30代エンジニアの転職は難しい?求められることやポイントを紹介

# 転職 # エンジニア

30代エンジニアの方で、転職を検討しているけれど難しいのでは、と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

30代のエンジニア転職を成功させるためには、転職時に求められるものや、失敗しないためのポイントを抑えておくことが重要です。

そこでこの記事では、30代のエンジニア転職について詳しく説明しています。30代エンジニアが転職先を探す上でのポイントについても触れているので、ぜひ最後までご覧ください。

    この記事のまとめ

  • 30代エンジニアが転職時に求められることがわかる
  • 30代エンジニアが転職に失敗してしまう原因を紹介
  • 30代エンジニアが転職を成功させるためのポイントを解説

チェックリストバナー

30代でエンジニア転職は20代と比べ難易度が高い

30代になると、キャリアの転換を検討する方も増えてきますが、20代と比べて転職の難易度が高くなる傾向があり、転職は簡単ではありません。

まず、20代と比べて30代は社会人としての経験が豊富であることが多いため、それだけ求められるレベルが高くなります。マネジメント経験がないと書類すら通らないケースもあります。

また、スキルや経験が新しい会社にマッチしていない場合、必ずしも年収が上がるとは限りません。

自分自身が望んでいる条件に合致する求人がなかなか見つからない場合があり、転職活動が長引くこともあります。

30代エンジニアが転職活動を行う際には、まずは転職事情を理解するところから始めると良いでしょう。

30代のエンジニア転職者に求められること

30代のエンジニアの方で、転職したいがどんなスキルや経験が求められるのかが分からず不安、という方もいるのではないでしょうか。

ここでは、30代エンジニア転職者に求められることを3つ紹介します。

  • 1.入社後に活きるスキルや専門性
  • 2.マネジメント経験・育成経験
  • 3.論理的に話せるコミュニケーション力

1.入社後に活きるスキルや専門性

企業が30代のエンジニアに求めることはズバリ、即戦力となるスキルや専門性を持っているかどうかです。そのため、専門性に自信がある方は転職に成功しやすいと言えます。

特に30代の場合、入社後に何ができるかが大きく評価されます。エンジニアとしての専門性が高い方や、能力のある方は現在の年収よりも良い待遇で転職できる可能性が高いでしょう。

2.マネジメント経験・育成経験

30代エンジニアでマネジメント経験や後輩の育成経験がある方も、転職に成功しやすいです。

特に30代後半になると、管理職へのキャリアステップを求められます。そのため、マネジメント能力やマネジメント経験がすでにある方は好条件で転職しやすい傾向にあります。

ただ、在籍企業によっては、マネジメント経験を積みたくても、チャレンジできる案件がないケースがあります。その場合は、「やりたい」という意欲を面接で示すことが重要です。

3.論理的に話せるコミュニケーション力

特にSIerの場合は、クライアントの要望を正しく理解し開発するためにも、論理的なコミュニケーション能力がエンジニアには求められます。

企業で開発を行うシステムはチームで作るケースが多いため、チームのメンバーとのコミュニケーションも重要です。

そのため、論理的なコミュニケーション力を面接の場で確認されます。

必要な情報を分かりやすく適切に伝え、相手から得た情報を理解する能力を身に着けることが重要です。

30代のエンジニアが転職活動で落選する理由4選!

30代エンジニアが転職活動を行う際に、企業から落とされてしまう原因がいくつかあります。

労力をかけて転職活動をするからには、選考に落とされるような原因は作りたくないですよね。

ここでは、30代エンジニアが転職活動で落選する理由を4つか紹介します。転職活動の際の参考にしてみてください。

1.熱意や入社意欲が感じられない

30代エンジニアが転職活動で落選する理由として、「熱意が感じられない」「入社意欲が感じられない」という理由が意外に多いのです。

新卒でもないし、技術やスキルで判断してほしい、と思う気持ちがあるのかもしれませんが、30代であっても面接において熱意を軽視してはいけません。

自分のスキルをどのように活かしたいのか、なぜその会社に入りたいのか、入社後にどんなことをしたいのかということを話す際は熱意をもって企業にアピールしましょう。

2.転職理由が不明確

転職理由が不明確な場合、採用担当者は応募者が自身の職務やキャリアについて十分に考えていないと判断する場合があります。

また、転職を検討する動機が曖昧である場合、採用担当者は応募者が現在の職場での不満や問題を避けるためだけに転職を考えていると捉えられる可能性もあるでしょう。

逆に転職理由や転職目的を自社では、叶えられないときには不採用となりますが、それは入社後のミスマッチを防ぐことになりますので、ポジティブに捉え、自分自身の転職理由・転職目的を明確にしておきましょう。

