採用動画のメリットとデメリット5選|採用動画のプロが解説

# 採用動画

「採用動画のメリットが知りたい」
「採用動画は気になるけれど、費用が高そう」

このようなことでお困りではないでしょうか。

採用動画は「費用の割に、メリットが少ないのでは?」と考えると、なかなか一歩を踏み出せないものです。

そこで当記事では、採用動画のメリット・デメリットと、気になる費用面について解説します。

当記事を読むことで、採用動画の「メリットとデメリット」と「費用対効果」について、理解が深まることでしょう。
採用動画のことを知りたい担当者は、ぜひ最後までお読みください。

採用動画とは

そもそも採用動画とは、採用活動において会社の理解を深めることを目的とし、企業の情報を動画にまとめたものです。

従来においては採用活動で使用するツールは、基本的にテキストの媒体が中心であり、仕事内容や会社の雰囲気なども、テキストベースが主流でした。

しかしテキストの媒体では、細部まで伝えることが難しく、採用におけるミスマッチが多く発生する傾向にありました。

そこで注目されたのが、採用動画です。

採用動画の方が、テキストよりもミスマッチが少なく、より効率的に採用活動を実施できるからです。

次項にて、メリットと絡めながら、詳しい理由を説明します。

採用動画を導入する5つのメリット

採用活動にて、採用動画を導入するメリットは5つあります。

1.定性的な内容を伝えやすい

メリットの1つ目は、定性的な内容を伝えやすいことです。

定性的な内容とは、抽象的なものを意味し、採用動画で言うと以下などを指します。

  • ・会社の雰囲気
  • ・社員の人柄

上記について、テキストでは表現が難しいものの、採用動画を使用すれば雰囲気や人柄を伝えやすくなります。

たとえば「アットホームな雰囲気」とテキストで伝えるよりも、実際に社員同士が仲良く交流する動画を作成する方が、伝わりやすいでしょう。

また求職者は、仕事内容や給料などの定量的な部分をチェックしますが、会社の雰囲気・環境などの定性的な部分も、重視することが分かっています。

2.ミスマッチの軽減につながる

メリットの2つ目は、ミスマッチの軽減につながることです。

会社情報がテキストだけの場合には、業務内容や会社の雰囲気を正確にイメージすることができないことから、入社後に認識の相違に気が付き、ミスマッチが生じることがあります。

