社債|スタートアップの資金調達

# 資金調達

企業が設備投資や新規事業開発などで資金が必要になったときの調達方法のひとつとして、債券があります。(デッドファイナンスの一つ)

その中でも、企業が発行するものを「社債」といいます。

投資家は社債と引き換えに企業にお金を貸し、企業は償還日までに決められた利子を支払って、償還日には元本を返済します。

株式と同じ有価証券のひとつですが、位置づけが異なります。 株式との違いは、社債には返済義務があるということになります。

社債とはいわば企業の借金です。借りたお金には返済義務が生じ、借りている間は約束した利息を支払う必要があります。一方、株式は企業の資金となるため、返済義務はありません。

社債のメリット

社債を発行する企業のメリットとして
  • ・返済のタイミングや方法をある程度自由に決めることができる
  • ・銀行からの借入よりも資金の使い道が自由
  • (株式を発行する資金調達と比べ)
  • ・経営権に影響しない
  • ・株式が希薄化しない
といったメリットがあります。

企業の資金調達方法はいくつかありますが、社債には以上のようなメリットがあり、スタートアップも財務戦略を組む上で考えうる手法の一つです。

社債のデメリット

一方デメリットがないわけではありません。以下のようなデメリットが考えられます。
  • 発行手続きの手間やコストがかかる
  • 返済期日をリスケジュールできない
などのデメリットがあるといえます。
スタートアップはこれらのメリット・デメリットを判断基準にいれ、どのような資金調達をしていくかを判断していくことになります。

スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

会社名 株式会社moovy
代表 三嶋 弘哉
設立 2020年4月13日
住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
電話 050-3701-3401
メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
URL
事業内容
  • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営事業
  • ・動画クリエイティブの企画・制作事業
  • ・採用コンサルティング事業