3.社内の同世代と比べてスキル・技術レベルが低い

採用企業は、中途採用をする場合、転職者と社内の同世代のメンバーのスキル・経験レベルを比較します。

そのため、30代エンジニアが転職する際は、ポテンシャルをある程度重視する20代とは異なり、即戦力になるスキルや専門的な技術が重視されます。

また、ある程度のスキルや技術、経験が前提となっている求人も多いため、レベルが基準に満たない場合には書類選考すら通らないケースもあります。

そのため、職務経歴書には、手間ですが、これまで自身が経験してきたことをできるだけ詳細に記載し、経験をアピールしてください。

今の職場で自身のスキルが社内の同世代の人と比べて劣っていると感じる場合には、転職の前に今後高い成長が期待される分野のスキルの習得や専門的な技術を身に着けることも重要です。

4.リーダーやマネジメントへの意欲が無い

30代のエンジニアで、リーダーやマネジメントへの意欲が無いと、企業側は将来性や成長性について疑問を持ち、不採用とする場合があります。

30代は、キャリアアップやリーダーシップ、マネジメントに関心を持つ人が多く、企業側もそうした人材を求める場合が多いです。

特に、経験やスキルを活かし、人をまとめたり、業務を効率的に進めたりする能力を持つ人材は、採用優先度が高くなる傾向があります。

30代エンジニアが転職先を探す上でのポイント

30代のエンジニアの方で、技術やスキル、経験も十分にあるがどのような基準で企業を選べばよいか分からないという方もいるのではないでしょうか。

ここでは、30代エンジニアが転職先を探す際のポイントを紹介します。転職先を探す際の参考にしてみてください。

伸びている分野の企業

転職先を探す際は、伸びている分野の企業を探すようにしましょう。最先端の分野を扱っているのは、ベンチャー企業が多いです。

まだ人も少ない場合、要件定義のフェーズや、基本設計の上流工程を経験できる可能性も十分あります。

上流工程の経験を積むことで、技術的な面でも理解を深められ、スキルを高められるでしょう。

下記ページでは優良ベンチャー企業の探し方を紹介しているので、是非参考にしてみてください。
合わせて読みたい:優良ベンチャー企業の探し方4選|選ぶポイントも徹底解説!



従業員数の増加や成長が著しい企業

事業が急速に拡大している企業の場合、新規事業の立ち上げや拡大に伴い、多くのポジションや役割が生まれます。そのため、多くのチャンスがあり、成長できる環境であると言えるでしょう。

従業員数が増加している企業は、キャリアアップの機会が多いため、自分自身のキャリアプランを立てやすくなります。

新しいポジションにも積極的にチャレンジすることで、自分自身が成長し、企業に貢献することが可能です。

従業員数の増加や成長が著しい企業は、自分自身の成長やキャリアアップに繋がる可能性が高いため、転職先として向いていると言えます。

自身のキャリアアップが叶う、現在急成長中のおすすめ企業はこちらです。



ノーコードでも作れるような小規模アプリ・スマホアプリ案件の企業は避ける

ノーコードで作成できるような小規模アプリ・スマホアプリは、プログラミングスキルが不要であるため、技術的な成長が期待できず、エンジニアとしてのスキルアップが見込めません。

また、ノーコードで作成できるアプリは、あくまでビジネス上の課題解決のためのツールであり、エンジニアリング的な深い知識が必要な場面での活躍は期待されないでしょう。

ノーコードで作成できるような小規模アプリ・スマホアプリ案件に携わることは、エンジニアとしてのスキルアップや将来性について不安を感じる可能性があるため、避けるべきと言えます。

入社を決める前に必ず開発環境と開発システムは確認しましょう。

また、企業を探す際には採用動画を活用するのがおすすめです!採用動画では、以下のような事業内容やリアルな職場の雰囲気がご覧になれます。



30代でエンジニア転職を成功させるためには

30代エンジニアが転職する際は、現状の課題や不満の解決だけではなく、今後を見据えた転職活動が重要です。

ここでは、30代エンジニアが転職を成功させるためのポイント、以下4点を紹介します。

  • 1. 転職の目的を明確にする
  • 2. 自己分析や企業分析を徹底的に行う
  • 3. 新しい技術や上流工程にチャレンジする
  • 4. マネジメント経験を積む

エンジニア転職に失敗したくないためには?詳しくは以下の記事をご覧ください。

合わせて読みたい:転職を失敗したくないエンジニアは必見!成功への準備とポイント



1.転職の目的を明確にする

明確な目的があることで、自分にとって最適な転職先を選べるため、30代エンジニアが転職する際には、転職の目的を明確にすることが重要です。

まだ明確でない方は、自分が「なぜ転職をするのか」「転職後にどのような状態になれば成功と言えるか」を明確にすることが大切です。

例えば、給与アップや、チャレンジしたい職務内容、キャリアアップ、ワークライフバランスの改善など、今後の目標や志向性などを示すことで、採用担当者はそれを自社で実現できるかどうか、マッチしているかどうかを確認します。