こうしたミスマッチを軽減するために、「求職者が知りたい情報を正しく伝える」ということが重要です。

出典:PROOX

特に求職者が知りたい情報は、以下の通りです。

  • 1位  社員インタビュー
  • 2位  会社紹介
  • 3位  事業内容説明

採用動画を導入すると、会社の映像や仕事風景を映像にして伝えられるため、求職者が実際に働くイメージをつけやすいです。

つまり、求職者は「実際に働くイメージ」を持てることから、入社前の内定辞退や入社後の退職を下げることに繋がります。

3.短い時間で多くの情報量を伝えられる

メリットの3つ目は、短い時間で多くの情報量を伝えられることです。

テキストと比較すると、動画は5000倍もの情報を伝えられます。

その理由ですが、人間はほとんどの情報を、目と耳から獲得しているからです。

アメリカの心理学者である「メラビアン」の法則によると、人間は以下のように相手の印象を決定します。

  • ・  視覚情報 55%
  • ・  聴覚情報 38%
  • ・  言語情報 7%

つまりテキストベースの採用媒体を使用し、長々と情報を記載するよりも、短時間であっても採用動画を選ぶ方が、より多くの情報を伝えられるということです。

4.伝える場所を選ばない

メリットの4つ目は、伝える場所を選ばないことです。

これまでは、以下のように対面での企業アピールが、一般的でした。

  • ・  会場にて説明会を実施
  • ・  就職イベントに出展

そのため企業の情報は、HPやパンフレットなどを除き、実際に開催場所に出向かないと入手できず、一定の制限がありました。

しかし、採用動画はインターネット上で公開していることからインターネット環境が整う場所では、どこでも閲覧が可能です。

つまり、伝える場所を選ばないのが、採用動画のメリットだと言えます。

5.各媒体に設置がしやすい

メリットの5つ目は、各媒体に設置がしやすいことです。

採用動画は、以下のように、各媒体に設置がしやすいことが特徴です。

  • ・  会場にて説明会を実施
  • ・  就職イベントに出展

そのため企業の情報は、HPやパンフレットなどを除き、実際に開催場所に出向かないと入手できず、一定の制限がありました。

しかし、採用動画はインターネット上で公開していることからインターネット環境が整う場所では、どこでも閲覧が可能です。

つまり、伝える場所を選ばないのが、採用動画のメリットだと言えます。

媒体 採用動画の活用方法
ホームページ内 自動再生をする
会社のSNS 動画を投稿する
メール 送付時にリンクを添付する

各媒体を上手に利用し、求職者の目に触れる機会を増やすほど、採用動画の効果は高まると言えます。

採用動画の効果について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もご覧ください。

【コスパ最強?】採用動画の効果はどうなのか?データを元にプロが解説

採用動画5つのデメリット

採用動画には多くのメリットがある反面、デメリットも存在します。

ここでは、採用動画に関する5つのデメリットについて紹介します。

1.通信制限を気にする人から、疎遠される可能性がある

デメリットの1つ目は、通信制限を気にする人から、疎遠される可能性があることです。

採用動画を見る人は、スマートフォンを使用する人が多いです。

スマートフォンの場合、動画はインターネットの記事を閲覧するよりも、多くの通信量を消費してしまうため、通信制限を気にする人から疎遠される可能性があります。

2.得たい情報をピンポイントで検索しにくい

デメリットの2つ目は、得たい情報をピンポイントで検索しにくいことです。

テキスト情報の場合、「ctrl + f」で検索して、得たいワードや知りたい情報を検索することができます。

しかし、動画の場合、内容をキーワードで検索することができないことから、得たい情報をピンポイントで見つけたい人にとって、デメリットだと言えます。

3.コンテンツの内容によっては、悪い印象を与える可能性がある

デメリットの3つ目は、コンテンツの内容によっては、悪い印象を与える可能性があることです。

採用動画の受け取り方は、人によってさまざまです。

たとえば、和気あいあいとした会社の雰囲気を伝える内容であっても、人によっては「不真面目だ」と感じることもあるでしょう。

もちろん全員に同じ印象を持ってもらうことは難しいですが、メッセージを伝えたい「対象者」を明確にし、動画制作を行うことは大切です。

4.費用が高額になりやすい

デメリットの4つ目は、費用が高額になりやすいことです。

採用動画の制作は、撮影・編集などで、高額な費用になるケースも多いです。

理由は、下記などです。

  • ・  撮影に高価なカメラ・機材を使用する
  • ・  外注した際に、編集の費用がかさむ
  • ・  俳優やモデルに出演を依頼すると、出演料が発生する

4.費用が高額になりやすい

採用動画と一言で言っても、費用は50万円〜200万円と幅広いですが、さまざまなことにこだわると、制作費用が高額になる傾向にあります。

5.制作にはスキルや時間がかかる

デメリットの5つ目は、制作にはスキルや時間がかかることです。

一つ前のデメリット「費用が高額になりやすい」で伝えた通り、採用動画の制作では、費用が高額になりやすいと言えます。

