0:00 / 0:30

キャディ社員の共通点-多様なバックグラウンドをもつメンバーがいる中で共通すること

640回視聴

AI・IoT・RPA関連

出演者のプロフィール

加藤 勇志郎 - 代表取締役CEO

東京大学卒業後、2014年に外資系コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニーへ入社。2016年に同社マネージャーに昇進。日本・中国・アメリカ・オランダなど、グローバルな領域で製造業メーカーを多方面から支援するプロジェクトをリード。 特に、重工業、大型輸送機器、建設機械、医療機器、消費財を始めとする大手メーカーに対して購買・調達改革をサポートした。他、IoT/Industry4.0領域を立ち上げ時から牽引。製造業分野の持つポテンシャルに惹かれ、2017年11月にキャディ株式会社を創業。

CEO加藤のインタビュー|モノづくり産業のポテンシャルを解放する世界的インフラを目指して

大学時代から、いつか社会に大きなインパクトを与える世界的企業をつくりたいと思っていました。 学生時代から自分で事業をやっていたのですが、学生でできることはウェブで完結することか人材関連かのどちらかがほとんどで、あまり自分がワクワクしなかった。もっと社会的課題が大きい領域で事業をしたいな、と。そこで、まずは世界中の幅広い産業における経営課題にかかわるマッキンゼーに入社しました。 入社当時から起業す...

ログインして見る

または

下町にオフィスを置くのは、町工場の方々と「直接会う」ため

驚異的なスピードで成長するキャディが事業を展開する上で大切にしているのは、弱い立場に置かれがちな町工場が持つ「モノづくりの技術」をリスペクトし、彼らが抱える課題に寄り添う姿勢。それは、オフィスづくりにも表れています。 キャディの東京本社は、台東区蔵前にあります。下町に町工場がたくさんある、というのが最大の理由。普段からパートナー工場の方々と直接会うことを大切にしているため、立地は譲れないポイント...

ログインして見る

または

会社概要

社名: キャディ株式会社
本社: 東京都台東区蔵前1-4-1(総合受付3F)
業界: AI・IoT・RPA関連
設立: 2017-10-27
代表: 加藤 勇志郎
社員: 100名〜500名未満

事業内容

金属加工製品の自動見積・受発注プラットフォーム「CADDi(キャディ)」の運営 【具体的には】 特注加工品の発注者と全国の加工工場をテクノロジーでつなげる日本初のサービス。メーカーの持つ図面データを解析し、瞬時に見積を提供。最適な工場を自動で特定し、高品質な加工品を低価格で安定供給します。 【製造業における社会課題をテクノロジーによって解決する】 製造業は、180兆円規模の国内総生産額を誇る、日本の基幹産業です。実は、その内の120兆円程度が、部品調達にかかるコストによって占められています。 これほど大きな比率を占めているにも関わらず、調達分野では100年以上大きなイノベーションが起きてきませんでした。 なかでも、全体の約3分の1を占める多品種少量生産業界(大型輸送機器、産業機械、医療機器業界など)の部品調達においては、不安定な受発注、発注や見積にかかる手間、調達コストや生産側の赤字比率の高さなど、発注側・受注側双方に様々な社会課題がありました。 これらを解決すれば、日本国内にとどまらず、世界中のメーカーがより付加価値の高い仕事に注力でき、モノづくり産業全体が持つポテンシャルを最大限発揮できると考えました。そこから、キャディは、特注品の発注者と全国の加工会社を自動見積のテクノロジーを用いてつなげるサービス「CADDi」を、世界に先駆けて開発しました。 【取引先(一部抜粋)】 パナソニック株式会社、川崎重工業株式会社、YKK株式会社、安川情報システム株式会社、DELL EMC、住友重機械工業株式会社、イケア・ジャパン株式会社、中部電力株式会社、理化学研究所、産業総合技術研究所、東京大学、その他多数(6,000社超)

オープンポジション の動画

#社長・役員が語る の動画