マッチ度が高いほど、採用の可能性を高められるでしょう。

特にエンジニアの場合「自社のプロダクトを開発する」のか「顧客のシステムを開発する」のか、「マネジメントを目指す」のか「スペシャリストで専門性を高める」のかで大きく業務内容や求められるものが変わるため、明確にスタンスを決める必要があります。

2.自己分析や企業分析を徹底的に行う

転職の際に自己分析や企業分析を徹底的に行うことは、自分に合った転職先を見つけるために非常に重要です。

自己分析を行うことで、自分が本当にやりたいことや得意なこと、自分自身が持つ価値観やスキルなどを把握できます。自分に適した職種や業界、職場の雰囲気や働き方などを見つけられるでしょう。

自己分析のやり方は、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧ください。

合わせて読みたい:転職に必要な自己分析のやり方を徹底解説|3つの方法を紹介します



また、企業のビジョンや方針、業績などを調べることで、自分にとって働きやすい環境かどうか、キャリアアップのチャンスがあるかなどを判断できます。

企業研究のやり方やポイントは、以下の記事でご覧になれます。企業研究で使えるおすすめのツールも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

合わせて読みたい:企業研究のやり方とポイントを解説|おすすめツール6選も紹介



3.新しい技術や上流工程にチャレンジする

30代エンジニアの場合、これまでと同じ技術を用いるのではなく、より新しい技術や上流工程のスキルが求められる職場へ転職するのも良いでしょう。

例えば、サーバー構築経験者の場合はクラウド構築、スクラッチのオンプレ生産管理システムの場合はSaaSのERPシステムといったように、これまでの経験と近い技術で進化すれば、高いスキルを身につけられます。

また、今後CTOを目指す場合や、開発責任者を目指す場合は、新しい技術を身につけるよりも顧客・ユーザーの業務知識を持っていることがより重要となります。

もし、今担当している案件で要件定義書に従って作成している開発者や設計者の場合は、あなた自身が要件定義をできるくらいに顧客の業務に詳しくなることで、上流工程へのキャリアアップにつながります。

上流工程に携わることで、エンジニアリングにおける全体像やビジネス面に関する知識を身に着けられます。

技術的な視点とビジネス的な視点を合わせ持つことができ、結果としてより高度なプロジェクトに携われるようになるでしょう。

これまでの経験や知識のある技術が、どんな技術と近しい関係にあるか、またどんなビジネスプロセスに関与しているか、一度調べて見ると良いでしょう。

4.マネジメント経験を積む

転職する前に現在の職場でマネジメント経験を積むことで、転職時に有利に働かせることが可能です。

マネジメント経験を積むことで、自分自身がリーダーシップを発揮し、人材育成やプロジェクトマネジメントなどのスキルを磨くことが可能です。

また、人材の管理やチームでの調整・協業スキルなどを身につけられ、チームでの意見調整やコミュニケーションスキルを高められます。

さらに、プロジェクトの予算管理やスケジュール管理など、エンジニア以外の業務にも携われるため、エンジニアリングだけではない、高いビジネススキルを身につけられます。

このような経験を積んだエンジニアは、将来的にキャリアアップのチャンスが広がるでしょう。

30代でのエンジニア転職を成功させ理想のキャリアプランを描こう

今回は、30代エンジニアの転職について紹介しました。

一般的に30代での転職は20代に比べ難易度が上がりますが、転職時に求められるスキルや専門的な技術、マネジメント経験などがあれば、好待遇での転職を叶えることもできます。

また、転職には必ず面接があるので、高いコミュニケーションスキルを身につけ、なぜ転職したいのかを熱意をもって伝えることが重要です。

なぜ、転職したいのかという志望動機をブラッシュアップさせるためには採用動画が有効です。



moovyは30秒の短尺動画で企業のリアルな状況を知ることができる採用動画プラットフォーム。

30代エンジニア転職を成功させるためにも、ぜひ一度moovyに登録してみてください。

原田 隆司

この記事の監修者

原田 隆司
立命館大学MBA修了。キャリアアドバイザーとして、営業職・管理部門を中心に累計800名ほどのキャリア支援を経験。その後、リクルーティングアドバイザーとして、採用競争の激しい中、累計約200名のITエンジニアの採用を実現。IT企業の事業フェーズや組織にあった活躍人材の定義に強み。

スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

会社名 株式会社moovy
代表取締役 三嶋 弘哉
設立 2020年4月13日
住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
電話 050-3701-3401
メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
URL
事業内容
  • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
  • ・採用動画の企画・制作