しかし近年では、カメラ技術や編集ソフトが進化しており、費用を抑えて制作することも可能になっています。

ただし、カメラや編集ソフトを用いて制作をするには、スキルや時間がかかることも事実です。

採用動画の「具体的な費用」に関して知りたい人は、別記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

採用動画の費用相場はどれぐらい?|予算別にできることをプロが解説



メリットを活かし、デメリットを軽減する方法

ここまで、採用動画のメリット・デメリットを紹介しましたが「デメリットが気になるから、やはり採用動画の制作は無理だ」と思うかもしれません。

しかしメリットを活かしつつ、デメリットを軽減する方法があります。

以下に、詳しく解説します。

1.短尺な動画を制作する

デメリットを軽減する方法の1つ目は、短尺な動画を制作することです。

動画は長くなるにつれ、撮影や編集の工数が増えるため、費用が高額になります。

そのため、費用を抑えたい場合には、短尺な動画を制作すると良いでしょう。

また、短尺の動画の方が、採用動画としての効果も高まります。

GoogleとMondelez社の共同調査によると、30秒の動画は、人の関心をもっとも惹きつけ、記憶に残りやすいことが分かりました。

2.質よりも量を意識する

デメリットを軽減する方法の2つ目は、質よりも量を意識することです。

とは言え、動画の質にこだわることも、大切だと言えます。

しかし、動画の質にこだわるあまり、撮影・編集に時間をかけすぎると、それだけ工数が増え、費用も高くなってしまいます。

細部までこだわり続けて動画を制作するよりもどんなメッセージを伝えたいかを明確にすることの方が、採用動画においては大切だと言えます。

そのため、質よりも量にこだわることをおすすめします。

3.SNSで拡散する

デメリットを軽減する方法の3つ目は、SNSで拡散することです。

近年、SNSの利用率が社会的に高まっており、SNSが与える影響力は年々大きくなっています。

そのため、採用動画もSNSの力を活用し、拡散することでより効果を高めることができます。

つまり拡散を視野に入れたうえで、「拡散しやすい動画」にすることも大切です。

採用に動画を使ってみたいという方へ

いかがでしたか?採用動画制作をまずはプロに頼みたいなら、ぜひmoovyにご相談ください。

moovyは採用PRを、最も完全視聴されやすい、30秒動画で行う採用動画プラットフォームです。企業のありのまま、そこで働く人の”人間らしさ”にこだわった動画作りをしています。

それが求職者の心を動かすからです。採用動画を熟知したプロだからこそ、客観的なアドバイス、プロのクオリティと拡散へのお手伝いで、優秀な人材に幅広くリーチできるよう、採用担当者と伴走します。

弊社が運営する採用動画プラットフォームは以下のような特徴があります。

  • ・業界最安値の動画制作費
  • ・人材エージェント出身のディレクターが企画から制作まで手掛ける
  • ・動画のHP設置や動画拡散まで充実のアフターフォロー

このような特徴があり、求人動画プラットフォームでユーザー満足度No.1を獲得。多くのユーザーから支持されるプラットフォームです。

なぜ安くてクオリティの高い動画が製作できるのかというと、

    制作費用をおさえられる理由
  1. 高額な機材を使用しない。使うのはスマホのみ
  2. 撮影にかかる工数の無駄を徹底に排除
  3. 30秒という短尺動画だから費用を圧倒的に抑え、クオリティを担保

また「転職エージェントの出身者」が、制作を行うことから、企業・求人の双方からの目線を持ち合わせるため、ベストな動画制作が叶います。さらに、moovyには他にはない、優れた「動画管理機能」もおすすめです。

  1. AIによる字幕自動生成機能
  2. APIで簡単にHP連携が可能
  3. 動画分析機能(人気の動画や視聴率分析が可能)

採用動画の作り方や撮影方法がわからないなど、採用動画に関してお困りのことがございましたら、なんでもお応えいたします!安価で良質な動画制作を行いたい。採用動画を活用し、他社と差をつけたい。ぜひお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人
平石 武

1986年生まれ。大阪出身。大学卒業後、タイ・バンコクで日本語教師として活動。帰国後は旅行代理店におけるイベント企画やWebデザイン・マーケティングに従事。現在は、企業PRのための動画コンテンツの企画提案から撮影編集までワンストップで行う。モットーは「動画制作でアイデアを感動価値に変える」

採用動画の制作・掲載ならmoovyへ

会社名 株式会社moovy
代表取締役 三嶋 弘哉
設立 2020年4月13日
住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
電話 050-3701-3401
メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
URL https://company.moovy.jp/
事業内容
  • ・採用動画プラットフォーム「moovy」の運営
  • ・採用動画の企画・制作

採用動画のプロに相談する