サービス
THECOO株式会社

ファンコミュニティアプリ Fanicon

Faniconは、2017年12月に開始したファンコミュニティサービスです。 AAAの宇野実彩子さんのようなフォロワー100万人を超えるような国民的アーティストをはじめ、ミュージシャン・俳優・スポーツチームなど、多種多様な業種の、ファンに愛される人たち = アイコン に使っていただけるサービスです。 ファンとアイコンをつなぐコミュニティ機能からスタートし、チケット・グッズ販売、ウェブサイト作成などの既存ファンクラブの主な機能をカバーした上で、スクラッチくじやギフティング、ライブ配信などの新機能を開発してきました。 With fan, More fun. Faniconは、アイコンとファンのためのサービスです。

インフルエンサーの価値を 見える化する iCON Suite

iCON Suiteは企業のマーケティング担当者や広告代理店・PR会社のプランナーの方向けの、インフルエンサープランニング及び分析ツールです。SNSで影響力を持つインフルエンサーとそのフォロワーのデモグラ・興味関心を見える化。ターゲットに広告メッセージを効果的に届けるためのキャンペーンプランニングを効率化し、効果分析ができる機能を提供します。

YouTuberと企業を繋ぐ iCON CAST

iCON CASTはYouTuberやInstagrammerといったインフルエンサーによるマーケティング施策をご提供するサービスです。サービス開始から5年にわたり年間1,000件以上のインフルエンサー施策を企画・ご提案しています。 これまで起用実績のあるインフルエンサーは1,500名以上 お客様の案件ニーズに応じて多様なインフルエンサー施策をご提案できます。

インフルエンサーマーケティングについて考えるデジタルメディア RIPPLY(リップリー)

タイトルの”RIPPLY(リップリー)”は、インフルエンサーが起こす”波”、”波紋”をイメージしています。 広告メディアとしてのインターネットが旧来の4大マスメディアという枠組みを破壊し、テレビに次ぐ広告メディアとなったのが2009年ころ。 その後もインターネットメディアの変化発展は留まることなく、今やインターネットを通じて「個人がメディアを持つ・個人がメディアとなる時代」となりました。 メディアとなった個人はインフルエンサーとして、人々の日々の選択に様々な形で影響を与えています。 また、人々のインターネットメディアへの入り口も、ポータルサイトや検索エンジンのみに限らず、SNSや様々なモバイルアプリケーションへと多様化しています。 無数のメディア x 無数のアクセス態様 この混沌の中、マーケティング手法も変化を余儀なくされています。 特定のメディアや特定の入り口をカバーしていればいい、という状況ではなくなっています。 RIPPLYでは、現代の膨大な情報の流れの中で特殊な役割を担う「インフルエンサー」という存在に着目し、「インフルエンサー」がマーケティングにおいて果たす役割について様々な角度から考察していきたいと思います。

似た企業をお探しですか?

■遊び予約サイト「アソビュー!」とは 全国約9,600店舗の事業者と提携し、国内の遊び・体験プログラムを約600ジャンル・約27,000プランを紹介している、週末の便利でお得な遊び予約サイトです。「パラグライダー」や「ラフティング」など地の利を活かしたアウトドアレジャーのほか、「陶芸体験」や「そば打ち体験」など地域に根ざす文化を活かした魅力的な体験、「遊園地」や「水族館」などのレジャー施設、日帰り温泉などを紹介します。 ■体験ギフト「アソビュー!ギフト」とは モノではなく、体験を通して思い出に残る時間をプレゼントできるギフトです。日本最大級の遊び・体験予約サイト「アソビュー!」に掲載されている27,000件の体験の中から厳選された体験を大切な方にお贈りいただけます。 ■SaaS事業「ウラカタシリーズ」とは 全国累計2,500以上の施設様にて導入されているレジャー業界向けのDXを推進するSaaSのシリーズの総称です。観光・レジャー・文化施設様向けの電子チケットサービス「ウラカタチケット」、購入者データを分析し広告、マーケティング施策に活用いただける「ウラカタ分析」、アクティビティ・体験教室様向けの予約管理システム「ウラカタ予約」を展開しています。 ■ 地方創生事業 中央省庁(観光庁・環境省等)を始め、各地の地方自治体と協業し、地域の課題に応じて体験商品の開発から情報発信まで支援を行い、地域の観光における課題解決に向き合っています。 具体的には、日本全国の地域を盛り上げるべく、体験商品開発やさらに売れる体験にする改善提案を行い、「アソビュー!」で情報発信を行い、地域の魅力を「遊び」を通じて届けていきます。

■■アプリDL数3,300万突破の「LINEマンガ」を運営■■ 「LINEマンガ」は2013年に国内でサービスを開始。さらなるサービス拡大のため、2018年にLINE Digital Frontier社を設立し、同社に「LINEマンガ」事業を承継。2020年には資本変更により、Webtoon Entertainment Inc.の100%子会社となり、現在は“WEBTOON Worldwide Service”の一員として、プラットフォームとコンテンツの両面にて着実に成長を遂げています。 年齢・性別問わず、日本に住む誰もが使う「国民的サービス」を目指し、エンターテイメント産業をリードする企業の一つであり続けます。 ※WEBTOON Worldwide Serviceについて 全世界に向け10カ国語でサービス展開する、電子コミックを中心としたプラットフォームの連合体。代表的なプラットフォームは「LINEマンガ」(日本/LINE Digital Frontier株式会社)、「WEBTOON」(北中南米・欧州/WEBTOON Entertainment Inc.)、「NAVER WEBTOON」(韓国/NAVER WEBTOON Ltd.)、「LINE WEBTOON」(東南アジア)など。各プラットフォームを合算した月間利用者数(MAU)は8,200万、累計ダウンロード数は2億超、ひと月の流通額は100億円を超え、同市場で圧倒的な世界1位の規模を誇ります。