った企業を選びたい!
  • 企業情報はどうやって押さえればよいのだろう?
  • Z世代と言われる人で、こうした考えをお持ちの人はいませんか?

    企業選びは将来を左右するため、ベストな企業に就職したいですよね。とは言え、企業選びで苦戦する人が多いのも事実です。

    そこで当記事では、Z世代に向けて「企業選びで意識すべきポイント」や「有効なツール」について解説します。

    ベストな企業選びを実現したい人は、ぜひ参考にしてください。

      この記事のまとめ

    • Z世代の就職活動では採用動画を活用して企業選びをする人が増えている
    • 採用動画が有効な理由は働く現場のリアルな様子を確認できるから
    • オススメの採用動画は短尺縦長で社員のインタビューや働く様子が分かる動画

    Z世代就活生の約9割が活用する「採用動画」

    Z世代就活生が活用する採用動画データ

    Z世代の特徴

    Z世代とは、世代分類を表現した言葉で、一般的には1990年代中盤から2010年代生まれを指します。

    Z世代の特徴は、物心ついた時からデジタル環境に触れており、スマホやSNSの使用が当たり前であることです。幼少期からYouTubeなどの動画視聴や、スマホによるインターネットでのサイト検索は日常茶飯事だった人も多いでしょう。

    またZ世代の前はY世代(ミレニアルミレニアム世代)であり、さらに前はX世代と呼ばれています。すべての世代において、価値観が異なります。

    Z世代が企業選びで意識するべきポイント3選

    Z世代が企業選びで意識すべきポイントとはどんなところでしょうか。これまでの就活生と大きくは変わりませんが、やはりその時代に合ったポイントがあります。

    その中で、特にZ世代が意識するべきポイントは以下の3点です。

    • 1.多様性を認めてくれる企業を選ぶ
    • 2.自分らしく働ける環境である
    • 3.リアルなイメージを持てない企業は選ばない

    1.多様性を認めてくれる企業を選ぶ

    Z世代が企業選びで意識すべき1つ目のポイントは、多様性を認めてくれる企業を選ぶことです。

    昨今では急速なグローバル化やダイバーシティにより、「多様な人材の活用」や「多様な働き方」を推奨する動きが活発化しています。

    こうした状況下で、従来の固定観念によって多様性を認めない企業では、働きにくさを感じるでしょう。

      ~多様性を認めない企業の例~

    • ・「会社の言うとおりに働けばよい」と言う
    • ・前例のない事例は認めない
    • ・完全な年功序列型である

    また多様性を認めない企業は、働きにくいだけでなく、企業自体の持続的発展も期待できません。

    以上のことから、これからの時代を担うZ世代の人たちは、多様性を認めてくれる企業を選ぶべきだと言えます。

    2.自分らしく働ける環境である

    Z世代が企業選びで意識すべき2つ目のポイントは、自分らしく働ける環境であることです。仕事は1日の大半を占めるものであり、自分らしく働ける環境に身を置くことで、自分の人生そのものを有意義に過ごせます。

    自分らしさを封じて我慢して働いても、自分自身はもちろん、企業にとってもよい結果は生じません。

    また自分らしく働ける環境とは、あくまで自分が主体であり、心地よく働ける環境を指します。つまり、自分らしく働ける環境を見つけるには、以下のポイントへの意識が大切です。

    • 1、企業のビジョンに合わせない
      →自分から企業に合わせるのではなく、自分のビジョンと合致する企業を選びます。
    • 2、実現したいことができる企業を探す
      →将来的な自分の目標に対し、一緒に歩める企業が理想です。 自分の目標が見えない場合には、自己分析をしたうえで、理想像を整理しましょう。

    自己分析のやり方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

    合わせて読みたい:転職の自己分析で有効な「Will-Can-Must」を徹底解説



    3.リアルなイメージを持てない企業は選ばない

    Z世代が企業選びで意識すべき3つ目のポイントは、リアルなイメージを持てない企業は選ばないことです。

    Z世代はインターネット検索に慣れているため、ホームページや求人サイトの情報だけではなく、口コミやSNSからリアルな情報を集める人も多く見受けられます。

    しかし、昨今では職場見学や会社説明会の機会が減ったため、口コミやSNSをこえたリアルさに関しては、情報収集に苦戦することも多いでしょう。つまり、リアルなイメージまでは持てないケースが多いと言えます。

