0:00 / 0:33

お得で便利、面白いマンガに毎日出会えるLINEマンガ!

207回視聴

インターネットメディア・ネイティブアプリ・ECサイト

出演者のプロフィール

浦野蓉子(Urano Yoko) - サービス企画室 室長

前職では女性向けサービスやアプリの企画ディレクションを担当。LINE株式会社に転職後、LINEマンガの機能企画やUI/UX改修をはじめ、様々な部署と連携しながら数多くの機能をリリースまで担当する。その後LINE Digital Frontier株式会社に転籍し、2020年にサービス企画室マネージャーを経て、2021年8月よりサービス企画室 室長へ就任。

「ユーザーが喜んでくれるのか」が最終判断基準

業務上の判断基準で迷うことはありませんか? 弊社では、判断に迷ったらとにかく「ユーザー視点で考えているのか」「ユーザーのためになっているのか」を考えます。 すべてのユーザーに楽しく、快適にサービスを使っていただきたい。そんな想いを、私たちは大切にしています。 「ユーザーに最も喜んでいただけるサービス、LINEマンガ」を目指して。同じ想いをもっている方いらっしゃいませんか? あなたとの出会いを心...

ログインして見る

または

会社概要

社名: LINE Digital Frontier株式会社
本社: 東京都新宿区四谷一丁目6番1号 四谷タワー
業界: インターネットメディア・ネイティブアプリ・ECサイト
設立: 2018-06-30
代表: 金 信培 / 髙橋将峰
社員: 100名〜500名未満

事業内容

■■アプリDL数3,300万突破の「LINEマンガ」を運営■■ 「LINEマンガ」は2013年に国内でサービスを開始。さらなるサービス拡大のため、2018年にLINE Digital Frontier社を設立し、同社に「LINEマンガ」事業を承継。2020年には資本変更により、Webtoon Entertainment Inc.の100%子会社となり、現在は“WEBTOON Worldwide Service”の一員として、プラットフォームとコンテンツの両面にて着実に成長を遂げています。 年齢・性別問わず、日本に住む誰もが使う「国民的サービス」を目指し、エンターテイメント産業をリードする企業の一つであり続けます。 ※WEBTOON Worldwide Serviceについて 全世界に向け10カ国語でサービス展開する、電子コミックを中心としたプラットフォームの連合体。代表的なプラットフォームは「LINEマンガ」(日本/LINE Digital Frontier株式会社)、「WEBTOON」(北中南米・欧州/WEBTOON Entertainment Inc.)、「NAVER WEBTOON」(韓国/NAVER WEBTOON Ltd.)、「LINE WEBTOON」(東南アジア)など。各プラットフォームを合算した月間利用者数(MAU)は8,200万、累計ダウンロード数は2億超、ひと月の流通額は100億円を超え、同市場で圧倒的な世界1位の規模を誇ります。

オープンポジション の動画

#エースが語る の動画