採用動画を制作する際の注意点!動画求人サイトで会社紹介をしよう!

採用動画制作と事例

#採用動画

近年、採用動画を制作して求人募集を行う企業が増えています。採用動画制作の際、どのように制作するかお悩みではありませんか?しっかりと内容が伝わる効果的な採用動画を制作するためにも、動画の内容や制作時の注意点を把握しておきましょう。 こちらでは、採用動画の主な内容と動画を制作する際に気をつけたいことをご紹介いたします。採用動画による会社紹介やインサイドセールス、カスタマーサクセスなどの仕事内容紹介をお考えでしたら、ぜひ求人サイトmoovyへお任せください。

【30秒動画で会社の雰囲気を知る!】
ベンチャー転職を検討しているならmoovy

採用動画の主な内容~求職者に伝わりやすい会社紹介とは?~

動画撮影の様子

採用動画の内容は、以下のような流れにするのがおすすめです。

1オープニング

オープニングは、求職者の気持ちを引くための大切な要素です。求職者の印象に残るような内容にすることを心がけましょう。

音楽やCG加工したものを使用したオープニングにする企業が多い傾向にありますが、オープニングはあくまでもつかみです。あまり長くならないようスムーズに次に繋げましょう。

2社長などのインタビュー

会社の代表である社長や人事・採用責任者に対してインタビューを行います。会社の方向性や将来のビジョンといった目指すべき姿、採用した方に対してどのような能力を期待するかなどを語るケースが多いです。

ここでどのような人材を求めているかを伝えておけば、求職者は自分の能力や経験が足りているのかを確認することができます。

3社員インタビュー

職種別・部署別に制作する企業が非常に多いです。この社員インタビューでは所属する職場の上司や仲間の雰囲気がわかるため、入社に対して安心感を抱かせることができます。

新卒者との年齢が近い若手はもちろん、中堅の主任クラス、上司となる課長など、幅広い職位のインタビューを載せるようにしましょう。インタビューでは堅くなりすぎず、楽しい雰囲気を出すことも大切です。

4エンディング

採用動画の最後には、企業名などをアピールするためにロゴマーク・タグライン、会社ビジョンのキャッチコピーなどを差し込んでいただくと、企業名を印象づけることができます。中には会社のサウンドロゴを合わせていただくのもいいと思います。

求人サイトmoovyでは、SaaS関連求人(インサイドセールスやカスタマーサクセスなど)のやりがいや将来のビジョン、先輩社員の入社理由などを30秒の動画にして配信できます。8割超の求職者が「採用動画を見たことで企業への志望度が上がった」と答えているため、インサイドセールスやカスタマーサクセスなどの求人にも積極的に採用動画を活用しましょう。会社紹介の採用動画では、会社内の雰囲気や仕事内容のリアルを伝えていくことが大切です。

採用動画を制作する際に気をつけること

びっくりマークをさすスーツの男性

シンプルな内容

短尺の採用動画では、自社の魅力をシンプルに伝えていただくことが大切です。1つの動画に複数の内容を盛り込むよりも、伝えたい1つの内容におさめていただくことをおすすめしています。また、社内用語などを多用せず、求職者にとってわかりやすい内容にするのがコツです。

光を取り入れる

動画に明るい印象を持たせるためには、積極的に自然光や照明を取り入れていただくことが大事です。オフィスの内観だけでなく出演者の表情もきれいに映るため、可能であれば光を多く取り込める場所や、日中などの時間帯に動画撮影していただくことをおすすめしています。

リアル感を演出する

採用動画の目的の1つとして、そこで働く具体的なイメージを持ってもらうことです。動画でのイメージと実際に入社した際の印象が乖離してしまえば、入社後のミスマッチになりかねません。過剰な演出をするのではなく、貴社の魅力をありのまま伝えていただくことが大事です。

映り込む情報への配慮

採用動画を制作する際は、公開してはいけない情報を映してしまわないよう気をつけましょう。

特に、会社の機密情報や取引先企業の情報、社員の個人情報、お客様の個人情報などに関しては、慎重な取り扱いが求められます。撮影場所や周囲の音・会話などにも注意しながら、採用動画を制作することが大切です。

求人サイトmoovyでは、SaaS関連求人(インサイドセールスやカスタマーサクセスなど)の採用動画など、様々な職種や業種の採用動画を公開しています。多くの求職者が採用動画を参考にしていることがわかっているため、採用動画を制作・公開することでより多くの求職者に求人内容を見てもらうことができます。

SaaS関連求人(インサイドセールスやカスタマーサクセスなど)の採用動画を掲載するなら採用動画配信プラットフォームmoovyへ

採用動画は企業側・求職者側どちらにとっても大切な役割があります。動画で会社紹介をすることで、会社内の雰囲気や社員の人柄、仕事内容などをわかりやすく伝えることができるのです。

また、採用動画を制作する際は、必要な情報を端的に伝える必要があるため、無駄がなくシンプルに仕上がっていることが大事です。また、光の入り込みなどを意識しながら撮影場所にも配慮しましょう。

SaaS関連求人(インサイドセールスやカスタマーサクセスなど)の採用動画を公開するなら、求人サイトmoovyにお任せください。moovyは求職者とスタートアップ企業・ベンチャー企業を繋ぐ採用動画配信プラットフォームです。求職者に対してダイレクトリクルーティングができるスカウト機能もあり、スムーズな採用活動が行えます。

【まとめ】採用動画について

  • 本記事では、おすすめの採用動画をまとめてご紹介しました。採用動画はテキストでは分かりづらい多くの情報を得る事ができます。特に雰囲気などは動画だと非常に分かりやすいのではないでしょうか。採用動画を挙げている気になる企業があったら欠かさずチェックしましょう。

  • 採用動画をプロに任せたい方へ

    採用動画をお考えの企業様で採用動画を撮りたいけどどうやって撮れば良いか分からない、有効な活用方法を知りたいなどお困りの事がありましたら、お気軽にご相談下さい。弊社では豊富な採用動画の制作実績や掲載プラットフォームを持ち、採用動画の運用方法など様々な採用動画のノウハウを持っています。ぜひお気軽にご相談下さい。

この記事を書いた人
平石 武

1986年生まれ。大阪出身。大学卒業後、タイ・バンコクで日本語教師として活動。帰国後は旅行代理店におけるイベント企画やWebデザイン・マーケティングに従事。現在は、企業PRのための動画コンテンツの企画提案から撮影編集までワンストップで行う。モットーは「動画制作でアイデアを感動価値に変える」

スタートアップ企業の求人動画をお探しならmoovyへ

会社名 株式会社moovy
代表取締役 三嶋 弘哉
設立 2020年4月13日
住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂ビル8階
電話 050-3701-3401
メールアドレス moovy_support@moovy.co.jp
URL
事業内容
  • ・採用動画メディア「moovy」の運営
  • ・採用動画の企画・制作