    とは言え、リアルなイメージが持てないまま就職先を決めるのは危険です。なぜなら、ミスマッチが生じやすく、早期退職になりかねないからです。

    昨今のような「接触を控える時代背景」であっても、リアルなイメージを提供する企業は存在します。そのため、リアルなイメージを提供する企業のなかから、応募先企業を選ぶべきだと言えます。

    Z世代就活生が「採用動画」を活用する理由

    Z世代就活生が採用動画を見る場面

    前述の「企業選びで意識すべきポイント」を踏まえたうえで、採用動画が活用されている理由を解説します。

    Z世代就活生のおよそ9割が就職活動の際に【採用動画】を参考にしたというデータは前述のとおりですが、 では、なぜ今採用動画が選ばれているのでしょうか?その理由を解説します。

    理由1.多くのZ世代就活生が「動画の有効性」を感じているから

    就活を成功させたいZ世代が【動画】を活用すべき1つ目の理由は、多くのZ世代就活生が「動画の有効性」を感じているからです。

    以下に、Z世代就活を対象にした「動画活用」のデータを紹介します。

    採用動画視聴後の志望度の変化データ

    上記データによると、77.0%の人が、【採用動画】の視聴で志望度に変化が出たと回答しています。

    これは動画の視聴によって、社内の雰囲気を詳しく感じとることができたことが大きな要因と考えられます。

    社会情勢の変化により、直接会うことが憚れ、リアルな情報を得ることが難しくなっている今日。

    テキストだけでは得られないリアルな情報を得ることは企業を選ぶ上で非常に有効だということです。

    理由2.動画を提供する企業はZ世代の価値観を理解している

    就活を成功させたいZ世代が【動画】を活用すべき2つ目の理由は、動画を提供する企業はZ世代の価値観を理解しているからです。

    求人票やホームページ上の情報といった「テキスト」だけではなく、あえて「動画」を制作している企業は、Z世代の価値観を理解する傾向にあります。

    なぜなら、企業サイドが「Z世代は動画の視聴に慣れた世代だ」と把握したうえで、採用動画という一歩踏み込んだ行動に出ているからです。

    つまり、Z世代の人材を「必要」かつ「大事」にしたいからこそ、対象の世代にアプローチできる手法を選んでいます。

    Z世代の価値観を理解する企業であれば、働きやすさが増すだけでなく、自分の理想も叶えやすいでしょう。

    一方「動画ではなく従来通りの採用方法を!」と考える企業は、企業体質も古い傾向にあるため、そもそもZ世代と合わない可能性があります。

    理由3.リアルなイメージを持てるから

    就活を成功させたいZ世代が【動画】を活用すべき3つ目の理由は、リアルなイメージを持てるからです。

    前述のとおり、Z世代就活では、企業に対してリアルなイメージを持てることが大切です。リアルなイメージを持てないまま入社すると、ミスマッチが生じる可能性もあります。

    採用動画視聴後の志望度の変化データ

    以上のデータで分かるように採用動画を活用することで、企業のリアルな情報を得ることができたと感じるZ世代就活生が多いようです。

    企業を選ぶ際に、「給与の高さ」や「福利厚生の充実さ」といった待遇面を重視しがちな人は要注意です。

    ミスマッチは早期離職につながるだけでなく、自分の理想とするビジョンも叶えられません。またミスマッチは、職場環境や人間関係といった「定性情報」のチェックで回避できます。

    職場見学や会社説明会の開催が減った昨今でも、動画を活用すれば「定性情報」をしっかりとチェックできるため、企業へのリアルなイメージを持てます。

    就活に有効な動画の種類とは?

    Z世代就活生が採用動画を見る場面

    採用に動画を活用する企業が増え、動画で企業を選ぶ機会は多くなってきました。 その一方で、動画の種類が増え、どのような動画を見ればいいのかの基準が欲しいと感じる就活生も増えてきています。 そこでここからはどのような種類の採用動画を見れば有効なのかを解説します。ぜひ参考にしてください。

    1.短尺で縦長動画

    まずオススメしたいのが、短尺で縦長の動画です。就職活動中は時間がないことが多く、5分や10分もの動画を見ることは大変です。

    30秒から1分程度の短尺な動画であれば、簡単に視聴することができます。さらに縦長の動画はスマホで見る上で最適。隙間時間にさっと見ることができるのが魅力です。

    2.働いている様子が分かる動画や社員のインタビュー動画

    これまでの採用動画は、社長や上役の方が数分にわたりダラダラとビジョンや会社の特徴を話している動画が多くありました。

    もちろんビジョンや会社の特徴を知ることは大切です。 しかし、それ以上に実際に働く場所はどんなところなのか、一緒に働く社員はどんな人なのかを知ることは重要です。

    moovyが300名以上のZ世代就活生に取ったアンケートでも「働いている様子」や「社員のインタビュー動画」が参考になったと回答している人が多かったです。(下記参照)

    どのような採用動画が参考になるか

    これまで、このような動画はほとんどなく、知る機会は限られていました。

    そこで登場したのが、採用動画プラットフォームのmoovyです。moovyでは以下のような動画が700本以上掲載されています。

    ベストな企業選びをしたい「Z世代就活生」のあなたへ

    Z世代就活では、「多様性を認めてくれる」かつ「自分らしく働ける」環境を選ぶことが大切です。また、リアルなイメージを持てる企業から選ぶ点も忘れてはいけません。

    さらに、ベストな企業選びを実現するには、動画活用が重要なカギを握ります。採用動画を活用することで、Z世代の価値観を理解する企業に出会えるだけでなく、企業に対するリアルなイメージも持てます。

    リアルなイメージを持つためには、採用動画などによる定性情報(職場環境や人間関係など)のチェックがオススメです。

    採用動画moovyでは、様々なベンチャー企業の動画を扱っています。そして定量情報だけでなく、テキストではわからない「人間関係」や「職場環境」といった定性情報をチェックできます。

    定性情報とは、数値やデータにあらわせない情報のことです。例えば、企業の雰囲気、一緒に働く上司やメンバーの特徴など、「誰と働くのか?」というリアルな情報がそれにあたります。

    これらの情報は、人によって解釈が異なるため、テキストでの表現が難しく、求人票などを見てもよくわからないことが多いです。

    そのため、企業内の定性情報は、実際にその企業の人に会ってみたり、インタビュー動画などを通してチェックすることが大切です。

    そんな人におすすめなのが、「moovy」という採用動画プラットフォームです。moovyには以下のような採用動画が700本以上掲載されています。





    「moovy」では、企業内部のリアルがわかる採用動画の視聴はもちろん、プロフィールを充実させることで、厳選されたスタートアップ・成長企業からスカウトが届くこともあります。

    スカウトが届いた企業に関しても、採用動画で定性情報をチェックし、相性が合う企業かを判断すると良いでしょう。

    転職に失敗したくない人は、「moovy」も最大限に活用し、ミスマッチのない納得感ある転職の実現に繋げてください!

    今林 智宏
    この記事を書いた人
    今林 智宏

    国立大学を卒業後、大手サービス企業に入社し、店長を歴任。チームマネジメントやマーケティング業務を経験。在籍中は、現場社員として数多くの学生・転職者の面接官も行う。退職後、スタートアップ企業にて、フロントエンドのシステム開発に加え、カスタマーサクセスやマーケティングを担当し、企業の採用や広告支援に関わる。

    スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

    会社名 株式会社moovy
    代表取締役 三嶋 弘哉
    設立 2020年4月13日
    住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
    電話 050-3701-3401
    メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
    URL
    事業内容
    • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
    • ・採用動画の企画・制作